自分と向き合う

自分「らしさ」ってなに?そんなものあるの?!♪「サヨナラから始めよう」T-BOLAN

投稿日:2017年4月22日 更新日:

そもそも「自分らしさ」って何?分かったようで、まるっきり分からず、微妙で危なっかしいこの「自分らしさ」について今回は考えてみました。わからないので、まずは辞書を引いてみました。「その人、独特の性質、性格」類義語として「個性、持ち味、キャラクター、独自性・・・」ますますわからくなってきた!

 

自分の顔は一生、見えない!

水面に映った自分の顔、鏡、写真などを通して私たちは「自分の顔」を認識していますよね。つまり、直接自分の眼ではなくて「フィルター」を通して見ている訳なんですね。それでは、あなたは自分自身をどのように捉えていますか?私は自分自身を「自分の心」で認識しています(と思っています)。自分自身の心とはいえ、これも「フィルター」に違いはないでしょう。

つまり、自分を自分で直接とらえる(理解する)ことはできないのでしょうか?

私は、「自分」というのは、

「自分」から見た自分

「他人」から見た自分

そして、

「本当」の自分があると思うのです。

本当の自分は、もしいるのであれば、神様だけが知っているのではないでしょうか?

神様だけはフィルターを通さず、すべてはお見通しのはずです。

本当の自分を知りたくて、出会いたくて私たちは今を生きていると私は本気で思っています。そのためにこそ、みんな生きているような気がします。

スポンサーリンク

答えられなかった苦い思い出

実はこの「自分らしさ」は、私が塾に勤めていたころ中学生に突然聞かれ、まったく答えることができなかった問いなのです。今なら、少しはましな話ができるかもしれないと思って、当時を思い出しながら話しています。

ただし、この問いについて、「解答」「正解」はないでしょう。それぞれが思う「自分らしさ」が自分らしさになるのだと思います。


そもそも、「自分らしさ」についてこだわったり、考えたりする意味があるのでしょうか?少なくとも私はこれについて悩んだことはないのです。極論かもしれないが、そんなものない!と思うのです。生き続ければ生き続けるほど、ますます分からなくなるのが「自分」です。死ぬまで変化し続けるであろう「自分」について、そんな簡単なことば「らしさ」で片づけられてたまるか~って感じがしてたまりません。

しかし、「他人は自分を写す鏡」という言葉があるように、もし「自分らしさ」というものが存在するのでれあれば、それは他人の眼からみた「自分」が、もっとも自分をよくあらわしている、見ていることになるのかもしれないですね。

GEDSC DIGITAL CAMERA


自分を解放しよう!

少なくとも今の私は、「自分らしさ」なんてことにこだわっている暇はないです。これから先、悩むのかもしれないけれど。悩んでいる自分、悲しんでいる、嬉しい自分・・・すべての感情も含めて「自分」なのではないでしょうか?。こだわりは捨てて、「自分」について悩んでいる時間があったなら、自分の好きな事、やりたいこと、やるべき事に没頭すればいいじゃないですか!それが「自分」なのだから。

比較バカ!

他人との比較ほど、むなしいものはないですね。人間生まれつき不平等で不公平なのかもしれないし。生まれた時は「環境」も「親」も「顔つき」「歌声」もみんなみんな自分では選べやしないですよね。

他人より優位に立ちたくて、他人の目が気になって、モノでミタメで自分を装い「自分らしく」なっている、生きていると思っている「比較バカ」だけには私はなるまいと思います。

「自分」の基準ではなく、常に「他人」というモノサシですべてをはかって、いちいち気にしているなんて考えただけであほくさいとおもいませんか?

人間死ぬ時は、自分の身体を含めてすべてこの世に残していかなくてはならない。何もあの世にはもっていけないのです。

モノだけではないです。自分の持ち味、性格まで捨て偽り、他人と比較してその劣等感からかまるで違うものを目指そうとする人たちがいます。他人と同じになる必要などないのに、ますます自分から遠ざかり、ますます悩むことになるなんて自分で不幸になってるようなものです。

ONLY ONE!

ナンバーワン、オンリーワンを目指す必要などもともとない。SMAP、槇原さんが歌で語っているように

もともと特別な Only one~なのだから・・・

あなた、私にかできないこと、それを追いかけていけばいいだけの話なのかもしれません。複雑なはなしの裏は、実はいつも単純だったりしますよね。難しい話はもうよしにしてもっと楽になりませんか!?

でも、「ネコと一日中遊んでいるのが僕の取り柄(え)、持ち味だ。これをもっと伸ばそう~」なんかはちょっと違う気がしますね。やっぱりこの社会に生きているからには、「価値ある個性、持ち味」で社会にアプローチしたいと私は思います。つまり、社会的な価値、需要があるであろうと思われる土俵で勝負したいのです! 自分だけのために自分の人生使いきるのもアリかもしれませんが、それって少し私は寂しいと思うから。やっぱり誰かのために生きてみたいと思いませんか?

Sponsored Link


そして、結論!

一生自分探し、旅の途上!

自分を知るため、生きている!

「自分らしさ」について考えるのは意味なし!

「比較バカ」はもっと意味なし!

「もともと特別なオンリーワン」byマッキー&SMAP

「サヨナラから始めよう」詞 森友嵐士 曲 織田哲郎 歌 T-BOLAN



 

-自分と向き合う

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一極集中!今しかない!いまやるしかない!♪「果てしなき闇の彼方に」荒木一郎/おぼたけし

生きていれば、悲しみに暮れ、落ち込む日もあります。そんな時、私にはいつも思い出す歌があります。「果てしなき闇の彼方に」・・・3番に「明日は明日の陽が昇るだろう」「お前も昨日にはもう戻れやしないのさ」と …

住むならトーキョー?東京はエラくて田舎はダサいのか? ♪「トーキョーマイラブ」チュウニ

どこに住む?「住」は生活の基盤になる大切なことですね。なぜに人は東京を目指し、そして去っていくのでしょうか?トーキョー神話の呪縛から逃れられないあなたに、自分にピッタリ!シックリ!くるベストチョイスの …

ランニング今日もまた、なぜ走り続けるのか?死ぬまで自分探し! ♪「あなたのために」シャーリーカーン&徳永英明

人はなぜ走るのでしょうか?私にとって、「走ること自体」に特別な意味があるわけでもないのに、毎日走り続けているのにはイミがあるのです。いま、まさにマラソン花盛り!でジョキングランニングを楽しんでいる人を …

怒りの気持ちをおさえるのではなく、サラッと流せるとっておきの方法☆ ♪「忘憂草」周華健

すぐにカッときて怒りの気持ちを抑えられない人は男女を問わず、かわいそうで見苦しい。短気は仕事上だけでなく、人間関係を気付いていく上でも大きなマイナスポイントですが、何よりも老化を進め、健康上とても悪い …

「足るを知る」中野孝次著~自分を知り自分を みつめる~ ♪「知りたくないの」石井竜也

「足るを知る」、それはたんに欲望を抑えるということだけでなく、もっと積極的により深い生の充実に達するための知恵であるという。それでは、この「深い生の充実」とは何なのか?朧(おぼろ)げにしかイメージでき …

カテゴリー

Sponsored Link