なぜ、生徒の悪口を言ってしまうのか?生徒と教師の関係を今こそ見直そう! 

生徒と教師は果たして「敵?」でしょうか? あり得ないですね。未来のこの国を担っていくこどもたちをリードしていく~という重く、大切な使命を帯びているはずの教師とこどもたちの関係がこうもギスギスしているの …

「足るを知る」中野孝次著~自分を知り自分をみつめる~♪「知りたくないの」石井竜也

「足るを知る」、それはたんに欲望を抑えるということだけでなく、もっと積極的により深い生の充実に達するための知恵であるという。それでは、この「深い生の充実」とは何なのか?朧(おぼろ)げにしかイメージでき …

自分をみつめて~自分を見失ってしまった!!~自分っていったい誰?何? 

今回の相談は女子中学生からのメール相談。「クラスで一応、みんななかよしなんですけど、表面だけのつきあいってかんじで、ホントの親友なんていない。もうみんなに合わせていいコぶってるのにつかれた。ホントはあ …

自分が嫌い?イヤな時こそ自分をみつめて~自分は自分、人は人~

どうして、自分は何にもできないのだろう?誰にも愛されないのだろう?自分なんて生まれてこなきゃよかった。自分は誰にも必要とされていない!本当は、あなたにしかない魅力、あなたにしかできないこと、あなただけ …

いじめられない日は必ず来る!その日のためにいまできることがある!☆♪「泣きたいよ」玉置浩二

いじめられるのに原因があってたまるか!しかし、いじめ加害者は一定の基準をもとにして、いじめのターゲットを選んでいるのです。あるがままに普通に生きることを保障しないのが、現在の学校なのです。いじめられな …

いじめ原因なし!~解決のための残された最後の方法!それでもダメだったときに!~

これまで、学校は言うに及ばず、さまざまな専門家、相談機関に相談してきた。しかし、依然としていじめは続き、クラス全員からの無視、そして一部の生徒からの暴力がやむ日はない・・・それでも親は登校をすすめ、そ …

言葉の暴力★教師に言われた忘れられない一言!②~忘れたい人~ 

前回、教師の一言で勇気づけられ、励まされた想い出をはなしましたが、今回は「一言」でどん底に突き落とされた切ない体験を紹介しましょう。それにしても、どうしてこんなに教師の一言というのはいつまでたっても忘 …

忘れられない教師の一言!前向きなあったかい言葉遣いの大切さ①  

ちょっと昔のあなたを思い出してみて!幼・小・中・高・大となが~い学校生活の中で、教職員からかけられた何気ない一言に勇気づけられたり、逆にグサリとさせられたり~の経験がきっとあるはずです。私もそう。今回 …

ブラック校則?頭髪指導の難しさ~心に響かなかった私の失敗~信じて待つ~    

前回「なぜ茶髪はだめなのか?頭髪指導ってなんでやるの?」で茶髪について教師のたてまえと本音についてはなしましたが、一番大切なことについて話すのを忘れていることに気付いたのです。「時間はかかったけれど、 …

校種選択!教師を目指すなら~小学校?中学校?それとも高校?②悩みスッキリ~

多感な中高生の進路決定にもかかわっていく中高教師。部活動顧問、教科担任~と自分のクラスだけでなく様々な生徒と付き合っていくことになりますね。前回の小学校教師編に続き、中高教師独自のおすすめな点とたいへ …

高校生が退学になるとき!学校の事情と生徒の言い分!~退学の持つ意味とその重さ~ 

~ 息子が喫煙で一発退学処分になりました。もう既に「決定事項」で覆すことはできないそうです。何度も何度も喫煙で指導を受けていたのであれば仕方ないとは思いますが息子ははじめてです。どうにかならないのでし …

修学旅行中は勤務時間?引率中に風俗店員を呼んだ小学校教諭懲戒免職事件で大事なこと 

修学旅行児童を引率中だった徳島県の小学校の男性教諭(28)が派遣型風俗店店員を自身が宿泊するホテルの個室に呼び、女性従業員とトラブルになったとして、同県教育委員会は、昨年11月10日、この教諭を懲戒免 …

ブラックスクールと教師聖職論~ラクをしたいなら絶対教師はダメ~

「残業時間が100時間を超えたくらいで自殺するのは情けない!」とのコメントをニュースサイトに投稿した武武蔵野大学教授が炎上!したのは記憶に新しいですね。亡くなられた電通元社員の気持ちを考える時、やりき …

大学進学?高卒就職?それぞれのメリットとデメリット 「迷える」ことはぜいたくなこと!

今や大学を卒業資格さえすれば生涯安泰~とはいきません。一方、転職市場も大賑わいのご時世ですが、この岐路に立った高校生は悩みますね。自分の気持ち、将来設計が一番大事なのは言うまでもありませんが、現実、そ …

教師人生、一番悔しかった生徒指導~「ブツ」を押さえないと指導にならない~

教師も生徒も人間であるがゆえに誤りを犯すときがあります。生徒が道を誤ってしまったとき、その都度、最善の生徒指導に努めるのが教師ですが、正直正解というものはないでしょう。そもそも本人が、「やってしまいま …

教師の結婚事情、そして結婚後の生活♪「はじめてのチュウ」木村拓哉~教員同士婚活のメリット~

教育公務員は、婚活市場では人気の職業ですね。にもかかわらず、婚期を逃してしまう職業の上位に常に位置づけられているのです。原因は、小学校は女性中心、中高は男性中心の職場という現実だけではありません。閉鎖 …

いじめ解決、まず学校に!がなぜ重要なのか?大人はどう対処していくべき? 

2017/05/27   -いじめ, 教育・教師
 

家庭より依頼を受ける児童生徒はまず、いじめられている事実を認めません。どうせ解決はしないと思っていますし、何より加害者の報復が怖いのです 。そして彼らの自尊心からのことでしょう。こどもの気持ちを汲み、 …

話ベタだけど、教師になれる?教師とスピーチ②♪「卒業までに伝えたいこと」erica

今回の相談事例は、話がとにかく苦手だという大学生(女子)より。ついでに取ろうと思った教員免許。教育実習後、教師になりたいと本気で思い始めましたが、自分の話ベタさと引っ込み思案な性格を考えると、本当に自 …

子供は好きだけど同僚教師は嫌い!辞めようか♪「Smile Blue」DEEN

みんなとうまくやっていくことに疲れてしまった、中学教師からの相談。教師は教員になったとたん、周りから「先生、せんせい!」と呼ばれ、学校という特殊な閉鎖的な環境で人生の大部分を過ごすことになる、いわば「 …

教師とブラック部活②~肥満学校のスリム化~♪「SHO-NEN」安部恭弘

前回、「教師とブラック部活①」で部活顧問の実態を述べましたが、現状のままでは生徒、教師ともに不幸に落ちるのは避けられません。なぜ、これほどまでに学校は自らさまざまな役目を抱え込み、肥大化してしまったの …

カテゴリー

Sponsored Link