未分類 自分と向き合う

どう働くかはどう生きるか~自営とサラリーマンの違い  ♪「ひとりじゃない」DEEN

投稿日:2017年4月23日 更新日:

転職を考えているあなた、そして働いているすべての人たちに考えてほしいことがあります。「自分は、何のために働くのか?」、そして「私はどう働きたいのか?」 あなたの人生の「柱」「軸」ともいうべき、ここがしっかりしていないとこれからの人生ブレまくることになってしまうのです。サラリーマン→教育公務員→自営業~との道を歩んできて分かったこと、気付いたことをまとめてみました!


幸せに気付いていない残念な人たち

私たちが生きている現在、実はビジネスチャンスがごろごろしていると思いませんか?私がこれまで受けてきた相談はこれまで、口コミ、紹介からがほとんどでしたが、最近はネットを通じてのご縁がだいぶ増えてきました。みんなこれも、「ネット」というインフラのおかげですね。一昔前では、個人が自由に情報発信をするなんておよそ考えられなかったのです。

つまり、これまでは、自分の時間と労力、魂(たましい)を就業時間のあいだは資本家に切り売りするか、自分でリアルビジネスを立ち上げる(それも莫大な資本が必要だった)しか選択肢がなかったのです。それが今はどうでしょう。ネットにより、瞬時に情報を発することができ、いつでもだれでも、それもわずかなお金でビジネスを始めることができるのです。

これを「チャンス」とみるか、当たり前ととらえるかで、その人の人生は大きく分かれるのではないでしょうか!?

常識、普通、それって何?

私は何も自分の価値、考えを至上のもの、絶対とは思っていませんし、押し付けるつもりはさらさらありません。こういう働き方、考え方もあるのに、常識、普通(あと10年もたてば、働き方もグッと変わってくることでしょう)という考えから脱け出せなくて、とくに優秀な人たちが現状に満足しているのをみると「もったいないな~」と思ってしまうのです。

私が教師を辞めた時の年収がおよそ750万、退職まで勤めたとしても1,000万が限度。つまり、これが一部上場企業、外資系、マスコミ系等の仕事を除いたフツーのサラリーマンの限界なのですね。

結局、私の場合は、教師の仕事は大好きで、生きがいも感じていましたが身体を壊し、辞めざるを得なくなったのです。これまでは、「エサ」をもらっていた「飼い犬」であったのですが、自分で「エサ」をとってこなくてはならない「ノライヌ」にいきなりなってしまったのだから、最初はたいへんでしたよ。「自分は何がウリで、何を目指すのか?」 これについて時間をかけて棚卸(たなおろし)をし、ない知恵をひねって考えに考えました。その間、さらに正社員、パートアルバイト等でさまざまな仕事を経験していくうちに、「やっぱり好きな事で勝負したい!お金だけを目的の仕事はしたくない~」という結論になったのです。

そして、「もう宮仕えはたくさん、自分のペースで仕事がしたい!」ということで必然的に「自営業」しか道は残されていなかったのです。組織に属しているということは、雇われるということ。
収入も、勤務時間も、スケジュール休日、住居も、そして何より肝心カナメの「働く内容」も
すべて、何から何まで、組織の決めたルールに縛られ、その身を委ねることになるのです。
私はたまたま、辞めてからこういった違った価値があるということに気が付きました。

あなたのステージはどこか?

あなたが今、働いている会社、学校、役所、お店、工場の仕事が大好きで、今、その対価(たいか)として受け取っているもので大満足であるなら、それが一番!たとえば、「学校」で働く教育公務員であったなら、「学校」というステージでしか味わえない充実感、満足というものが確かにあるでしょう。あなたが目指すものが「こどもの未来のため」「学校のため」「この国の未来のため」なら、迷わず学校勤務でしょう。しかし、かなりの制約があり、あなたらしくのびのびと生きるのはちょっと難しいかもしれません。

また、仕事は「生活の糧(かて)」を得るための「手段」にかすぎず、決して「人生の目的」ではない!という考えを否定するつもりはまったくありません。これはこれで尊重されるべき立派な考えだと思います。しかし、私はいやなのです。やっぱり好きなコトを仕事にしたいのです。誰でも代わりがきく仕事って何か、何かだな~と思ってしまうのです。やっぱり寂しいと思いませんか。

お給料そこそこもらって、アフター5楽しんで、完全週休2日+ボーナス、そして一流企業、公務員だったら老後は悠々自適~こういう未来予想図もいいかもしれませんが、あくまでも「ハコ」の中での出来事。人生の大部分をすごす組織に、生きがいを感じられないのであれば、それは実にもったいない人生だと思います。だって、人生という時間はあまりにも短すぎるから。人生、もっとドラマチックだっていいじゃありませんか?

あなたが目指すもの!

サラリーマン?自営業者?ビジネスオーナー?どれになってみてもそれぞれにたいへんですよね。お金が一番?それとも好きな仕事?働き方?働く場所?家の都合?大いに悩むところですね。そこで悩み迷った時は、あなた自身の「内(うち)なる主人」の「こころの声」に耳をすませてみればいいかもしれません。きっと何かがきこえてくるはずですよ!

自営業者というと最初の一歩を踏み出すのは勇気がいるかもしれませんが、「軸」さえしっかりしていればなんとかなってしまうものなんです。生活費、必要経費を収入が少しでも上回れば、あとは工夫、がんばり次第で立派に回していけるんですから。ただ、現代は「情報」の持つ意味が重大性を増してきているといえます。今は、必要と思われる情報は「即」、手に入れることができます。ただ、あなたが手にした情報がホンモノ、役に立つモノかどうかはベツモノであって、いわば、情報の目利き、「選球眼」が求められる時代なのです。この情報リテラシーという「力」はいまの時代、磨き続けなくてはならない大切な能力であることに間違いはありません。

逆の発想も大切ですよ!

