教師 教師を辞めたいときに 教育・教師

ちょっと待った!教師教員の転職(辞めてから私が就いた仕事の数々)~後悔は後にも先にも立たず~

投稿日:2018年7月17日 更新日:

せっかく叶えた教師への夢。しかし、さまざまな事情で教壇を去ることを考えている先生方もいることでしょう。これまで、「教師を辞めたいときにシリーズ」などで「辞める!」と本当に決めてしまうまで、ワンクッション置くこと、そして辞めるのであれば何より自分の「力」を蓄えてからにしたほうがよいことを詳しく話してきました。

それでもなお、「辞める!」決心が揺るがない先生、次の仕事、やるべき仕事はもちろん決まっていますよね。退職願を出して伺いを立てて、退職の辞令をもらったその日から、先生はもう「先生」じゃなくなってしまうのですから・・・

学校を辞めてなお、学校に未練たらたらだった私のケース

私の場合、無職となった日から仕事探し~というバカの見本のようなコースをたどりました。からだを壊し、別の世界を見たくなって辞めたというのに、何ら転職の準備もせず「なんとかなるだろう!」と持ち前の能天気で乗り切ろうとしていたのですから何ともおめでたいです。

いろいろな仕事をしたかったはずなのに、実際に転職の様々な情報にふれても目が行くのは、やっぱり教育業界ばかりなのです。あらためて自分がどんなに学校が好きだったのかを思い知らされました。せっかくの機会なので、日本のいろいろな地を自分の足で踏んでみたい!という気持ちに駆られ、退職金を使い果たすつもりで始めたのは、京都、静岡、横浜、茨城などを駆けめぐった数年間の仕事旅でした。

この間、受けて実際に仕事に就いたのは、一部を除いてすべて教育業界でした。きっと公立学校とはまた違った視点、視野から教育業界を見てみたかったのかもしれません。このころは40になったばかりだったのと、同じ業界だったのが幸いしてか、打率は8割と高打率をマークしていました。具体的には、フランチャイズの雇われ教室長、通信制高校教員などでした。

Sponsored Link

地元に戻ってきてからの転職活動~辛酸舐めつくしすぎ!~

予定通り(?!)退職金を使い果たし、いろいろな地を回って自分をあらためて見つめなおすことができたのはよかったのですが、地元に戻り、はて、困りました。年齢はすでに40も半ば、そして首都圏のように仕事も多くの中から選べず、当然高望みなんてできるはずもありません。

こういった悪条件の中、教育業界も含めた私のトータル打率は3割を切るまでに落ちていったのでした・・・これまでの放浪の旅で「自営」という道が見えてはきたものの、何を始めるにしてもまずは食べていかなくてはなりません。ごはんのために、働かなくてはならなかったのでした。

いまでこそ、自営で自活しておりますが、地元に戻ってからは学童、私立学校などの教育業界は比較的やさしく私を受け入れてくれましたが、異業種では面接までたどりつけず涙を呑む日々が続きました。この間、の合格、就業状態は以下になります。

①合格&就業(原発放射能測定員、市役所臨時事務職員、PC動画編集員、結婚相談所営業事務員、大手住宅メーカー営業、学童保育指導員、私立女子校講師などなど)

②不合格(自動車事故損害調査員、健康器具販売員、地元住宅メーカー営業、幼稚園教諭補助、神奈川県教員採用試験(経験者枠)3年連続不合格などなど)

転職遍歴からわかったこと、気付いたこと

私のように40も近くなってからの異業種への転職は、よほど本人に「チカラ」がない限り自殺行為になってしまうことは、ほぼ間違いありません。もちろん、私に力、そして魅力がなかったであろうことは否定できませんが、何も私だけに限ったことではないようです。

そしてこれらは、教員の転職に限らず、他の業種、業態の方の転職にもあてはまることなのです。教師に限らず、30代半ばを超えてからの転職活動はより慎重にすすめていかなければならないのです。同じ教育業界に転職するのであっても、まさか20代のようにその人の持っているポテンシャルに期待なんかされるはずもなく、即戦力でなければ、とてもとても採ってなんかもらえません。

