教師を志す人へ 教育・教師

教師になるとなかなかできなくなってしまうこと10選!~まさに奉職!あなたはすべてを捧げる覚悟がありますか?~

投稿日:

ブラック学校という言葉があるように、現況では教師のおかれている労働環境は最悪と言わざるを得ません。

月100時間以上の残業なんて当たり前、毎月ですもの退職まで。「定時」という言葉なんて忘れてしまいました。勤務時間の休憩なんてありません。さらに土日、長期休暇も部活その他もろもろで吹き飛んでしまいます。さらにさらに持ち帰り残業で午前様・・・

あきらかに教員ひとりでの処理限度を超えた、これでもか!という仕事量を強いる現場。病気になって倒れても、泡を吹かない限り決して休めず、時間給を取ってお医者にかかっていた日々・・・

私にとって教職は天職でしたが、その天職があだとなって転職とあいなりました。

そうなのです。教員に労働法など適用されるわけもなく、人権さえも無視される世界なのです。それでもあなたは教員を目指しますか?

他の職業では決して得ることが叶わない喜びに満ちた世界ではありますが、教師の労働環境は過酷を極めます。向いている向いてない~についてなんて散々これまでこちらのサイトで話してきましたが、その前に強靭な体力と精神力が必要になる仕事なのです。これからは、ちょっとやそっとのことではへこたれない「耐性」が教員にも求められるのは間違いありません。

こちらを訪れているみなさんのことですから、それでも教師を目指す!と言う事は百も承知です。そこで今回は、私(あくまでも私の場合)が教師になったとたん実際にできなくなってしまったこと10選!を紹介したいと思います。

注意書き(取扱説明書)

これはあくまでも、私の場合の例、たとえですから参考程度にどうぞ。でもみなさんにも当てはまること、たくさんありそうです・・・

能力的な理由ももちろんあるのでしょうが、私は一日、一年そのすべてを学校に捧げても自分で満足する仕事量、成果には達しませんでした。圧倒的な仕事量というのは現況では事実です。

しかし、その陰で(陰でもないです、実に堂々としています。日の当たるところで・・・)当然、アフター5、長期バカンスを満喫している教員もいるのです。(仕事量の不平等さはみなさんもこれから目の当たりにするでしょうが、ここではいったん置いておきます。)

そうなのです。自分に与えられたセクションの必要最低限のことをやってさえいれば誰も咎めたりなんかしません。それでもいいんです、許されるのです。自分がそれで満足するのであれば・・・

ご存知のように教師の仕事はここまででいい~というキリがまったくないのです。その線引きは当然、自分でしなくてはいけません。リーマン教員になるのも、シャカリキ情熱教師を目指すのもすべてはあなた次第。

あなたはこれからの教師人生でどのような働き方を選ぶのでしょう?いまからそんなことを考えておくこともちょっぴり楽しくて、あながち無駄なことでもないように思えますね。

Sponsored Link

私ができなくなってしまったこと10選!

①休みがまったく取れなくなってしまった=自分の時間ゼロ

教師になってから映画、TVの類はほとんど見た記憶がありません。

②創作活動やめてしまった

これまでさまざまな創作活動をしてきた私ですが、その時間がゼロとなり、この間はまったく発表もしていません。自ずから読書などの時間が大幅に削り取られ(仕事で必要とされる読書しかしなくなる悪循環)、地域活動その他友人との時間もほぼなくなりました。(学校内との同僚との付き合いが多くなる)

③旅行ゼロ

本当に一度も出かけられませんでした。修学旅行を除いては・・・・

④病院に行けなくなってしまった

⑤自己研鑽のための時間がなくなってしまった

なんとか捻出しようとはしていましたが、限度が・・・

⑥買い物の自由度がなくなってしまった

それでなくとも足りない時間を捻出するために手っ取り早く済ませられるコンビニ等の利用が非常に多くなりました

⑦人との出会いの場がまったくなくなってしまった

狭い学校内だけでの出会いです。老いも若きも男と女も・・・当然婚期は遅れる、出会いがあっても手っ取り早く身内(学校関係者)で・・・あるあるですね。

⑧金銭感覚がおかしくなってしまった

使うヒマがないのです。ボーナスで100万近くもらっても・・・ストレス発散のための爆買い。私の場合、それがクルマでした。これまで20台以上乗り継いできて散財の限りを尽くしました。

⑨健康な身体を失ってしまった

これは説明すると長くなりますが、私の退職理由はこれです。みなさんも私の二の舞だけは踏んで欲しくないです・・・

⑩家族との時間を無くしてしまった


いかがでしょうか?みなさんのこれからともまったく無関係のものばかりではなかったはずです。

教師になったとたん、自分の働き方=生き方の選択を迫られるのです。息つく暇もない感じで時間は流れていくでしょうから、いまのうちからこれからの自分について考えておくことは私はとても大切なことだと思います。

何かを得るということは何かを失うということです。

そのバランスが非常に大事で、これが崩れるとすべてにおいてダメージを喰らいます。このバランスも自分で考えていかなくてはいかないのです。

ある意味、教師は自分と生涯向き合っていかなければならない仕事といえそうです。

自分目指すものは何なのか?そのためには何を切り捨てなくてはいけないのか?

あぶとはちの両方を追い続けるのか?

すべてはみなさん次第なのです。

スポンサーリンク


 

-教師を志す人へ, 教育・教師
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「教える」ことと「教わる」こと!教師と生徒との微妙な関係! ♪「ふられ気分でRock’n Roll 」TOM CAT

「教える」ということは、創造的でその人の味が出る、本来たのしいもののはずです。また、「教わる」ことも同時に新しいことを学べるワクワク感が何とも言えないですよね。しかし、公共の学び舎である学校が、多くの …

教師のクルマトラブル6選!~家庭と自分を守るための危機管理~

教職員によるマイカー死亡事故、当て逃げ、飲酒運転~と毎日のように、どこかで誰かが悲しみのどん底に叩き落されています。被害者はもちろんのこと、加害者にだって守らなければならない人がきっといるはずです。 …

高校生の留年~いかにクラスに溶け込めるか?が鍵!~留年生の指導のあり方~

何日か早く生まれてきて、一歳違うだけなのに、留年生は「先輩」「~さん」などと呼ばれ別格扱いです。クラスは彼らなりに気を遣っているのでしょうが、実はいちばんいろいろと気を遣ってたいへんなのは、留年生なの …

全く経験も知識も、ついでに興味もない部活動顧問に!さあ、どうする?すべてはあなた次第!

水泳、バスケットボール、卓球、硬式テニス、陸上部~と、講師時代も含めて、これまで経験してきた部活動顧問そのすべてが運動部でした。陸上のみが学生時代競技歴がありましたが、あとはすべて未経験で中高生のころ …

本当に「学校の勉強は意味なく、社会で役に立たないのか?」~勉強自体がトレーニングである理由~

いつの時代も議論される「学校勉強不要論」・・・ですが、私が思う結論はこれです。「意味もないことをやるイミはない!」必要だからあるんです! 現実は、ある人にとっては思いっきり必要で役に立ちすぎ、一方ある …

カテゴリー

Sponsored Link