自分と向き合う

自分を活かすお金の使い方、つきあい方~節約貯金だけじゃつまらない!♪「道」森高千里

投稿日:

「お金」っていったい何なのでしょう?
お金との付き合いは長いですが、あらためて考えるとお金って不思議なものですね。
お金がたくさんあるからといってしあわせとは限らず、お金を使って幸せになるためには、健康な心身、そして時間も必要になってくるんですから。
と考えると、お金は幸せになるため、夢を叶えるためのひとつ手段に過ぎず、お金のみでは幸せにはなれないということになります。
今回は、生まれてからお墓に入るまでの長~いあいだ付き合っていかなくてはならない「お金」との付き合い方についてあらためて考えてみます。

だれでもお金は欲しい!は本当!?

この問いに対する答えは、「NO」でしょう。
お金は生きている人にとって、誰もが「必要」なものですが、「ほしい!」という「欲求」とはべつものだからです。
「タイムイズマネー」ということわざがあるように、まさしく「時」は「金」に換算されますが、時をお金に交換することよりも
その他のことに価値を見出している人も実はたくさんいるのです。

生きている限られた時間の中で生涯、できるだけたくさんの本を読んで死にたいから~といった理由で必要最低限のアルバイトしかせず、
日々読書に明け暮れる人、自分の生がわずかと告げられ、残された日々をどう生きようか?と悩むひとたち~
極端な例かもしれませんが、こういった人たちもやっぱりお金がほしいという「欲求」があるものなのでしょうか?
このような人たちには、きっとお金以上に価値のあるものがあるはずです。

そうです、「お金の価値」は至上のものではないのです。この世に存在する価値の一つにすぎないのです。
だとしたら、何よりも大切なのは自分だけの「価値」に気付くことではないでしょうか?

スポンサーリンク

「お金」についてもう一度考えてみよう!

あなたが働いて得た「お金」とは、生産手段を所有している人に搾取されてはいますが、社会的にみて「価値」があるものを生み出した結果、その対価として受け取ったものです。
ということは、お金をたくさん持っている人は「たくさんの価値」を抱え込んでいるということになります。
けれども「お金」という紙幣貨幣を、ただ持っているだけでは、そのお金の価値が活かされることはありません。
お金自体に価値があるわけではなく、お金を使ってできることがたくさんあるから、みんなお金が欲しいのです。
そして、モノだけでなく、人の時間まで買うことができるのです。
労働者は使用者に拘束され、時間を切り売りする存在にしかすぎず、使用者は労働者の時間を買い上げ、自分はさらにお金を増やすべくあまった時間で他のことに注力できるのです。

お金持ちはなぜお金持ちなのか?から見えてくるもの~

これまで見てきたように、人を使う側のひとたちはお金がまわっていくシステムを所有しています。うまくお金がまわればどんどん増やすことも可能です。

でも、経営者に限らずお金持ちはたくさんいます。彼らはなぜお金持ちなのでしょうか?
もちろん、節約もしているのでしょうが、彼らはうまいお金の転がし方、回し方を知っているのです。

お金→消費、使う
お金→活かす、廻す

消費することしか知らない人にとって、お金は使う存在でしかあり得ません。しかし、お金を上手に遊ばせる人にとってお金は使用するだけのものではなく、
うまく活かし廻す存在なのです。

つまり、自分にとってリターンのあるもの(有形無形問わず)に消費ではなく「投資」しているのです。

モノを買う~という行為は、そのモノの金額分だけ将来の労働を約束させ、購入者の「時間」と「労力」を場合によっては「心」までをも拘束することを意味します。
この恐怖ともいえる真実に気付いている人が果たしてどれだけいるでしょうか?

貧乏人はモノを生み出す「チカラ」がないため、持っていないためにいつまでたっても貧乏なのです。いつも搾取される弱い立場なのです。
そこから脱け出すための方法は単純明瞭です。

「価値を生み出すチカラ」を持てばいいだけのはなしです。つまりは世の中に価値を与え続けていけばいいのです。
あなたにしか生み出せない価値と社会的な価値がうまく一致してればいうことありません。

お金とのつきあい方~自分がハッピーになれるものに!