人間、上を見たらキリがなく、ヒトの欲望というものには凄まじいものがあります。「足るを知る」であったり、「清貧の思想」ももちろん深い意味があると思いますが、時には逆の発想も必要かもしれません。狭い部屋に住む現実を嘆き、甘んじるより、なぜ上を目指さないのでしょうか、野心を持たないのでしょうか?「欲」は人間の目を曇らせることもありますが、時に人を向上させる原動力になり得るのです。「お金がないないない!」と嘆き、爪(つめ)に火を灯(とも)し節約に節約を重ねるよりも、収入を上げることを考えたほうがよっぽど建設的で前向きだと私は思います。

そして、そのような雇用、活躍の場所がないのであれば、あなたがつくっちゃえばいいのですよ!そこでは、すべての責任をあなたが背負いこむかわりにに、すべてあなたが主導権を握ることができるのです。

自営業の実際はこんなんです!

一言で言うのなら、「ビジネスオーナーにならないとダメ!」これに尽きます。つまり、自分で何から何までやり、自分がいないとだれも動かず、組織が廻らないワンマン経営ではいつまでたっても、一生、自分が働きづくめの「負のサイクル」からぬけられないということなのです。

電話が鳴ればどこであっても、何時であれ、即駆けつけ、もちろん休みなどまったくなしのフル稼働!ある意味、すべて与えられていて、決まっている目の前の仕事をこなしていけばいいサラリーマンのほうが気が楽はラクかもしれません。現在の私は、24時間仕事のことを考えているような生活になっているので、この点ダメですね。

Sponsored Link


このような状況から脱け出すためには、「ビジネスオーナー」とならなければならないのです。自分がいなくとも組織が廻(まわ)るしくみを作り出し、オーナーは組織の管理のみに注力し、あとは組織のさらなる発展のために時間を使う~ ステキでカッコいいですね!

意を決して、自営の道を選んでも、ほとんどの経営者は一生この「負のサイクル」から逃れられず、苦労していることでしょう。このスタイルの好き、嫌いは別として、せっかく独立しても、さほど経営者としてのうまみ(時間、自由度、収入、やりがい等)が感じられないのであれば、何のために独立したのか分からなくなってしまいます。

自営業を考えているあなたは、ここのところの釣り合いをよく考えてみたほうがいいかもしれません。

人は人、自分は自分

「適材適所(てきざいてきしょ)」ということばがあるように、その人の持ち味が最大限に発揮できる場所が「組織」であるなら、サラリーマンもいいかもしれません。しかし一方、人間は環境に順応、もしくは環境をつくり変えてきてここまで進化してきたいきものなんですね。どこで、どう自分が化けるか自分に賭(か)けてみる生き方というものもあっていいはずです。先が決まっていたり、見通せる人生も悪くはありませんが、ワクワク、ドキドキ、ギリギリの人生も面白いと思いませんか?!

どちらを選んだとしても自己責任ですよ!あなたの「軸」を早いうちに決め、あとは何があってもブレずに突き進むしかないです!人生はあまりにも短いから。あれこれ考えているうちにあっというまに終わってしまいます。Time is money. Time is Life.

そして、結論!

チャンスに気付く!

常識,普通を疑う!

自分を知り、「軸」を決める!

逆の発想!

野心のススメ!

すべては自分次第!

そして自己責任!

「ひとりじゃない」詞 池森秀一 曲 織田哲郎 歌 DEEN

-未分類, 自分と向き合う

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分を活かすお金の使い方、つきあい方~節約貯金だけじゃつまらない!♪「道」森高千里

「お金」っていったい何なのでしょう? お金との付き合いは長いですが、あらためて考えるとお金って不思議なものですね。 お金がたくさんあるからといってしあわせとは限らず、お金を使って幸せになるためには、健 …

職員室の人間関係ってどうなの?教師の同僚性②♪「空色の猫」岩田さゆり/GARNET CROW

今回、寄せられた相談は、今年教育実習を受ける予定の大学生から。これまでも人間関係に悩んできた彼女は、自分が教師になった時の「職員室」がどんな感じなのかとにかく気になって仕方ない様子!教師の同僚性を今回 …

「足るを知る」中野孝次著~自分を知り自分を みつめる~ ♪「知りたくないの」石井竜也

「足るを知る」、それはたんに欲望を抑えるということだけでなく、もっと積極的により深い生の充実に達するための知恵であるという。それでは、この「深い生の充実」とは何なのか?朧(おぼろ)げにしかイメージでき …

努力って何?! 努力を続けられることこそ才能! ♪「オレのショー」Bargains「こころ手紙」火野正平

「努力」を努力と思わず! 大好きな事。作曲、読書、ランニング、ドライブ・・・ホントたくさん大好きなことがあって、それでもやらなければならないことも一杯あって・・・もっともっと時間があったらいいのに~と …

TKO木下さんのやさしさにホッコリ~五木ひろしの「歌う!SHOW学校」に行ってきた!

NHK観覧もだいぶ板に付いてきました。うたコン、のど自慢、『ひよっこ』ファン感謝祭~と、ここのところ観覧ラッシュです。なぜか、連続して応募ハガキが当たりまくりです。でも、このツキもどうやらここまでのよ …

カテゴリー

Sponsored Link