いま、何ができるか?何で貢献できるのか?しか問われないのですね。厳しいですけれど、これが現実です。この歳になってからの営業、企画、総合職などへの転職はよほど強いコネクションがあるか、即戦力を身に着けていない限り、まず無理~と思っていたほうがいいかもしれません。

私は気付いたのです。教員・教師は転職には向いていない人種なのだ~と・・・考えてみればなったら、なれたら一生モンの仕事であるし、一生続けることが前提の仕事なんですね。

Sponsored Link

教師が転職に向いてないワケ!

教師になったその日から初任研があるとは言え一人前として扱われ、「せんせい、先生~」と連呼される~学校教師以外にこのような仕事、私は見たことも聞いたこともありません。そして、赴任初日から、教育サービスの対象である児童生徒に指示出しまくりです。

子どもが主役であるはずの学校なのに、自分が主役でいないとイヤ、自分が主人公のような気分になっている教員って結構いると思います。民間企業行ったとして、自分中心にまわってる~なんてシアワセ気分に浸れるのはキョウビ、かなり儲かっている社長さんぐらいでしょう。

殿様気分だけが、民間との落差ではありません。意外なところにそのGAPはあるのです。教師として学校で生きていくなかで蓄えられるスキルとは、人に寄り添い見守り援助していくチカラ、人をまとめ、導いていくチカラ、同僚を含めみんなとうまくやっていくチカラ~このようなスキルだと思うのです。

この蓄積された経験が、教育業界以外の業界が必要としているスキルとは悲しいことにマッチしていないのです。強いて言えば、コミュニケーションのチカラだけはどこへ行っても必要とされるでしょう。クラス、部活、授業~と自分が絶えず中心になって狭い学校というハコの中で生き続けてきた人が、いきなり広い世界へと放り出されても、そのギャップに悩むことになるのも分かるような気がします。

だって、学校以外の職場で、いきなり自分が主役になれるところなんてないんですもの。それに加え、教員であった場合、これまでの自己の実績をアピール(数値等で)することが困難なことも教師の転職を難しいものにしているのです。

塾であればどこに何人合格させた、何点UPさせた~と実績を数値で示しやすいかもしれません。しかし、泥臭く、地道にはいずくばって生徒指導畑を歩いてきたおじさん先生などはどう、実績をアピールすればよいのでしょうか?学校内であれば、一教員のこういった流した汗と流した涙も「努力」として評価もしてくれますが、民間ではそうはいきません。「はぁ~」となって、努力するのなんて当たり前、「ところで結果は?」となること必至です。

このような学校と民間企業との著しいギャップに気付いていない転職予備軍は多いと思います。何はともあれ、まずはこのギャップに気付きこれらを埋めることから始めなければならないのです。

スポンサーリンク

それでも転職に向いている教員はいる・・・

これは前にも話しましたが、冷静沈着に自己分析ができていて、いまの自分のパワーをさらに更に磨き伸ばしていくための努力を怠っていない人です。こういった人は当然、自分がやりたいこと、なすべきことの未来予想図がきちっと描けているのです。それも思い付きなどでは決してなく、かなりの時間をかけて着々と準備をすすめているのです。

人の成長を援助するよりも、自分の成長に何よりも喜びを感じるような人が向いているのです。彼らは学校だけでしか通用しないかわいそうな人では決してなく、学校というカゴから飛び立っても立派にやっていけること請け合いです。みなさんの周りにもいませんか?なんでこんな優秀な人が教員やっているんだ?~って人が・・・

裏を返して言えば、そのような優秀な人が自己のチカラを存分に試せる民間を蹴ってまでも、学校という場所には筆舌に尽くしがたい魅力がある~ということなのです。このことはとても大切なことのような気がします。

やっぱりそれでも教育業界、それも学校!で働きたい!

