NHK朝ドラ

『ひよっこ』143話~時子から真琴へ、そしてさおりは→米子に!みね&ヒデはごちそうさま   ♪「トーキョー・マイラブ」

投稿日:

♪名前、それは燃える生命(いのち)♪~ってフレーズがゴダイゴの「ビューティフル・ネーム」にありました。
大好きな両親が付けてくれた「時子」というこれまでの名前から、「真琴」って芸名に変えることになったトッキー、そして好きなんだけどうまく愛情表現できない父親が付けてくれた「米子」という名前を捨て、勝手に「さおり」になってしまっているさおりん・・・
名前には名付け親のありったあけの愛が詰まっているはずです。米屋の一人娘がお米を好きになる日も近いようです。めでたし、めでたし・・・

ありがとう、そんなふうに考えてくれて・・・

古い考えなんかに捉われず、いっつも時代の先、先をいく今風の女性・・・って思っていた時子。忙しい中を縫って外にクルマを待たせてまで、名前を付けてくれた両親に謝りにくるなんて、古風すぎてキュンときました。親としてはうれしいですよね。ワザワザ、それ言うために東京から来てくれて。それにしても、今をときめく、時をかける女性「時子」という名前はステキな名前ですね。

「ありがとう。そんなふうに考えてくれて、うれしいよ・・・ねっ!?」
夫婦で頷き合いながら、泣くとこ見せられてはさらにキュンと来てしまいました。名前って自分のものだと思っていましたが、自分だけのものでは決してないのですね。

本気の想いが届くなら・・・

だってさ、時子のことはきれいさっぱり決着がついたわけでしょ?

いや、きれいさっぱりって・・・

違うの?

いや、違わねえですけど

あなたは、「イヤイヤイヤ」とか、「ちょっと待って下さいよ」とか、「違いますよ」とか、そういうことしか言わない

はっきりと私を否定はしない

好きじゃないとか、嫌いとかは言わない

それは私に対する優しさですか?

だったらありがとう、でももういいです、それは

私は本気なんで・・・

本気で返事を下さい

女は、永遠には待てないよ

Sponsored Link

出ました、とうとう本気度MAX!決断迫る猛アピール!
本当の彼女の胸の内をさらけ出していて潔いですね。これまで優柔不断な態度を取り続けてきた三男に対して、待ちきれなくなった米子、ついに行動にでましたね。~あなたは、「イヤイヤイヤ」とか、「ちょっと待って下さいよ」とか、「違いますよ」とか、そういうことしか言わない~なんてズバリ!でよく言ったとも思いましたが、三男の忍恋に対してやっぱり自分が、自分が~が全面に出てきてしまっていてあまり萌えないですね。

確かに時子との恋は終わったのかもしれないけれど、三男の胸中を想って、もうちょっと待ってあげられる米子であってほしかったと思うのは、わがままですか?ただ、三男も米子のことを思うのであれば、ハッキリとさせなくてはいけない時期でしょう。これは次のエピソードの伏線になるのでしょうが、米子の思いきった行動が「吉」と出ることになりそうです。自分の気持ちも、もちろん大事です。しかし、自分は相手に何をしてあげられるかとか、自分の気持ちを押さえて待てるようになったりする、その時こそ、恋から愛へとステージが一段階上がった時かもしれません。それにしても三男一筋の米子の想いも、一本筋が通っていて気持ちいいですね。

だんだん好きになっていって、気付いたら大好き!

ヒデくんのスキスキ光線が分かりやすくって、ホンワカして微笑ましいのですが、なぜかキュンとこないし萌えないのはなぜでしょうか?僕が天の邪鬼だから?島谷さん、ヒデくん、そして誰からも好かれていくみね子・・・みね子もヒデくんの好意に少なからず気付いていて、みね子もヒデくんをいいな!って思っているんでしょうが、やっぱりときめかないのです。

ヒロインに三男のように片想いで、アツく想い続けるキュンとするストーリーがあってほしかったのですが、それは欲張りですね。三男の想いをさらにさらに鮮やかにするために岡田さんはこうしてくれたのだと思います。おっとりマイペースのみね子嬢は、一目ぼれではなくってきっとだんだん好きになっていくんですね、きっと。

