NHK朝ドラ

『ひよっこ』142話~思い尽して実る恋と終わりを告げた恋~♪結ばれぬ悲しいデスティニー♪「DESTINY」「reason」

投稿日:2017年9月14日 更新日:

西郷輝彦の「星のフラメンコ」、涙しながら絶唱の三男の心中を想った時、真っ先に浮かんできたのが松任谷さんの「DESTINY」、
♪結ばれぬ悲しいデスティニー♪のフレーズがドンピシャ!そしてチャゲアスの「reason」・・・
特に「reason」は三男のために作詞の澤地さんが書いたような感じさえします。♪わかりすぎてる心 かなわぬ恋 ふたりの reason 胸にしみる♪
今回はネタバレ注意です!
「reason」詞 澤地隆 曲 chage 歌 CHAGE&ASKA


想われるのもしあわせ・・・気付く三男

これまで人生のほとんど?時子一筋、想い続けてきただけに、片想いのツラさ切なさは誰よりも分かっているでしょう。そんな心優しい彼なら、さおり(米子)さんの胸の内もきっと痛いほど分かっているはず・・・

自分の恋はやっぱり叶わなかったけれど、自分を想い続けてくれてる人がいる、そんなしわわせに気付き、さおりさんの優しさも愛しく思うようになって当然です。

それにしても、これまで三男!実に立派でした。男の中の男、かっこいいですね。三男はこの日が来るのを分かっていたのでしょう。それが現実となった今、彼の中では、祝福でいっぱいの気持ちと自分の恋がとうとう終わった・・・という相反する気持ちがごちゃ混ぜで、きっときっと辛すぎるのです。彼の心中を想う時切なすぎて泣けてきます。こんな時、一緒に泣いてくれる人がそばにいたらいいのに・・・

みね子、三男も同じように親友でしょう。こんな時こそ、みね子には活躍してもらいたかったですね。これまでお互い、時子とみね子は励まし励まされ、何よりも深い絆で結ばれていましたが、時子はもう大丈夫のようです。親友には変わりはないのだけれどずいぶん時子が遠い存在になってしまったようで寂しいです。

自分の役目は終わった・・・

『ひよっこ』はみね&ヒデのラブストーリーの盛り上がりがクライマックスなのではなく、この終恋がまさにそうなのではないでしょうか?
つまり岡田さんはWでヒロインとヒーローを予め用意してくれていたと僕は思います。それは決してみね&ヒデではなく、ヒーローは三男です。

みね&ヒデの恋、そしてトッキーに対する三男の片想いを対比させることにより、どちらの心中も更に鮮やかに浮かび上がらせようとしたのではないかと思うのです。
これから早苗さんと龍二さんの恋が成就し、省吾さんへの愛子さんの想いも届くような展開でしあわせいっぱいで何よりですが、時子への想いを残したまま、さおりさんも好きになっていく三男の優しさを想う時、男の真心とは何か・・・について深く考えさせられるのです。

想えば三男は、高校生の時から自分の想いが時子に届くことはない、叶わぬ恋だということを分かっていたのかもしれません。
142話での三男の回想シーンを思い出してみてください。

(次郎さん)時子、いつ見てもべっぴんさんだな、このあたりじゃ一番だっぺ

(みね子)当たりめえだよ!!時子はさ東京さ行って、女優さんなんだよ

(時子)ありがとう次郎さん、でもこのあたりで一番じゃイヤなの、私は・・・

このセリフを時子が言った時、三男ほんの少しだけ寂しそうな表情を浮かべましたよね。「このたりで一番!」って想っているのは自分の想いと一緒・・・
つまり自分の想いが拒絶されたように感じたのではないでしょうか?いつか、自分の届かない存在になっていってしまうようできっと寂しかったことでしょう。

そして聖火リレーでの「オレを忘れねえでぐれぇ~」の回想セリフ・・・奥茨城村にたしかに言ったのかもしれませんが、一緒に時子にも叫んでいたような気がして切なすぎます。時子の夢が叶った今、三男は自分の役目が終わったことを知り、また、時子に自分の想いが届くことは決してないことを悟ったのでした。

さおりさんと時子との対決シーンでも彼は言っていました。時子の夢が叶うまで、オレは片想いでいなくてはならない~と。その恋がとうとう終わってしまったのです。いや、彼は時子のことはずっと好きでしょう。ただ、一生、実を結ぶことのない想いなのです。親友であって、想い人・・・三男にはこれから、トッキーのことを忘れるくらいに、どんどんさおりさんを好きになってもらってもらいたいと願うばかりです。世津子さんからみね子へと引き継がれたセリフ「大丈夫にするしかない」では決してなく、そんな義務的ななりゆきではなく、じつは(失礼)心優しい米子(となります、これから)さんのこと、これからもっともっと好きになっていくことでしょう。そんなしあわせのカタチがあってもいいですよね。終わりを告げた恋とこれから始まる恋~これからです!

スポンサーリンク

本当のラストスパートはこれから!

まだ着地点を見いだせていなかった

①実さん「重箱」返却問題
②茂じいちゃん一万円(みね子が東京に出る時、じいちゃんからもらいましたね)
③すずふり亭みんなでごはん約束
④世津子さんと実さんとの二年半の真相
⑤向島電機の松浦さんのその後

なども次々と収束に向かっていくようです。
そして、茜(あかね)ちゃん・・・


早苗さんと愛子さんはしあわせになるからいいとして、ヤスハルくんの想いもこの際、届くといいですね。

NHK連続テレビ小説『ひよっこ』24週「真っ赤なハートを君に」142話 9月14日放送分

「DESTINY」詞曲歌 松任谷由実

-NHK朝ドラ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『ひよっこ』134~136話感想~みね&ヒデ~ふたりの想いは何処へ行く♪「あな恋」SMAP&chay~

だんだん好きになっていく過程がいちばんトキメいて、一番見たいはずなのに、なかなか朝ドラでは描いてくれないようです。ヒデくんがみね子に相談されて、うれしそうにオトメのようにトキメく姿はとっても愛らしかっ …

『ひよっこ』18週107話~いつも「そば」にいたあの人はもうごはんを食べたでしょうか?~

実さんの目に「はじめて」映った美代子さんは、どんな風だったのでしょう? 彼を目の前にして、美代子さんはまるで「はじめて」会ったときのようにドキドキだったでしょうね。 だって、実さんは美代子さんに会うの …

『ひよっこ』154~155話~自慢の家族みんなで歌自慢♪~最高の世界一の家族!~♪「ふるさと」五木ひろし

奥茨城村にいる時のみねっ子がいちばん好きです。ほんとうに自然な感じで、あったか~い家族みんなに囲まれての、このゆったりほんわかぽかぽか感がたまらなく好きです。やっぱりみね子の生まれ育ったふるさとですも …

『ひよっこ』19週110&111話「帰って来ました・・」そして「よぐ帰ってぎた」

あかね荘でのみね子との「親子」の会話を思い出してみました。 ホントは「行っでみっがな」なのに「帰っでみっがな」と言ってあげられるところ、そして「みね子ちゃん」から「みね子」と無理して呼んであげられると …

『ひよっこ』143話~時子から真琴へ、そしてさおりは→米子に!みね&ヒデはごちそうさま   ♪「トーキョー・マイラブ」

♪名前、それは燃える生命(いのち)♪~ってフレーズがゴダイゴの「ビューティフル・ネーム」にありました。 大好きな両親が付けてくれた「時子」というこれまでの名前から、「真琴」って芸名に変えることになった …

カテゴリー

Sponsored Link