自分と向き合う

怒りの気持ちをおさえるのではなく、サラッと流せるとっておきの方法☆ ♪「忘憂草」周華健

投稿日:2017年5月7日 更新日:

すぐにカッときて怒りの気持ちを抑えられない人は男女を問わず、かわいそうで見苦しい。短気は仕事上だけでなく、人間関係を気付いていく上でも大きなマイナスポイントですが、何よりも老化を進め、健康上とても悪いのです。ストレスは人を殺すから。短気は性格上の問題だから簡単には治せない?そんなことはないんです。考え方一つで、ムシャクシャした気持ちをサラッと簡単に流すことができてしまうかもしれない・・・そんな方法を紹介しましょう!

 

「人をどうこうしよう」ということ自体、無理!

あなたのその「怒り」はどこから来て、何が原因なのでしょうか?恐らく、「自分自身」に怒っているのではなく「他人」に怒りを感じてイライラムシャクシャしているのですよね。考えてみると、自分は何とか制御できて、変えることができると思いますが、ある程度出来上がってしまった他人を動かす、変えるなんて、とっても大変でむずかしいことなのです。

土台(どだい)、生きている時間は限られているのに、それほどかかわりの少ない人のためにあなたの貴重な時間を割くのはもったいないと思いませんか。それだったら、もっと有意義な事、たのしいことに時間を私は使いたいです。

人に理不尽なことをされても、何を言われても間違っても「相手を変えよう!」と思ったり、「分かってもらいたい、誤解を解きたい!」と思ったりしないことが一番なんです。その気持ちは私も当然理解できます。しかし、そのために費やす労力と時間ももったいないですが、何よりストレスでヘトヘトにならないですか? とにかく健康上悪いのです、ストレスにさらされることは。人間は自分で何とかなること、自分の支配下にあるものだけに注力すべきだと思います。

まず、「何とかしよう!」という考え自体をキッパリ!と捨てること。

とにかく息をできるだけ止める!

私も生来、短気な性格で治そうといろいろ調べたりして、「深呼吸」とか「怒りの原因を書き出してみる」とかいろいろ試してみましたが私の場合サッパリ効き目はありませんでした。それよりか、これらのことをしているうちにますます怒りが増長してきたのだから、私の性格はよっぽど悪いのかもしれませんね。

そんな中、見つけた方法がこの「息をできるだけ止める」という方法!怒りを感じ、次の言動に移るまでの間、とにかく何も考えず、息をひたすら止め続けるのです。ただ、これだけ。これは私の場合「2分弱」が限度なので、いろいろ考えている暇はありません。そして徐々に息苦しくなってきて最後の限界近くは、もうそんなことはどうでもいい!となってしまうから本当におすすめ!

世界全体から自分を見る!

これは上級者向けの考え。これができるようになってきたら「アンガーコンサルタント」になれますね。私は今、この境地にちょっとだけ足を踏み入れることができているのです。つまり自分を客観視、俯瞰(ふかん)できるということ。これはその境地に達した人によっていろいろと考えは違ってくるでしょう。

自分の身体、所詮は借り物。

死んだあとは返さなくてはいけない。

自分の物であると考えるから自分が可愛く思え、様々な欲に取りつかれる。

自分が良く思われたい、正当に扱われたいと思うのも自分に拘(こだわ)っている証拠。

こう思えるようになれたらすごいですね。

世界全体から見たら、自分の今抱えている「怒り」など、どうでもよく、どうにもならないことなのかもしれません。すべては空の下です。穏やかな状態でいるあなたが、本来のあなたなのかもしれません。怒っている今のあなたの顔を想像してみてください。恐らく怖く、そして醜いはずです。

好きな人のことを考える!

私は怒りの感情が湧きでて来た時、自分の尊敬する人、好きなひとのことを考えます。すると自然と穏やかな気持ちになれるから不思議ですね。好きな人に自分の怒っている顔を見られるなんて、私はいやです。

怒りを流せるというのはその人に余裕があり、人間的な幅があるということ。私もそうありたいです。

反面教師とする!

「こうはなりたくないものだ」「かわいそうな人、情けない人だ」と思ってサラリと流す手もありますね。

とにかく、深くは考えないことが大事!考えれば考えるほどドツボにはまっていってそこから抜け出せなくなるので要注意!

