自分と向き合う

すぐやる人になるには?本を読んだだけではダメなのです!♪「いつまでも好きでいたくて」Wink

投稿日:2017年5月8日 更新日:

なにごとでもすぐ動ける人、行動に移せる人がいる一方で、なぜ、なかなか重い腰を上げることができない人がいるのでしょうか?知識や経験を持っているだけでは宝の持ち腐れ!行動に移してこそ、「結果」が付いてくるのです!自称、「即断即決タイプ」であると思っている私に活かせる方法が見つかるかどうか読んでみました!20分で読み切ってしまいましたが、私も含めてなかなかの人にとってはやはり大変そうですね。

 

いつも先送りするあなたがすぐやる人になる50の方法」(佐々木正悟)中経出版

すぐやることの必要性

のないことは、別段すぐやらなくてもいいこと。だったら優先順位を決める前にやってしまおう!すぐ取りかかれるよう準備をしておきましょう!

いっぺんに2つのことを追い求めない!

人間は現状維持が好きな生き物なので、現在の快楽を手放す~ということと、新しいことを始める(苦痛)~ということの2つ一緒にやろうとするのはたいへん。それだから、最初は、「快楽を捨てる」ことに一極集中!

今後どうなるか?の先読みが大事!

現状を把握して、先を見据えると今、やるべきことが見えてくるのです。

分解する!

やるべきことをひとまとめに、例えば「英単語暗記」とかにするのではなく、「旺文社豆単、30単語、20分内でできるだけ書き出し」~のように即、できる、実行に移せる最小単位までに細分化し、それをツリーのように全体を見渡せるようにしておくのです。この分解するクセが大切!

夢を紙に書いて満足しない!

夢をできるだけ細分化して、実行できるレベルまで掘り下げていく。すると今やるべきことが明らかになり、やり易くもなる。すると、夢が大きすぎない、手近なものだと思えてくるのです。

モノをためこまない!

ゴミやノイズに囲まれた生活はダメ!すぐやる人はモノが少ない!仕事の早い人は、必要なもの、情報を手早く取捨選択できる人。

 

関連画像
結果を気にしない!

結果を気にすると、次の一歩が踏み出せなくなります。例えばアポ10件取るぞ!ではなく、今日は500件電話するぞ!という風に「数、量」にフォーカスするのです。

少しづつ変える!

一気に変えることが難しいのであれば、少しでも変えることが重要!

「そもそも」何で?

そもそも、なぜこれをやらなくてはいけないのか?そのモチベーションの根本を明らかにしましょう。

「白紙」状態からはじめない!

過去にうまくいった事例、先人がうまくいった例を利用しましょう。「つくりかえていく」イメージです。

まずは、「準備」をする!

貯金をしよう!といきなり意気込むのではなく、まずは貯金箱を買ってくるのです。

完璧主義はやめる!

完璧主義となってしまうと最初の一歩がなかなか踏み出せず重いものとなってしまいますね。

タイマーをセットする!

やるかやらないかではなく、どれくらいでできるかに照準を当てる。カウントアップ!

期限を決めて行動。カウントダウン

 

「suguyaru」の画像検索結果
やりたいことを増やさない!

やらないことを決めることで、やれることもたくさん生まれます!

「自分はすぐやる人だ!」と決める!

あなたはいまこの瞬間から「すぐやる人」です!

事あるごとに話題にする!

習慣にする!

すぐやった後に「快」が得られるかどうかが、行動を決定するのです。すぐやる習慣はすぐにつくれます。

以上が、20分で読み切ったこちらの著書のおおまかな内容です。

スポンサーリンク


そして、感想!

著者が「あとがき」で~ただ、つねに「すぐやる人」であらねばならない、という強迫観念に縛られなくてもいい、ということを最後にお伝えして、あとがきとしたいと思います~とあったのが一番印象に残りました。最後に逃げに入らなくても・・・と思いましたね。私にはこの著書から強いメッセージ性はあまり感じられませんでした。要はマインド次第!といった印象。そのマインドを強くするためにはどうすればいいの?と思ってしまいました。

何事も思い続ける、やり続けることがいつもとても難しく、大切なことなのですから。

昔の歌に

人を好きになる気持ちが「恋」なら

好きでい続ける、それが多分「愛」って歌がありました。

人を好きでい続けることも、いつの時代も難しいけど大切なことですね。

「いつまでも好きでいたくて」 詞 秋元康 曲 加藤和彦 歌 Wink

-自分と向き合う

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「足るを知る」中野孝次著~自分を知り自分を みつめる~ ♪「知りたくないの」石井竜也

「足るを知る」、それはたんに欲望を抑えるということだけでなく、もっと積極的により深い生の充実に達するための知恵であるという。それでは、この「深い生の充実」とは何なのか?朧(おぼろ)げにしかイメージでき …

自分を見失ってしまった!!自分って誰? ♪「土曜日にしなさい」松下里美

今回の相談は女子中学生からのメール相談。「クラスで一応、みんななかよしなんですけど、表面だけのつきあいってかんじで、ホントの親友なんていない。もうみんなに合わせていいコぶってるのにつかれた。ホントはあ …

時間がない教師・ビジネスマンの読書術、使ってビックリ「audible」のすばらしさ! ♪「涙のシークレットラブ」ダウンタウン・ブギウギバンド

生涯教師であるため、向上し続けるビジネマンでいるためには、自己成長のために自分を鍛え磨いていかなくてはなりません。 そのために「読書」は欠かせない行為です。 日々の仕事に忙殺される私たち、どのように読 …

いまさら人生論、人はなぜ生きるのか?人は人、自分は自分!ちっぽけでも大事なルールを持て! ♪「おもいで岬」新沼謙治

あなたは、人生について考えたことがありますか? 人はなんのために生きてるのでしょうね。 自分の使命を果たすため、人生を楽しみ幸せになるため、人のため・・・みんな「ため、ため、ため・・・」と、なんか人生 …

とにかく「忙しい!?」人のための、なるほど読書術と読書時間の作り方

忙しい人ほど、仕事がデキる人ほど本を読んでいるのが現実です。「忙しい!」を連発する人ほど、実は無駄で本当にもったいない時間があったりするのです。「忙しい!」は本を読まない読めない理由にはなりません。み …

カテゴリー

Sponsored Link