NHK朝ドラ

『ひよっこ』20週122話感想~すべてはこれから!何にもないワケじゃない~♪「みんな旅人」  舟木一夫

投稿日:2017年8月22日 更新日:

東京で働きつつお父ちゃんを見つける~という東京に出てきた大きな目的が達成された今、みね子を支えていた大きな柱がなくなり、また縛るものも無くなりました。
つまり、みね子が東京に居続ける理由が無くなったのです。家計を助けるためだけだったら、すずふり亭の仲間はみんないい人ですが、何も東京で働かなくとも水戸あたりで働いたほうが谷田部家からはぐーんと近くなりますね。
みね子のアイデンティティがグラッと揺らいでいます。
そして、まわりのみんなをどんなにかしあわせな気持ちにしているかなんて露知らず、「私がつまんないから~」「私のはなしなんかで~」「いいんですか、私で~」「私って何にもないんだなぁ」と、自分自身に対する評価はかなり低いです。
盛り上がりに欠けたって、地味だって、何にもなくたって自分は自分、みね子はみね子~っていうことがわがるまでは時間がかかるのでしょうか?
島谷さんが自分の想いを告げた時、みね子は自分のことを好きだって言ってくれる人がいるってことはしあわせだ~って表現してました。
こんな時こそ、みね子を支えてくれる人が現れてくれたらいいのに~と思ってた矢先にヒデくんの「やめるなよ~」発言!
みね子の恋の行方はどこに辿りつくのでしょうか?

心配してくれる人がいることのしあわせ・・・

「だったら、そう言っていきなさい!!! 心配するでしょうがぁぁ~!」
般若&餓鬼のようなすさまじい形相の富さん、迫力満点且つ本気でKYコンビを心配している気持ちがヒシと伝わってきていがったですね~
自分たちをこんなにもみんなが案じてくれていたことに気付き、うれし泣きのふたり・・・
自分が思ってた以上のひとのやさしさに触れた時、ひとはしあわせを感じ、また同じように優しくなれるのだと思います。

珍しく(はじめて?)みんなに買ってきたタコ焼き・・・いっしょに食べた味はまた格別だったことでしょう。
「どんどん食べて~」って言ってましたが、6人もいてあれだけのボリュームでしたら「ドンドン」はいけないでしょうね。
ハッピータイムに終わりを告げるみね子嬢~
『恋の初心者(ひよっこ)』をみね子に黙ってモチーフ(というよりそのまま)にしたこと、どうしてこんなにふくれっ面して口尖がらせていやがったのでしょう?

島谷さんとの恋が終わりを告げなければ、恐らく彼女はしあわせそうなアドリブで返したような気がします。
きちんと「さよなら」と「ありがとう」を言えず終わってしまった恋・・・それを蒸し返されたようで、自分を取り上げてくれたことはうれしいのだけれど素直に喜べず、怒りやすいふたりに八つ当たり~みたいな感じがアリアリでした。

Sponsored Link

次はどんなページを描こうか?!

『恋のひよっこ』のページをめくっていくみね子・・・途中からなんにも描かれていない白紙の項に切り替わり、更に白紙のページが続いていきます。
みね子はいまの自分と重ね合わせて、「なんにもない」自分に気付くのです。

地味なんですかねえ・・・
ん?
あっいえ・・・
どうしたの?
いや、何か・・・
「何にもないんだな」って
「どうすんのがな私は」って思っちゃって・・・
フフフ・・・みません
そうなんだ
お父さん見つかっただろ?みね子
はい
よく分かんないけどそうしたらいつか茨城帰るの?
いや・・・
帰りたいの?
いや・・・
よぐ分がんないです
やめるなよ、すずふり亭
えっ?
やめるな


ないものねだりのI Want You」という歌を昔、CCBが歌っていましたが、人はいつの時代にも、いま自分に無いものばかりを欲しがり、いま自分にあるもの、そしてそのありがたさに気付かないものです。悲しいけれど、人ってそういういきものなのかもしれないですね。

先のはなしじゃないですが、みね子は自分の持っている「チカラ」に気付いていません。
逆に「何もないんだな」って変なふうに気付いちゃってます。
こんな時、心強いヒデくんの「やめるなよ!」
今の彼女には、自分を必要としてくれる人の存在こそが必要なのかもしれません。強く、自分から前へ前へと人生を切り拓いていくヒロインもかっこいいですが、ここまでがんばってきたみね子、たとえ立ち止まったとしても誰も責めることなんてできません。

ひよっこもいつかは巣立ち、自分の巣を持つようになります。自分の帰るべきところ、落ち着くところはどこなのか?自分はいったい何者でどこに辿りつくのか?
この、誰もがみんな一度は経験する自分探しの旅に彼女はいま、旅立とうとしているのでしょうか?

NHK連続テレビ小説『ひよっこ』20週122話 8月22日放送分

「みんな旅人」詞曲歌 舟木一夫

-NHK朝ドラ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『ひよっこ』第17週97話~二人の想いは日付を越えて~ハタチになりました!

いつもハラハラさせられて、守ってあげたくなるような妹のようなみね子ですが、東京で地にしっかりと足を付け、前を向いて生きている社会人なのです。 97話は、「貧乏、お金持ち」×「学生、社会人」×「理想、現 …

『ひよっこ』154~155話~自慢の家族みんなで歌自慢♪~最高の世界一の家族!~♪「ふるさと」五木ひろし

奥茨城村にいる時のみねっ子がいちばん好きです。ほんとうに自然な感じで、あったか~い家族みんなに囲まれての、このゆったりほんわかぽかぽか感がたまらなく好きです。やっぱりみね子の生まれ育ったふるさとですも …

『ひよっこ』140話~みね子の魅力が日々薄れていく今日この頃~我らがみね子嬢どこへいく?~  ♪「僕は思う」

最近ちょっと変わったな、みね子は。 別に変わったと言っただけで、よくなったとは言ってない。 早苗さんの137話でのこの二言、最初は照れ隠しで言ったものかもと思ったのも束の間、早苗さん心底そう思って言っ …

『ひよっこ』126話感想~想いが通じなぐともいい恋だってある~嫌いも好きのうち!

「自分の人生ほとんどずっと時子に片想いです」って三男君が言うように、僕らが知らない頃からずっと切ない想いをしてきたんでしょうね、三男君は。 それにしても、親友=片想いの相手~この等式が成り立つのってス …

『ひよっこ』137話~かわるものとかわらぬもの~なにか誰かへのアツい想い ♪「あなたのために」徳永英明

ひとは変わっていくもの、そして変わっていかざるを得ないいきもの・・・それでも生きていかねばならないから。 ひとが変わっていくように、何か誰かに対するアツい想いもいつかは風船がしぼんでしまうように小さく …

カテゴリー

Sponsored Link