そして、これをあまりやりすぎると性格が悪くなって行きそうでコワイですね。

自らを省みる!

他人は自分の鏡」とは言い得て妙です。原因があって結果がある。たいていの場合は、あなたに原因がなくて理不尽な扱いを受けているのでしょう。しかし、相手もこれまた、あなたと同じ生きている人間です。あなたに何らしかの原因があったのかもしれません。これを後からゆっくりと考えてみるのも大切な事です。

 私の経験上、「自分がいつも一番正しい」とは絶対に限らないし、こう考えている人間ほど始末に負えないからです。こういう「アクシデント、怒り」も自らを振り返るいい機会!と逆にとらえて自分を見つめ直してみるのも無駄にはならないと思うのです。

Sponsored Link

おいしいものを食べる

説明不用! おいしいものを食べると、幸せな気持ちになれますね。「そんな気持ちになれない」私も最初はそうでした。けれどあら不思議!(おいしい!)=(しあわせ!)の法則は成り立ってしまうのですよ。人間もまた自然界の動物、いきものの構成員であることを実感するのです!

怒りをパワーに変える!

私はムシャクシャしたときに、がむしゃらに仕事がしたくなります!運動したくなります!こんな時はとにかく体を動かしましょう!ジョギングでも、単純作業の仕事でもアタマをカラッポにして打ち込める作業なんかがGOOD!!ですね。

くれぐれもこんな時は、クルマの運転はご法度!ふか~く考えることが必要な仕事なんかも不向きです。

自分を見失わない事が一番大事!

これまで、怒りをサラリと流せる私が実践している方法を述べてきましたが、最後に大切なことを話します。

流していくあまり、本当は立ち止まって考えたり、自分を主張しなければならないシーンで、流してしまうことはさらに更にストレス、怒りをため自分の中に「悪」を増幅させてしまいかねないことなのです。

ここの見極めが難しいとは思いますが、これはあなたが自分との対話の中で実践していくしかないのです。

深く考えた方がいいストレスと、流したほうがいいストレスが絶対あるのです。

そして、結論!

変えられないことにエネルギーを使うのはやめよう!

自分を振り返るいい機会!

すべては「空の下」!


ムシャクシャイライラしてるあなたにおすすめ!周華健さんの「忘憂草」

作詞 宇德 敬子/陳沒 作曲 宇德 敬子  歌 周華健



 

-自分と向き合う

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

明日やろう!は、明日もやらない!すぐやる人とスッキリ!の関係♪  「時の旅人」西田敏行

やらなければいけないと頭では分かっていても、なかなか行動に移せず、明日になりどんどん仕事が溜まっていって締め切り直前に猛ダッシュ!追い込まれてこそ発揮する潜在的なパワー!はスゴい!けれど、即、行動!完 …

「足るを知る」中野孝次著~自分を知り自分を みつめる~ ♪「知りたくないの」石井竜也

「足るを知る」、それはたんに欲望を抑えるということだけでなく、もっと積極的により深い生の充実に達するための知恵であるという。それでは、この「深い生の充実」とは何なのか?朧(おぼろ)げにしかイメージでき …

SNS、TV、ゲームは究極の人生、自分潰し!? ♪「抱きしめたいのはあなただけ」和久井映見

人により価値観はさまざま。いまこの時に、生きている時間が刻一刻と残り少なくなっています。この現実に皆、なぜ目をそむけるのでしょうか?あなたが見るそのテレビ番組はそれほどに価値のあるものなのでしょうか? …

「いつかきっと」症候群!「いつかきっと」は永遠に来ない?渡辺美里

久しぶりに渡辺美里さんの「いつかきっと」を聴いてみました。 2番の最後のほうの歌詞が実に怖いですね。 眠れぬ夜重ねながら 時代という名のゆりかごに ゆられて僕らは大人になるのかな~  タイムイズフライ …

とにかく「忙しい!?」人のための、なるほど読書術と読書時間の作り方

忙しい人ほど、仕事がデキる人ほど本を読んでいるのが現実です。「忙しい!」を連発する人ほど、実は無駄で本当にもったいない時間があったりするのです。「忙しい!」は本を読まない読めない理由にはなりません。み …

カテゴリー

Sponsored Link