勢いで辞めてはしまったものの、学校が子どもが懐かしくて仕方がなくなる人もきっといるはずです。それまで教諭、専任であっても辞めれば「ただの人」。自治体によっては経験者枠での採用もありますが、新規採用以上の超難関です。

「講師差別、教諭、常勤、非常勤ぜんぶやってみてわかった非正規のツラさせつなさ」でもちょっと話しましたが、私自身も非正規の現状は痛いほど味わってきました。学年主任を務めていた自分が、いざ非常勤で働くことになり、全体集会の教員紹介で一番最後になったときはちょっぴりセンチな気分にもなりました。

辞めてしまっても、やっぱり好きなものは好き!自分のこころだけはごまかせないような気がします。こういった人は自分の心に素直になってみるのもいいかもしれません。待遇(金銭的、身分的)なんて気にせず、場所にこだわらなければ、よほど特殊な教科、校種でない限りあなたを迎えてくれるところはきっとあることでしょう。そのうえ、いままでの経験もまったく無駄とはならないのです。

もう学校はたくさん!教職経験を活かして塾?!

これまでの学校での自分のスキル、経験を活かしたい!と考えるのも当然です。しかし、ちょっと待った!!前にも話しましたが、学校と民間とのギャップを埋めないままに塾業界に飛び込んでいくとひどいヤケドを負ってしまうこと必定です。学生気分でパート・アルバイトで働くのとは事情がまったく違うのですから。

フランチャイズの雇われ教室長にしろ、自分で塾を開くにしろ、そこは遊びボランティアなどではなくビジネスなのですから、経営を成り立たせなくてはいけないのです。至極当たり前のことではありますが。

部活動はないし、生徒指導などに多くの時間を割かれることもあまりないかもしれませんが、児童・生徒の成績上げて、○○高校に何人合格させてナンボの世界ですよ。ご存知だとは思いますが。生徒も親御さんも学校のようなヒュウマンな触れ合いなどはなっから期待していませんし、そんなの前面に出したらウザがられること必至です。塾には成績アップ以外の何物も期待などしていないのです。

私の場合、免許が高校商業でありましたので、主要教科の教科指導は塾、家庭教師などでかじった程度でした。そこで教科の指導法の研究をかなりリキを入れやり直しました。学校時代以上に、教科の指導力が厳しく問われるのですから私も必死だったのです。

教科指導に特化したい!教科指導に命を懸けている!~なんて人にはピッタリかもしれませんね。しかし、ちょっとだけ待った!!その塾がフランチャイズの雇われ教室長であったらとてもとてもたいへんですよ。私は愛知に本部のある、かの大手フランチャイズ塾の教室長をやりましたが、とにかくやること、やらなければいけないことが学校時代並みに多すぎて難義しました。

本部、各教室とのやり取りの文書フォームの多さと分かりづらさ、そして近隣教室との合同会議の多さ、長さにも閉口しました。おまけにバイト講師は学生のノリで片手間って感じですから、平気でドタキャンの嵐。その穴埋めは当然教室長です。学校時代とはまた違った種類のプレッシャーがたくさんありますよ。

やはり、塾をやるのであれば完全に個人で自分で始めてしまうか、ビジネスオーナーとなり、教室長を雇い、自分は講師として授業だけを担当し、あとは経営、管理だけに専念する~というのがおいしいとこ取りでいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

塾も学校もイヤ!でも子供と触れ合う仕事がしたい!

こうなったら残された選択肢はごくわずかになってきます。以前私が勤務していた「学童保育」、そしていまの「放課後等デイサービス」などに絞られてくるでしょう。これらは学校ではありませんし、教科指導力などを厳しく問われることもまずありません。

しかしです。ご存知であるとは思いますが、待遇面それも金銭面で疑問符がつくでしょう。仮に学童保育の正規職員として勤めることができたとしても、首都圏でよくて総支給額で22~23万円、地方に行けば13~15万円なんてザラです。放課後デイにいたっては、これも仮に児童発達監理責任者の資格要件を満たしていたとしても25~26万円がいいところでしょう。教師時代より確実に、それも大幅に給与ダウンすることは間違いないのです。

