教育・教師 生徒指導/教育技術

教師人生、一番悔しかった生徒指導~「ブツ」を押さえないと指導にならない~

投稿日:2017年5月29日 更新日:

教師も生徒も人間であるがゆえに誤りを犯すときがあります。生徒が道を誤ってしまったとき、その都度、最善の生徒指導に努めるのが教師ですが、正直正解というものはないでしょう。そもそも本人が、「やってしまいました」と認めるのが当たり前かと思うと、そうでもないのです。「現行犯」であっても「ブツ」を押さえない限り、「なかったこと」にされてしまう摩訶不思議な学校も中にはあるのです!

指導に入る3つのパターン

例えば生徒の「喫煙」に関する生徒指導の場合、「喫煙」、もしくは「喫煙同席」、「タバコライター所持」かによって、指導の軽重が分かれますが、普通は以下のような場合に実際に指導に入ることになります。

①喫煙現場を押さえた場合

②本人の申し出(ほとんどないですよね)

③事情聴取により、本人が認めた場合

②③の場合、いずれも本人が認めているのだから、すんなりと指導に入ることになるが、問題は①のパターンなのです。現場を押さえられているのであるから、何ら問題はないと思うかもしれなませんが、事はそう簡単にいかないのです。

教師が喫煙している現場に出くわしたしたときには、まず「タバコ」を押さえ、本人から事情聴取をすることになります。私は経験したことはありませんが、タバコを押さえているにもかかわらず本人がしらばっくれ、「自分のものではない。わざわざ教師がタバコを用意して、自分をハメようとしている!」などと逆に教師を陥れようとするとんでもない生徒もいるとききます。

私が経験した最も悔しく、そして情けない案件は、上に実は似ています。これまで、幾多の生徒指導事例にあたってきましたが、こちらが心を開いて誠心誠意指導すれば、生徒も分かってくれると信じていましたし、裏切られることはほぼありませんでした。しかし、いろんなことがありますね。

Sponsored Link

「ブツ」を流しちゃいました!

私が勤務した学校は「教育困難校」が多かったため、遅刻、早退は言うに及ばず、授業の「中ヌケ」も多かったのです。そのため、生徒指導部員を中心に学校周辺の見回りを毎日行っていました。

いつもの見回りのある日のこと、民家周辺の空き地で女子生徒3名がたむろして、喫煙していました。人目もはばからず堂々としたものです。

生徒は「マズい!」って思ったのか生徒同士で目配せをしていたのが今でも記憶に残っています。「どれ、学校にいくぞ!」といつもの通り、タバコ、ライターを押さえようとしたその瞬間、「トイレ、トイレ!」と叫びながら、何と民家に向けて猛ダッシュをかけ、チャイムを鳴らしたかと思ったら、いつ許可を取ったのか、あっという間に家の中へとすべりこんでいくではありませんか。唖然としながらも、住民の方へお詫びやらを繰り返しているうちに生徒が出てきました。「あ~スッキリした!ありがとうございました!」と何事もなかったように挨拶をする生徒たち・・・問題はここからでした。

「どれ、生徒指導部にいくぞ!」返ってきた答えは、「えぇ~なんでぇ、授業行く!」とまるで何事もなかったように無邪気に答えるのです。結局、強引に指導部に連れては行ったものの、「ハメられた。吸ったというなら、証拠みせてよ!」の一点張り!まさしく私がハメられた!のです。「ブツ」は民家のトイレに流してしまい、「臭い」は香水、ガム等で強引にとったつもりらしい。それでもかすかにタバコ臭がするのです。

生徒指導部会!担任さえも認めさせることできず!

不覚でした。「ブツ」を押さえる前に持ち逃げされ、そして流されてしまったのです。部会では、「証拠」がなくても、そして本人が認めていない場合であっても生徒を指導に入れることができるかどうか?で喧々諤々でした。

私は当時若く、「自分でボケているという自覚症状はないと思いますが、みなさんどう思われますか?」と~つまり、教師の言っていることと、生徒の言っていることどちらを採りますか?と投げかけたつもりだったのです。自分のクラスの生徒でもなく、授業でも教えていない生徒ではあったが、実に情けなかった。

多数が指導に入れるという方向に傾きかけたが、今度は逆に、「生徒が認めていないのに、教師の言い分をすべて飲むということになると、生徒を陥れようとする教師が出てくることになる」という、教師不信説とでもいうべき意見がでてきたのです。当然と言えば当たりまえですが。

それから3日間、生徒を授業に出さず、生徒指導部員の教師集団、担任を中心に事情聴取にあたったが、結局彼女らの口が真実を語ることはなかった。事実上、無罪放免です。

生徒指導の役割、それは何か?

