教師 教育・教師

「先生と呼ばれるほどの馬鹿でなし②」~自分で自分を「先生!」ってバカ丸出しで恥ずかしくないですか?~

投稿日:2018年10月21日 更新日:



突然ですが「先生方」は自分のことをどのように呼んでいますか?

僕、私、自分、先生~日本語ってTPOでいろいろ呼び方を変えられて便利ですね。でも私は、管理職、同僚、父兄、生徒・・・すべての人の前で一貫して「私」でした。

これは初任時から退職までず~っと貫き通すことができました。どういうわけか、自分の中では譲れない「柱」みたいなものだったのかもしれません。

想像したくもないけれど、自分で自らのことを「先生!」なんて呼んだら恥ずかしくって顔から火が出るかも?

自分で自分を「先生?」「〇〇先生?」ってエラソーで傲慢で高慢以外の何物でもないと思うのです。言うのも書くのも(よく寄せ書きなどに書いている人いるじゃないですか?)。

自分で言っている本人は、自分で自分に酔っているのかもしれませんが、私はバカ丸出しでとても恥ずかしいと思います。

何か勘違いをしているのではないでしょうか? 土台、「先生」という呼び方は「他人」に対する「敬称」であって、自分に使うものではないはずです。

世間でいわゆる「先生!」と尊称で呼ばれている、お医者さんだって弁護士、政治家だって自分自身のことを「先生」なんて呼んでいるの私は聞いたことがありません。どうやら教育現場に限っての特殊現象のようですね。

前に、「先生と呼ばれるほどの馬鹿でなし①」先生は先生をどう呼べばいいのか?~教師同士の呼び方呼ばれ方~で教師同士の呼び方呼ばれ方について詳しく話しましたが、民間からこの世界に入ってきた人たちは特に、この業界の異質さがハナにつくようです。

民間を長く経験して教師になったある同僚はこう言っていました。

「教員同士、みんな先生!って呼び合うのって慣れ合いみたいですごく気持ち悪いよね、なんか違和感ある」

「みんな、使い分けるの面倒だからかな?」

お互いがお互いを認め合い尊称で呼び合う空気に、彼は最後まで抵抗し続けました。私は自分で自分をそう呼ばないだけであって、さすがにそこまで徹底はできませんでしたが、彼はある意味、潔くカッコよかったです。

なぜって、一本筋が通っていて自分らしさを貫き通したのですから。絶対に他に媚びない人間だったのですが、かといって物腰は柔らかく孤高の存在でした。

管理職は「校長、教頭」、同僚は老いも若きもすべて「~さん」、しかし生徒の前ではすべて「〇〇先生」、そして父兄の前で他の教師を呼ぶ際には「呼び捨て」・・・と見事にTPOに合わせて使い分けていました。

因みに彼は自分のことは「ぼく、わたし」と呼んでいて、生徒は男女問わずすべて「さん」付けでした。彼の流儀によると、「さん」は敬称であり、「くん、ちゃん」はそうではないそうです。

彼はここまですべてが一貫して徹底していた故にカッコよく、みなからも一目置かれる存在であったのです。

よく、「児童・生徒との立場の違いを分からせるために、あえて自分のことを「先生」と呼んでいる」という理由を聞きますが、これは詭弁であることは言っている本人が一番よく知っているはずです。

学校、こどもたちのため家庭も持たず、顧みず、本当に身を粉にしてすべてを捧げている、神様のような同僚とこれまで一緒に仕事をしてきました。彼らはまちがっても自分自身のことを「先生」などとは呼びませんでした。それは彼らが持つ教師としての矜持が、そう呼ぶことを許さなかったからだと思うのです。

このような経験、理由から、私は自分で自分のことを「先生!?」と呼ぶ人のことは生理的に受け付けないのです。たとえいくら立派な人であったとしても。

退職してだいぶ日が経ちますが、いまでも私を「先生」と呼ぶ人たちがいます。そんな時、私はいつも自分で自分に言い聞かせるのです。

「おまえは、本当に「先生!」と呼ばれるだけのことをしている人間か?」・・・と。

呼び方ひとつでいちいちうるさい・・・という声が聞こえてきそうですが、教師として、自分で自分をどう捉えているか~ということはとても大事なことであり、教師であるならば何よりも「謙虚」であるという「慎み深さ」は忘れてはならないことなのです。

少なくとも「自分を先生!」と呼ぶ人たちからは、謙虚さ、他から学ぶという姿勢は感じられません。教師であり続けるのであれば自らを戒め、学び続けるというスタンスが何よりも大切なはずです。

生徒も教師も成長しつづける存在なのですから・・・

Sponsored Link





-教師, 教育・教師
-

執筆者:


  1. りか より:

    幼稚園で働いている者ですが、自分を先生と呼ぶ人からは謙虚さが感じられないという、偏った見方に少しショックを受けました。実習生の頃に憧れた先生、主任の尊敬している先生、仕事熱心で保護者や子どもたちからも信頼の厚い先輩…、私たちの職場では自分のことを先生と呼ぶことが大半ですが、(私、という呼び方は聞いたことがありませんが、どこかの保育現場ではあるかもしれません)、私が出会った先生たちみんな、一生懸命な方ばかりで謙虚な姿勢で様々なことを学び働いています。
    私もまだまだ未熟者ですが、子どもたち、保護者の方々、職場の先生方から日々学び、考えながら保育を行なっています。
    今後も学び続け成長をし続けたいです。とてもやり甲斐のある仕事で、プライベートの時間を削ってでも働きたい、挑戦し続けたい、…私の生き甲斐です。
    教育現場というより、こちらは保育現場ですが…自分の呼び方がどうであれ、自分は仕事をするにあたり子どもたちに何が出来ているのか、個性をさらに引き出すため、楽しんで通えるようにどんな工夫が出来るのかと日々悩み、成長していこうとしてる人がいることを知って頂きたくコメントをしました。
    この考え方も偏った考えなのかもしれませんが。
    長々と失礼致しました。

    • まめきち より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。
      保育の現場も立派な教育現場ですね。毎日お疲れ様です。
      私もりかさんの言われるように、自分で自身を「先生」と尊称・敬称で呼んでいる方でも、本当に日々身を粉にして生徒たちのために生きている人がたくさんいるのを知っています。
      しかし、あくまでも「先生」というのは「敬称」です。
      敬称というのは、通常相手、第三者に対して尊敬の念や敬意を表すために名前の後に付するものであり、その省略形が「先生」ですよね。
      調べてもらえばすぐお分かりかと思います。
      従って、百歩譲っても「自分自身」に使うものでは決してないのです。
      かんたんに言うと自分で自分を「~さん」「~様」と言っているようなものなのです。
      これは思いっきり恥ずかしいですよね。
      私はさすがに「保育」の現場の経験はありませんが、私が接してきた小中高生、そして浪人生の教育現場で自身を敬称で呼ぶ人などほとんどいませんでした。
      いるとすれば未だ指導経験が浅い新任教師ぐらいであり、もちろん指導教諭から厳しく指導されていました。
      小学校以下の乳幼児の世界で先生方が自身をそう呼ぶのは、立場の違いを子どもたちに理解させるためなのと現場特有の環境から来るのでしょうか。
      りかさんの言われるように、呼び方がどうであれ、」どう現場と係わっていきどう生きていくかが大切なことだと思います。
      ただ、私のブログ(といっても現在月間PV80,000程度のしょぼいブログですが)の主な読者さんは中高の現場教師、もしくはこれらを目指している学生さんですので、相対するのは子どもであっても大人になりつつある中学生、高校生です。
      間違った、正しくない呼び方などできやしないのです。
      保育現場の素人である私が、これらで働いている人たちの考えまで否定し、介入する気など毛頭ありませんのでご安心ください。
      人それぞれの考え方があって当然です。
      私自身はりかさんのように働き過ぎで身体を壊し、現場を去ることを余儀なくされました。
      りかさんもどうかお身体だけは、自分のためそして子供たちのためにもお大事にされてください。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

職員室、教師の人間関係!こうすればもっとよくなる!ちょっとした心がけと実践!

教師とは本当に特殊な仕事です。極端な話、ウマの合わない人たちとは、必要最低限の付き合いだけで済んでしまうこともしばしばです。そして、「先生方」はおおむね、自分の領域を侵されるのを極端に嫌い、ほめられる …

「近いよ!」女子生徒との距離の取り方~指導も超えてはダメな距離がある~

昨今の似非教員の破廉恥ぶりはとどまるところを知らず、最近のニュースでは校内で女子生徒といかがわしい行為に及んで懲戒免職になったことが報じられました。 生徒同士の校内での行為そのものは、教員を長年経験し …

生徒の誕生日にメッセージを贈ろう!~教師のクラスづくりのヒント~

担任を長年やっていると、時たま子どもたち、とくに女子生徒からプレゼントやらメッセージカードをもらったりするものです。 プレセントはいくつになってもうれしいもの。こういうホッとさせられるようななごみが突 …

モンスターペアレントとどう付き合っていくか?振り回されず、理解され主導する極意! 

「モンスターペアレント(ツ)」ってなんだかいやな響きです。オバケみたいで。教師を続けていると、こういった方々と接する機会は多いですね。対応ひとつを誤るとあとあとたいへんです。 それでなくとも多忙を極め …

教室カーストを学級経営に活かすために  ♪「賛歌」みのや雅彦

教室という狭い空間に、いつも同じメンツが長(超)時間に渡って拘束される現代の学校。横並び至上主義のもと、効率、コスパを最優先した結果、このようになったわけです。当然、息苦しさを覚え、新鮮な空気を求めて …

Sponsored Link

広告ユニット



Sponsored Link