教育・教師 相談ケース

「スマホ中毒」病名です!スマホよさようなら!スマホなしの生活はしあわせいっぱい♪「空を見上げて」河合その子

投稿日:2017年5月10日 更新日:

今回の相談事例は高校生(女子)の母親から、娘のスマホ中毒を何とか治したい~という切なる依頼。依存症とかのレベルではなく、もはや中毒を通り越して病気だそうです。

四六時中、片時たりともスマホを手放すときはないという。本人が「病気」と気付いておらず、治そう、見直そうという気が全くないようなので、まず自力改善、治癒は難しいことを告げました。ましてネット依存専門外来などの医療機関受診などは、本人が行くはずもないでしょう。

このように、まず自分が「依存症、中毒、病気」と自覚していないことが恐ろしいのです。まさに自分、そして人生がスマホに乗っ取られ、支配されてしまった悲惨な状況であり、心身が蝕まれていくのです。

 ネットで「スマホ 中毒 やめたい」などと検索すれば、依存症を改善するためのさまざまな方法が紹介されているでしょう。そこでは、実際にスマホを断った者の記事はあまり見かけないので、私がスマホをやめて気付いたこと、実感したことを話してみましょう。



スマホ×3台、フューチャーフォン×3、タブレット×1、PC×5

以前は携帯端末やPC関係が大好きで、新機種が出るとすぐに飛びきつき、その新しい機能を試したい病気に取りつかれていました。一番多く所持していたときには、上のようにかなりの端末を維持していたのです。これも一種の病気だったのかもしれませんね。ずっとこんな感じできたのですが、現在はスマホ1台、ガラケー2台、パソコン4台のみです。

スマホも1台あるにはあるのですが、これは仕事用で必要なアプリしか入れておらず、SNS等のアプリは一切入れていません。近々こちらのスマホも手放すことにしています。どうして、私は携帯端末の断捨離に踏み切ったのでしょうか。それは「つながっている」ことに疲れたことと、モノを追い続けること、モノに囲まれていることに嫌気がさしたからなのです。

「ひとりぼっち」の画像検索結果

自分のやりたいことは、いったい何なのか?

まさか、私の生きがいは「スマホ」をいじくっている時です。~なんて言う人はいないでしょう。でもですね、これが、笑えないのが現実なのです。スマホ依存症に取りつかれ、生きがい、自分の時間のすべてになっている人が急増中なのです。スマホは自分の生活のためのツール、手段であって目的そのものには成りえないはずなのに、スマホに人生のすべてを預けているのです。それに本人は全く気付いていないことがさらに恐怖に拍車をかけます。

生活を豊かにしてくれるバラ色の機械のはずなのに、「機械」に支配されている人生を彼らはこれからも歩むのです。せっかく「ひと」として生まれてきたというのに何ともったいないことでしょう。

機械をツールとして使いこなし、便利な道具として自分の支配下における人は、ごくまれでしょう。大多数の人達はこの恐ろしい機械の魅力に取りつかれているのです。絶えず進化し、その魅力もとどまることを知らないスマホは、これからも人を引き付け、縛り続けていくことでしょう。

「機械人間」の画像検索結果

スマホをやめて気付いたこと

①自分の時間がとにかく増えた

寝る前のニュースチェック、検索ついでの意味もないネットサーフィンなどに取られていた時間がなんと勿体なかったことでしょうか。私はi-phoneの3G時代から使っていたので10年近くも付き合ってきたことになるのです。時間を計算したら、怖くなってしまうのでできませんけど。私のような意志の弱い人間はやはり自分から、強制的に距離を置かなくてはいけないのです。

出掛ける時もスマホは必需品であったのですが、外出先でスマホをいじくることをやめましたので、「」を持参するようになりました。そのおかげで読書時間が大幅に増え、今月はもうすでに、4冊読破です。うれしい誤算!

②スマホをいじくっている人のアラが目立つようになった

街を歩いているとホント、歩きスマホの人を避けて通るのがうっとおしい。彼らは自分の世界に入っているので、周りへの配慮など一切ないんです。大きな事故にならないといいけど。最近では歩きスマホの人が接触事故に遭う危険性もさることながら、余りにも無防備でいるためさまざまな犯罪に巻き込まれているようです。心配です。

飲食店に入って身なりのキチンとした女性が、肩ひじついて片手でスマホをいじくりながらごはん。げんなり・・・

せっかくのカップルでの食事のひと時・・・ああそれなのに、二人はそれぞれ自分のスマホに夢中で会話もありません。ごはんが来ても、二人はなおスマホとにらめっこしながら食べるのです。その様子といったらまるで動物がごはんを喰らうように、貪り食う~という表現がぴったりのおぞましい風景でした。ああげんなり・・・

恐らくこの姿を自分でみたら恥ずかしくなると思うのですが。

私は出張も多く、首都圏に出掛ける時は車よりかは電車もよく使うのですが、先週こんな人を見かけました。スーツでビシッときめたビジネスマンが、スマホの画面に顔をビッタリと付け一喜一憂しているのです。時たま、人目をはばからず、「ヤッタ!」とか「ヨシッ!」などの奇声を上げていたから恐らくゲームか何かをやっていたのでしょう。いい年をこいた大人が・・・あまり誉められたことではないですね。

やはり公共の場では大人だけでなく子どもであっても、それなりのふるまいというものが要求されて然るべきなのではないでしょうか?日本という国の良さがどんどん失われていくようで何とも寂しいですね。