しかしです。とにかく、忙しくてあっという間でも、学校、塾にはない、独特のおおらかさ、自由な雰囲気がたしかにあるのもまた事実です。放課後デイにいたっては資格要件が厳しくなりましたが、学童はまだまだ無資格で働いている人も多い現状です。教員免許、保育士などの資格を持っている先生方は歓迎されることでしょう。待遇面にだけ目を瞑ればこのような働き場所も実際あるのです。

学校、塾、教育業界、民間企業みんなイヤ!そんな人は・・・

自分で何かをはじめてください。やりたい仕事がなければ、自分でつくっちゃえばいいだけのことなのです。私だって紆余曲折はありましたが、なんとか自活できているのですからみなさんにできない訳ありません。確固とした信念さえあれば、あとはなんとかなってしまうものです。不断の努力も当然、必要ではありますが。

しかし、ノラ犬は野良犬なりの覚悟が必要なのです。飼い犬である限り、住む場所とごはんは約束されていますが、ノラの場合自分でえさを取ってこなければ、即飢え死にです。この覚悟さえあるのであれば、独立開業、自営という道も、いまスグとは言いませんが選択肢の一つに加えて欲しいと思うのです。学校にはない、実力勝負の世界にしかない魅力にあふれている世界です。

やりたいこと、やるべきこと、ミッションが明確であり、覚悟と起業にかける熱い思いがあればあとは、突き進むだけです。

私は教師として働いてきた経験が無駄だったと思ったことは一度もありません。子どもたちと、同僚たちと学校で過ごしたあの日々は私の大切な宝物です。昔は自身を振り返る余裕などまったくありませんでしたが、いまは懐かしく昔を思い出すことができます。

人生は何かをなすにはあまりにも短すぎます。迷われているこの一時も確実に、刻一刻と削り取られていっているのです。あなたも私も着実に死へと向かっているのは紛れもない事実です。残された時間、どう使いどう活かしていくか・・・決めるのはいまです。

進むも引くも、その人本人次第で天国にも地獄にもなり得ます。どちらに進んだとしても正解などないし、間違いでもないような気がします。あくまでも最後に決断を下せるのは、人生というステージの主役&監督&シナリオライターである、先生、あなたなのですから。

 

 

-教師, 教師を辞めたいときに, 教育・教師
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

社会人から教師を目指そう!通信制大学☆  ♪「美しき狼たち」水木一郎

教師への道は何も一つではないのです。社会人を経験したあなたの経験は、必ず教育現場でも生きます。しかし、晴れて教師になるまでには、多くの困難も伴うのもこれまた事実。実際に通信で教員免許を取得して分かった …

うまくいかない親子関係~すべてを受け入れ、親をまずは認めることから~

一生付き合っていく人間は、配偶者を除くとやっぱり最後は親ですよね。血のつながりは切っても切れないもの。それだけに、うまくいかなくなったり、こじれたりしてしまった時のダメージ、ツラさは半端なものではない …

昼食は生徒と一緒に食べるもの~高校教師のお昼事情~

みなさん、毎日のお昼、きちんと摂れていますか?昼も何かと忙しいですよね。職員室、分室等でのお昼もそれなりになごめますが、生徒と一緒に食べるお昼はまた違った味わいがあるんです。 みんなでワイワイ食べるご …

全く経験も知識も、ついでに興味もない部活動顧問に!さあ、どうする?すべてはあなた次第!

水泳、バスケットボール、卓球、硬式テニス、陸上部~と、講師時代も含めて、これまで経験してきた部活動顧問そのすべてが運動部でした。陸上のみが学生時代競技歴がありましたが、あとはすべて未経験で中高生のころ …

修学旅行中は勤務時間?引率中に風俗店員を呼んだ小学校教諭懲戒免職事件で大事なこと 

修学旅行児童を引率中だった徳島県の小学校の男性教諭(28)が派遣型風俗店店員を自身が宿泊するホテルの個室に呼び、女性従業員とトラブルになったとして、同県教育委員会は、昨年11月10日、この教諭を懲戒免 …

カテゴリー

Sponsored Link