教育・教師 生徒指導/教育技術

教師の授業力向上のために大切な視点と今、できること~授業のねらいを明確に!~

投稿日:

教師として日々、試され要求される「チカラ」には本当にいろいろなものがあって、キリがありませんね。

先生方のみんながみんなオールマイティのスーパーマンであったならそれはそれでスゴイことなのですが、それではこどもたちだってちょっと息が詰まってしまうかもしれません。

でも、教師であり続けるのであればゼッタイ絶対に必要になってくるチカラ、それが「授業力」です。ただ、闇雲に「教科力」をつけていくのも一つの手ですが、これでは必ず壁にぶち当たります。なぜなら、授業の対象である児童生徒不在の方法だからなのです。

今回は、教師の授業力向上のためには、どのような視点から切り込んでいくのがよいのかについて一緒に考えていきましょう。

授業が授業として成立する大前提・・・それが「教科力」

先生方は日々、教壇に立たれていて何か困っていることがあるでしょうか?

この問いに、「何も問題はない!」と言い切れる人ほど、実は自らを振り返る必要があるのです。もちろん何も問題がない場合も実際、あるのでしょうが、ほとんどの場合、教員側が「伝えた」つもりになってしまっているのです。「伝えた」と「伝わった」はまったくの別物であることはこれまで繰り返し話してきましたので、ここでは深入りしません。

教科力が高く、伝えたつもりで自己満足の極地に至っている教員に欠けている視点があります。それは、「生徒不在で自分が主人公になりきってしまっている」というちょっと恥ずかしい事実です。

今日は、こどもたちが主役である授業をいきいきとした実りのあるものにするためには、どのようにしていったらいいのかについてがテーマですが、「授業力」の大前提になるのが先に出てきました「教科力=教科学力」なのです。

自己満足先生は教科力が高い場合が多いですので、このレベルはクリアしています。問題は、この大前提である「教科力」も覚束ない方がいる現実です。

高等学校、特に進学校などでは教授内容も求められるレベルも相当なものになります。かみ砕いて、料理して生徒に提供する前に、この教科力がグラグラしていたのでは話になりません。

よく、「一を教えるもの、百を知るべし!」ということばが引き合いに出されますが、まさしくこれです。料理する前に、食材がちっぽけでわずかなものであったならおいしいごはんなどつくれるはずありませんよね。

高校であれば、大学入試レベル問題なんなく全問クリア、そして東大の二次論述問題なども鼻歌でスラスラのレベルを目指すべきです。私は専門は高校商業でしたが、幼少のころから現在に至るまで歴史書に親しんでいるため、今でも地歴に関しては大学入試問題、ほぼクリアできるちょっとした自信があります。

ここまでの教科力が着いてくると、自分の教科が大好きになって授業が待ち遠しくなること請け合いです。自分が大好きなこの教科の魅力を子どもたちにももっと知ってもらいたい~と思うようになるのです。

この教科力が現役の時の私にもっとあったなら、いまももしかしたら教壇に立っていたかもしれません。先述「後悔しないための教員採用試験・教科(校種)選択~簿記でロマンは語れるのか?~」でも詳しく話しましたが、どうしても教師になりたくて倍率のためにチャレンジした教科でしたが、最後までロマンは語れませんでした。商業にロマンを感じることができず、教科力に磨きをかけることを怠っていたのです。

あの時に戻れたなら、やっぱり一番好きだった国語科か地歴科でチャレンジするでしょう。決して戻ることはできませんが・・・

Sponsored Link

授業力を高める3つの視点~ひとり研究授業のススメ~

①生徒の学力の到達度、背景、現状、実態の理解と洞察

②教材研究

③適切な指導法の研究

④授業検証

先生方に上の3点についての詳しい説明など不要かとは思いますが、ごく簡単に触れておきます。

小学校はともかく、中高では教科担任制ですので、同じ内容・単元・進度であれば、違うクラスであっても同じ授業を展開したくなる気持ちは分かります。ただせさえ忙しいのに準備は最小限の努力に抑えておきたい~という省エネ教材研究ですね。

私も初任の頃やってしまいましたが、実はこれが本当にダメなのです。相手となる子供が違えば教授内容は同じであっても、まったく違った展開になること必至です。機械に向かって授業するならともかく、相手は一人ひとりみんな違う生身の人間です。

彼らの実態に合わせた相応の準備、教材研究が必要なのです。しかし、実際毎回、毎回こういった骨の折れる準備は本当にたいへんです。そこで,毎回とまではいかなくとも自己の授業力の研鑽のためには、定期的な自己研修~と銘打って「ひとり研究授業」がおすすめです。