先に見てきたように、消費と生産は対極にあるもののように思われますが、モノ・サービスを買うことによって次につなげる、生産型の消費だってあるのです。

自己成長のため、夢、自分の目指すもののための消費
お金がお金を呼ぶための投資
おもいでづくり~なんてのも長い目で見たら生産タイプかもしれませんね。

要は使った~それきりで終わらないもので、自分がトキメくものに使ってあげればいいだけのことかもしれません。

スポンサーリンク

モノ、カネをため込むことの弊害

私はこれまで前に話してきたように、消費の限りを尽くし、たくさんのモノに囲まれてきた生活を長いこと送ってきました。
「生きている間にお金はぜ~んぶ使ってしまおう!」
という、「お金は使うもの」、「モノと交換する手段」にしか思っていませんでした。

しかし、ある日突然気付いたのです。
当たり前のことですが、「自分も死ぬんだ!」ということに。
私に残された時間を計算してみました。

あらためてモノにこだわることの虚しさ馬鹿らしさに気付いたのです。
あの世にまでモノ、カネは持っていけないのです。

それまでは4台のクルマを所有しその他ありとあらゆるものモノに囲まれ埋もれた生活でしたが、
断捨離を敢行した結果、残されたわずかなひとつ一つのモノに対する愛情というか、慈しみみなたいな感情が溢れてきたのです。
不思議で新鮮な感情でした。

誰かのために使いたい、そして生きたい!

お金の使い方はその人のナリを示し、生き方そのものだと思います。

お金はめぐり巡って戻ってくるかもしれない、生きもののような存在なのかもしれません。
ために貯めて、自分のためにだけ使って誰かのためにはビタ一文払わない~そんな守銭奴だけにはなりたくありません。
お金はきれいに使いたいし、誰かのために使うのが自分もまわりもしあわせになれるような気がするのです。
人がどう思おうと、あなたのお金です。自分がこころからハッピーになれるのであればそれはそれでいいじゃありませんか?
生きている間しかお金は使えないのですから・・・

ただし、当たり前のことですが、自分の経済力の範囲内で、そして人様に迷惑をかけない~という限定はついてますよ。念のため。
お金があなたにしあわせを運んできてくれるステキなものでありますように・・・

そして、結論まとめ!

お金を使うこと、つまり「今」にこだわるのではなく、

お金を使って、何をしたいのか何がやりたいのかの「未来」にフォーカスする!

「カタチ」のない「モノ」に価値を見出す!

あなたオリジナルの価値はあなただけの「モノ」!

「道」詞 森高千里 曲 安田信二 歌 森高千里


 

 

-自分と向き合う

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

まわりのみんなが自分より偉く思えるこんな日は中島みゆきを聴こう!♪「タクシードライバー」中島みゆき

どうして、自分は何にもできないのだろう?誰にも愛されないのだろう?自分なんて生まれてこなきゃよかった。自分は誰にも必要とされていない!本当は、あなたにしかない魅力、あなたにしかできないこと、あなただけ …

今日、何もしないであっという間に一日が過ぎ去ってしまったあなたに!♪「からたちの小径」  南こうせつ

残された時間を計算してみよ! 時間だけは私たちに平等に分け与えられている・・・・ 確かに数値的にはそうかもしれませんね。 しかし、自分の可処分(かしょぶん)時間(好きにしていい、自由になる時間)をきち …

悪口を言う人、言わない人、どっちが好きですか?~悪口の恐ろしさにみんな気付いてない~

なぜ、悪口を言わない人はまったく言わず、悪口を言う人はいつも悪口ばっかりなのでしょうか? それは、まったく言わない人は、悪口が何の意味もないだけでなく、自分とまわりにとんでもない悪影響を及ぼすものであ …

自分「らしさ」ってなに?そんなものあるの?!♪「サヨナラから始めよう」T-BOLAN

そもそも「自分らしさ」って何?分かったようで、まるっきり分からず、微妙で危なっかしいこの「自分らしさ」について今回は考えてみました。わからないので、まずは辞書を引いてみました。「その人、独特の性質、性 …

自分を見失ってしまった!!自分って誰? ♪「土曜日にしなさい」松下里美

今回の相談は女子中学生からのメール相談。「クラスで一応、みんななかよしなんですけど、表面だけのつきあいってかんじで、ホントの親友なんていない。もうみんなに合わせていいコぶってるのにつかれた。ホントはあ …

カテゴリー

Sponsored Link