未分類 自分と向き合う

自分をみつめて~自分を見失ってしまった!!~自分っていったい誰?何? 

投稿日:2017年6月10日 更新日:

今回の相談は女子中学生からのメール相談。「クラスで一応、みんななかよしなんですけど、表面だけのつきあいってかんじで、ホントの親友なんていない。もうみんなに合わせていいコぶってるのにつかれた。ホントはあんまり学校行きたくない。行くとつかれて。最近、こんな事ばっか考えていて、私っておかしいでしょうか?他のみんなはこんなこと考えないのかな?こんなこと考えてるってみんなにバレたらって考えると怖い。家に帰ると自分がなんか自分でないみたいで泣きたくなる。」

自分は自分、他人は他人

クラスのみんなとの付き合いっていつまで続くんだろう?私は現在、中学の時の友人で連絡が取れる人間は1人しかいません。そんなに「1人」でいることって悪いことで恥ずかしいことなのでしょうか?そんなあなたには前の記事「まわりのみんなが自分より偉く思える日は中島みゆきを聴こう」と、そこでも述べている蛭子さんの「ひとりぼっちを笑うな!」を読んで欲しいのです。

ともだちなんて無理してつくるもんでもないし、そんなに自分が疲れちゃうくらい、無理してつくった「ともだち」なんて本当の友人ではないと思います。私はそんなともだちならいらないし、一人でも別に困らない。確かに親友や仲間は人生を豊かにしてくれる大切な人だと思います。しかし、それはまず、しっかりとした「自分」という「個」があっての話。自分がブレるってのはやっぱりマズいことじゃないですか。そんなあなたに向けて、川嶋あいさんがこう言っています!「私は私しかない!」「Just after the rain!」の歌詞だけど残念ながらオリジナルの完全版は探せなかったので視聴だけです。あなたはあなたのままでいい。自分を見失ったら「あなた」でなくなると思えませんか?そして何より、自分を偽って生きるのはシンドくて疲れるし、かなしいことですね。

作り笑いとみせかけのともだち

無理してつくった人間関係は脆(もろ)いものです。教室内カースト制の中で、せっかく気付きあげた自分の地位も、ある日あっさりと崩れ去る。あっちにこっちにすべていい顔してつくった人間関係なんてそんなものじゃないですか。それよりか、ありのままの自分を受け入れてくれる人だけを大切にしていけばいいだけの話のような気がしますが。そして、あなたもありのままでいる友人を受け入れる。もうみせかけだけの友人はいらない!作り笑顔もやめよう!たかだか長くても3年の付き合い。本当の友人との付き合いはこれからず~っと続くだろうし、自分との付き合いは一生もんです。人生、長い目で見てみようよ。もっと自分を大切にしませんか。

いじめがあるとか、中傷があったりとかでない限り一人でいることを恐れてはいけないのです。一人の時間は人を成長させます。とくに思春期の今は自分について考え、悩み、泣くことは正常そのもの。そしてみんなふと気付いたら大人になってしまっているのです。辛いけど、貴重な期間であるこの時期に「自分」から逃げないで「自分」と徹底的に向き合って欲しい。それはあなただけにしかできないことで、それがあなただから。


そして、結論

あなたは、あなた!

あなたはあなだでしかない!

自分とじっくりと付き合っていこう!

スポンサーリンク

-未分類, 自分と向き合う
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

いまさら人生論、人はなぜ生きるのか?人は人、自分は自分!ちっぽけでも大事なルールを持て! 

あなたは、人生について考えたことがありますか? 人はなんのために生きてるのでしょうね。 自分の使命を果たすため、人生を楽しみ幸せになるため、人のため・・・みんな「ため、ため、ため・・・」と、なんか人生 …

ヤフオク情報200万分!買ってわかった嘘と真実~情報カテに潜むディープな欲望~

みなさんもよく使ってる「ヤフオク」いろんなモノ売り買いできて便利ですよね。そんなヤフオクの「その他」の中に「情報」「ネタ」「スキル」というカテゴリーがあるのを知っていますか?どういった情報なのか、出品 …

ランニング今日もまた、なぜ走り続けるのか?死ぬまで自分探し! 

人はなぜ走るのでしょうか?私にとって、「走ること自体」に特別な意味があるわけでもないのに、毎日走り続けているのにはイミがあるのです。いま、まさにマラソン花盛り!でジョキングランニングを楽しんでいる人を …

「足るを知る」中野孝次著~自分を知り自分をみつめる~♪「知りたくないの」石井竜也

「足るを知る」、それはたんに欲望を抑えるということだけでなく、もっと積極的により深い生の充実に達するための知恵であるという。それでは、この「深い生の充実」とは何なのか?朧(おぼろ)げにしかイメージでき …

私が教師を辞めた理由~戻れることなら~あなたのその転職ちょっと待った!

しんどかったけど、あっという間の十数年、それはそれは充実していた毎日でした。あの頃の輝きはもう取り戻せないでしょう。実際辞めてみて、よかったことももちろんたくさんありますが、なぜかこうしている今も、切 …

カテゴリー

Sponsored Link