それにしても、下のふたりのおのろけ会話、どうですか?明らかにヒデくんのお誘いですよね。理由いっぱいつけちゃってヒデくん、かわいいのですが、もっとストレートに行ってほしかったですね。僕はストレート&ショートカットが好きです。この後もすずふり亭のみんなのアシストがあって進行していくようですし、ヒデの男気を最後にぜひ見てみたいものです。

俺、いつも休みの日にさ・・・レストランに行く事にしてるんだ

あっ、勉強のためにね、いろんなお店

昼にね、ランチの方が安いとこ多いし、夜だと、そんなに行けないし・・・

今度から・・・あっ、毎回じゃなくていいんだけど・・・時々、つきあってくんないかな?

えっ?

あっ、あのさ・・・一人だと、食べたあと感想を言う相手がいなくてさ・・・

あっ、それにふたりで行ったら、別のもの注文できて分けたりとかしたら、いろいろ食べることできるし・・・

それに、店の様子っていうか、そういうの・・・女の子の意見とか聞きたいし・・・

どうかな? あっ! 嫌だったらあれなんだけど・・・

行きます! 行きたいです!

本当?

はい! すごく楽しみ

あっ、よかった

はい、ありがとうございます!

ううん、こちらこそ、あっ、よろしくお願いします

はい、こちらこそ


~ハイハイ、おふたりさん!ごちそうさまです~ということで、後はふたりで勝手に仲良くやってくださいね。これまで苦労してきたふたりがしあわせになっていくことは、みんなのしあわせですから。みね&ヒデもしあわせのラストスパート!がんばれ!
今日のみね子嬢の気持ちにピッタリな歌は杉本さんの「トーキョーマイラブ」でキマリ!

NHK連続テレビ小説『ひよっこ』143話 9月15日放送分

「トーキョー・マイラブ」詞 夏海裕子 曲 杉本眞人 歌 チュウニ


 

-NHK朝ドラ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『ひよっこ』126話感想~想いが通じなぐともいい恋だってある~嫌いも好きのうち!

「自分の人生ほとんどずっと時子に片想いです」って三男君が言うように、僕らが知らない頃からずっと切ない想いをしてきたんでしょうね、三男君は。 それにしても、親友=片想いの相手~この等式が成り立つのってス …

『ひよっこ』125話感想~似た者同士みね&ヒデに新しい風~想いを秘めるだけが恋じゃない!

想いの伝え方はひとそれぞれ。これまでいじらしいほど自分の想いを胸に秘め?みね子を陰で日向(ひなた)で支えてきたヒデくん。 彼の中にも新風が巻き起こっているようです。 彼がいいな~と思うみね子のいいとこ …

『ひよっこ』129話~なぜ三男はみね子じゃなく時子が好きなのか~ 三男の涙の訳♪「涙の理由(ワケ)を」伊藤銀次

理由なんてありません。好きだから好きなんです。 蓼食う虫も好き好き~ひとの好みは本当にさまざま。みね子には感じない何か、シンパシーを時子に三男くんは感じているのでしょう。 さおりさんが三男君に時子のど …

『ひよっこ』130~131話 忍ぶ恋~なぜヒデは島谷に会いに行ったのか、なぜ島谷はみね子を諦めたのか~♪「Just After The Rain!」「ピエロ」

「みね子ちゃん」とちゃん付けで、普段「みね子」と呼び捨てにしている彼女をそう島谷さんの前で呼んだヒデくん・・・ そこには、彼なりの優しさと気恥ずかしさがきっとあったに違いありません。だって島谷さんだっ …

『ひよっこ』96話~二人の恋に由香の想いが後押し?!みんな優しすぎる!

お金持ち=○ 貧乏=× なのか? 親が決めた結婚相手はお金持ちのお嬢様でステキな人。自分が結婚することで親の会社の窮地を救いたい! でも、みね子と一緒になりたい!ジレンマに陥る島谷さん・・・ 島谷さん …

カテゴリー

Sponsored Link