本番の研究授業のようにビッチリと書く必要はありませんが、指導案も実際書くのです。授業の展開から、発問、集団学習としての落としどころ、持って行き方、板書に至るまで~自分さえわかればいいことですので指導案もスラスラ書けてしまいますね。

そして、授業を補う個別指導、ノート指導などのアフターケアについても視野に入れておくのです。

ここまでやったなら、あとは授業の成果を把握するために小テストなど次の時間にやるとよいでしょう。そして授業検証をして次に活かすのです。生徒から取るアンケート・感想などはあくまでも参考程度にとどめて、プロ教師であるならば授業検証をキッチリやらなくてはなりません。

Sponsored Link

生徒にとって魅力的な授業とは・・・

どのような子どもたちであっても、授業に参加したい!わかりたい!気持ちがあるはずです。

わかる!

たのしい!

もっと知りたい!

これらの子どもたちのピュアで自然な気持ちに教師は応えなければなりません。魅力的な授業とは具体的にどのようなものでしょうか?

私がこれまで目指してきた授業を箇条書きにすると、だいたいこのような感じになります。

①授業者の授業の狙いがハッキリしていて、それを児童・生徒にも提示している

②生徒に「気付かせたい、理解させたい」教師の思いと、生徒の「知りたい、学びたい!」がうまくマッチした授業

③一方的な教師サイドの伝達、質問・発問形式の授業展開ではなく、生徒、集団に考えさせるマジックを練っている授業

④それに伴い、こどもの発言や疑問を活性化させる雰囲気にあふれている授業

⑤最後に授業の全体での共有と確認がきちんとできている授業

⑥ライヴ感にあふれたワクワクな授業

⑦ハッ!と気づかされたり、揺さぶりがある生徒のハートに直に訴えかけるような授業

⑧ひとりひとりが授業に参加している気持ちになれる全員参加型授業


・・・挙げていったら日が暮れて朝になってしまいますのでここら辺で終わりにしておきます。以上のことを考えた時、授業者の話は短ければ短いほどよいことが分かるでしょう。

教授内容によっては、いつもこうとはいきませんが、一考に値する視点です。

いずれにしましても、学級づくりは授業がかなめで基本です。授業力=生徒指導力~とよく言われるように、魅力的な授業をする教師のクラスが荒れた~なんて話を私は聞いたことがありません。

授業とは授業者の未熟な点が浮き彫りになってしまう恐ろしい場です。また、教師の人間力、底力が試されるのも教壇なのです。教員免許を持ったものしか立つことが許されないこのステージ、あの授業でのライブ感だけはいきいきと今でもよみがえります。そうなのです。授業ができる権利は先生!だけに与えられたものなのです。

大切なその権利!活かすも殺すも先生次第です。

Sponsored Link


 

 

 

 

 

 

 

 

 

-教育・教師, 生徒指導/教育技術
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初担任!いまスグやるべきこと②「決意と覚悟」~初任で担任を降りようとした先生~

前回、初担任する先生へのメッセージとして「初担任&授業開き~いまスグやるべきこと!準備と心構え~」で具体的に何から始めたらよいのか、準備とこころがまえについて詳しく話しました。このこと以上にとても大切 …

いじめに悩んでいるあなたへ!解決への道のり④ ♪「少年の翼」BLOW

これまで全力でいじめと闘ってきたあなた。よくここまで頑張って耐えてきました!しかし、状況は変わらない・・・しかし、まだあきらめるのは早いです。究極の、それも100パーセント近い確率で「いじめ」をストッ …

先生を好きになってしまったあなたへ伝えたいこと~想いの伝え方とこころの処方箋~

同級生が子どもに見え、大人の男性(女性)が魅力的に見えてくるなんてよくあることですよね。あなた方のとしごろではごく自然なことです。この持って行きようのないこころ、いったいどうすればいいのでしょうか?毎 …

教師になるとなかなかできなくなってしまうこと10選!~まさに奉職!あなたはすべてを捧げる覚悟がありますか?~

ブラック学校という言葉があるように、現況では教師のおかれている労働環境は最悪と言わざるを得ません。 月100時間以上の残業なんて当たり前、毎月ですもの退職まで。「定時」という言葉なんて忘れてしまいまし …

いじめに悩んでいるあなたへ!解決への道のり③ ♪「お帰りなさい」神子雅

「親、担任、学校にも助けを求めた。もう考えられることは、すべてやり尽くした。もうだめだ!」しかし、まだあきらめるのは早いです!これからが正念場!いじめとは、最後まで闘い抜く、強くブレないあなたの姿勢を …

カテゴリー

Sponsored Link