③人間関係の断捨離が進んだ

実際これが、私には一番よかったです。「つながっている」という幻想的でバーチャルな関係の人たちとの付き合いはやはり、うわべだけ、表面的だったということが分かったのです。それでも付き合いのある人たちだけが、ホンモノでした。それに伴い、ネット上だけの付き合い、ストレスから解放され、清々、スッキリしました。「つながらない」しあわせもあるのです。そして、自分との対話の時間、本当に一人きりの時間が増え、自分を見つめ直すことができたのです。

④情報の取捨選択がうまくなった

短い時間で自分にとって、本当に必要な情報を得るためには、効率的にやらなくてはいけません。そのため、時間の使い方もうまくなり、スキマ時間も愛おしく感じるようになったのです。時間を更に有意義に使うようになったのは言うまでもありません。

⑤テクノストレスとおさらば!

気のせいか、寝付きと目覚めがよくなったのです。考えてみれば人間も自然の一部であり、動物なのですから当たり前ですね。本来、アナログな人間がスマホをいじくっていること自体不自然なこと。自然の中に身を置き、なにかをしようとせず、地、空の声をただただ聴き続けるのです。何か忘れていた大切な感覚が呼び覚まされ、生きていることを体感できるでしょう。

⑥眼の疲れ、頭痛が軽減

仕事柄PC等の機械を使うことが多く、眼精疲労、肩こり、腰痛、頭痛に悩まされてきましたが明らかに、ラクになってきたのです。これまた意外な副産物でうれしいですね。

⑦スマホなしでも別に困らない

LINEも他のSNSもパソコンでできますね(あまり実際PCでやっている人はいないと思いますが)。読書、マンガにしたってやっぱり紙で読むのが好き。電車乗り継ぎだって事前に調べればいいこと。検索だって同じ事。GoogleMapが使えなくたって何でもないです。

あまりにも便利になりすぎた私たちは効率を求めるあまり、失ってしまったものにももっと気付くべきです。まわり道の良さ、段取り力の低下・・・道草をいっぱいくって見つけたもの、気付けたこと~むかしはもっともっといっぱいあったはずです。

要は考え方次第なのです。自分が何を優先させ、何が大切なのかを考えれば、機械との付き合い方もおのずから見えてくるでしょう。人生劇場の時間は無限ではありません。時間の使い方、ツールの取捨選択からすべて、決めるのはあなたなのです。

今回のテーマは「スマホなしの生活」についてですので「スマホ依存症」「スマホ中毒」に関しては触れませんでしたが、こちらは立派な疾病として認定され(専門的なケアが必要なため治療化されている)ている完全な病気です。前に「ゲームやめたい!でもやめられない↓それはゲーム病という病気かも?ガーデンスケイプは中毒になるほど面白いのか?」でも話しているように早いうちのケアが必要であり、個人レベルでまして自分でなんとかなる~といったシロモノでは決してありません。

デバイス中毒、ゲーム依存などは決して侮ってはいけないのです。こういった依存症に陥り、大切な人生の時間の大半を失ってしまった人たちもまた、この便利で恐ろしくもある機械から転落が始まっていったのです。今こそ、私たちと機械の付き合い方を考えるべきまたとない機会なのです。機械を活かすも殺すも私たち次第・・・

スポンサーリンク


そして、結論!

機械はあくまでも機械!

機械に使われてどうする!

使いこなせないのであれば、やめるしかない!

スマホは決して必需品ではない!

なくても全然(少ししか)困らない!

でも、「病気」の場合は専門の医療機関へ

今回の歌はその子さん作詞作曲の「空を見上げて」






-教育・教師, 相談ケース
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

生徒との距離のつかみ方保ち方~ちょうどいい距離感~

若く、とにかく熱い教師はこどもとの距離が近く、仲がいいということで「自分は人気がある!」「スゴイ!」とよく勘違いしてしまうようです。そもそも、教師と児童・生徒が「仲がいい」という時点でバツです。関係が …

教員の不祥事、酒・クルマ・女・暴力~しくじり先生~だって人間だもの~

毎日のようにメディアを賑わしているのが「教師の不祥事」。教師も人間。人間だから、罪を犯してしまうのです。でも教師である以上、普通以上に叩かれます。高潔な人格が要求される仕事に就いてしまったのだから仕方 …

教員になったら睡眠時間毎日3~4時間ポッキリは覚悟!?~それでも教師を目指しますか?~

教師の平均学校滞在時間13時間、そして平均睡眠時間が6時間30分であるといいますが、これはあくまでも「平均」なんですね。 学校にすべてを捧げている聖者のような先生方はこんなもんで済むわけがありません。 …

高校生が退学になるとき!学校の事情と生徒の言い分!~退学の持つ意味とその重さ~ 

~ 息子が喫煙で一発退学処分になりました。もう既に「決定事項」で覆すことはできないそうです。何度も何度も喫煙で指導を受けていたのであれば仕方ないとは思いますが息子ははじめてです。どうにかならないのでし …

教室で生き物を飼うという事~クラスの環境整備、掲示物はどのように生徒に影響するか?①~

私が小学校のころ、学校鳥として金鶏(きんけい)を頂点に、ウサギ、にわとり、チャボが飼育されていて、教室では金魚がクラスみんなをいつも見守っていてくれたのでした。そんなノスタルジックな気分にちょっと浸り …

Sponsored Link

広告ユニット



Sponsored Link