それは、ズバリ、自らを省みらせること。これに尽きるでしょう。生徒もルールがあって、自分がそれに反していることは頭では分かっているのです。それでもルールを破るのは、自身が納得していないからなのです。喫煙行為に関しては、みな一様に「誰に迷惑をかけているわけではない!」といいます。しかし、そんなことはないのです!まず、学校の評価を貶め、学校にかかわるすべての人に迷惑をかけているのです。自分がやっていることを省みることができない生徒を、学校に振り向かせるための指導が「生徒指導」なのではないでしょうか?

この案件で残念でならないのは、担任が生徒に事実を認めさせることができなかったことです。生徒にとって担任はその他の教師と違って、特別な存在です。一番頼りになり、こころを開きやすい存在でもあります。その担任を責めても仕方のないことですが、それだけの存在であったのでしょう。寂しい限りです。教師の力量というものを改めて考えさせられた件でした。


 

警察の学校介入

タバコ問題など、警察がからむことはまずありませんが、昔から「学校」と「警察」とは無縁ではなく、「学警連」などのように、情報の共有等、連携が図られてきました。生徒指導で踏みとどまることができない、凶悪な「犯罪」に該当する生徒指導案件が多くみられる今、警察の学校介入が議論に上がっていますね。「教育の放棄に等しい」などの意見も気持ちは分かりますが、学校での殺人が行われる今、社会のルールに則り、学校ルールではなく、警察ルール適用もやむなしなのではないでしょうか。社会で許されない事は学校でも当然、許されない事であるということを、諭しても分からないこどもに身を持って教えるのもまた、学校の役割ではないでしょうか。「いじめ」などという安直なことばでもはや誤魔化すことのできない「犯罪」には、何よりのブレーキになることでしょう。

 待つことも教育の大切な部分ではありますが、彼らが改心するまで待つよりも、ダメージを受け続けているこどもの救済策が優先されるべきなのです。

スポンサーリンク


そして、結論!

生徒を信じるのが、生徒指導!

生徒に教師、学校を信じさせるのも生徒指導!

実はそれまでの長い道のり、積み重ねこそ生徒指導!

生徒に自省させる前に、自らを省みる!



 

-教育・教師, 生徒指導/教育技術
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

辞めたい!でも続けたい!教師の指導の挫折はどうやって乗り越えていくか?

「挫折」とはそもそも、いったい何のことを言うのでしょうか?今回は指導が通らない、自分の思いが子どもたちに通じない~と悩まれている先生方のために、私自身がどうやって自分を変えていき、挫折を乗り越えて行っ …

教師の結婚事情、そして結婚後の生活♪「はじめてのチュウ」木村拓哉~教員同士婚活のメリット~

教育公務員は、婚活市場では人気の職業ですね。にもかかわらず、婚期を逃してしまう職業の上位に常に位置づけられているのです。原因は、小学校は女性中心、中高は男性中心の職場という現実だけではありません。閉鎖 …

いじめ原因なし!~解決のための残された最後の方法!それでもダメだったときに!~

これまで、学校は言うに及ばず、さまざまな専門家、相談機関に相談してきた。しかし、依然としていじめは続き、クラス全員からの無視、そして一部の生徒からの暴力がやむ日はない・・・それでも親は登校をすすめ、そ …

高校で化粧を禁止する理由~化粧指導の是非~化粧指導はどうあるべきか?!

「なぜ、学校は生徒の化粧を許さないのか?」この質問にズバッ!と明確な答えを出せる現役の教職員は少ないでしょう。 人、みなそれぞれに個性があるように、顔つき・スタイルも皆ことなります。お化粧をして、自分 …

職員室いじめ~教員同士のいじめの実態と対策(私の経験から)~

今回は非常に重いテーマについて話します。いじめはいじめでも「教師間いじめ」です。子どもたちのいじめを減らすべく、本来手を取り合っていくべきの教員同士がいじめて、いじめられているのがいまの現場なのです。 …

カテゴリー

Sponsored Link