教育・教師 生徒指導/教育技術

教育格差はなぜ起きる?~家庭、子どもの貧困問題と学校、教師はどうかかわっていくべきか?









建て前では、すべての子供が等しく学ぶ権利を有することになっていますが、昨今の教育格差進行の加速化は見逃せません。家庭、子どもの貧困対策について考えるとき、学校・教師が果たすべき、果たせる役割は大きいものがあります。

日々の生活に係る経済的援助だけをとってみても、高等学校であれば就学支援金、奨学給付金などのような様々な援助の窓口となり、進学に当たっては多種多様な奨学金制度の情報を提供し、一緒に考えていく必要があります。

お金に係ることだけでなく、家庭での虐待等、心身の貧困とも学校、教師はあえて目を背けるのではなく、これからは正面切って向き合っていかなければなりません。しかし、教師が子どもに精一杯寄り添っていくと言っても、おのずから限界があり、できることと出来ないことがあります。自分の子供のように、すべてを投げうってまで尽くすことなどできるはずないのです。

まずは、すべてを背負い一人で何とかしていく~などという青臭い考えは捨てるべきだと私は思います。自分が学校という枠の中で果たすべき役割、自分ならできることをその子供のために考えていくしかないと思うのです。

自分がかかわっているこどもは、何もその児童生徒だけではありません。その子供一人にかかりっきりになった場合、おのずから他の子どもには目が届かなくなっていきます。

その子供のために一途になるのはスゴイことかもしれませんが、全体の奉仕者であるはずの教師は、絶えず全体を鳥瞰するようなバードアイビューを絶えず持つべきです。今回は、一教師としてこどもの貧困のためにできることを一緒に考えていきましょう。

学校、教職員だからこそできること・・・
負の連鎖は断ち切れるか?

受けるいわれのない虐待等の辱めを受けている子どもたちを何も、国、文科省も放っておいているわけではありません。最近では、スクールソーシャルワーカーやスクールカウンセラー等の予算を取ってさまざまな施策を試みていますが、まだまだ悩める子どもたちにとっての完全な対策とはなってはいない現状です。

それでは、このような解決すべき問題に対して学校、特に教師は何をなすべきなのでしょうか?一番大切なことを先に言います。それは日々こどもたち、家庭と接している教職員には、さまざまな支援を必要としている子ども、家庭を正確に把握するチャンスがあるということなのです。

本当は行政等の緊急な支援が必要であるのに、そのような情報を得ることができないばかりにほんとうに必要な支援が受けられずにいる家庭、子どもがたくさん実際存在します。こういったこどもたちが教育的不利益を被ることだけは、教師として何とも耐え難いはずです。

当然ですが、問題は学校でそのすべてが解決するわけではなく、行政をはじめとした諸機関との橋渡し的存在をもつとめなくてはいけないのです。しかし、この重要な役割を担っているはずの学校、教師が十分な役割を果たしているとは言えないでしょう。

こどもたちと向き合うことが大切であるのに、満足な時間も取れずこれまで私自身も何度もそのチャンス、子どもたちのサインを逃してきました。こういった私自身の反省から、クラス開きの時から、父兄こども向けのクラス通信で、支援を必要としている家庭には、さまざまな支援が受けられる方法があること、またいつでもこういった相談に乗ることができることを折を見て触れておりました。

それだけではなく、生徒に向けてSHR、LHR等でもメッセージを発信し続けました。

しかし、いくら情報を発信し続けても想像されるように、なかなか家庭は学校、担任に相談しようとはしません。彼らにも当然自尊心というものがあり、公的扶助、各種サービスを受けることができるのにあえて困難な道を選ぼうとします。

私の経験からすると、こういった家庭の援助のためには時間がかかります。まずは信頼関係を築いてからです。そして、福祉サービスを受けることの必要性と何よりこどものために今、必要なことを根気強く説いていくしかないのです。




情報を提供していくことの重要性は分かりました。それでは、他に教師として何ができるでしょうか?そうなのです。先にも言いましたが、日々、児童生徒とかかわっている教職員には、いち早くこどもの助けて!サインをとらえるチャンスがあるのです。

何気ない普通の会話から、五感をフル活用して生徒の変化、異変に気付くよう神経を尖らせておく必要があるのです。

教師を長年続けていると、惰性で楽なほうに流れたり、いつもどおりのやり方で済ませようとしていく傾向があるようです。果たしてそれでよいのでしょうか?日々、子どもたちは変化しつづけ、毎年新しい子どもたちが入ってきます。対処の仕方としてのルーチン化は危険がありすぎです。

教師であり続ける限り、生徒の変化、異常にいち早く気付けるような準備が必要なはずです。

弁当を作ってももらえず、買うお金ももらえず、
そして僕は途方に暮れる・・・

家庭が経済的に貧しいため、昼食時の弁当が買えず一人、昼休みが早く過ぎ去ってほしい~とただただ思っている生徒、各種納入金が払えず、絶えずビクビクしているようになってしまった生徒・・・すべて、彼らに罪はないのです。

貧乏、貧困、お金がないことは罪なことでしょうか?最低限満たされている人たちはきっとこう言うはずです。「自己責任だよ!」果たしてそうでしょうか?

好きでそうなっているわけでもなく、働けど働けど一向に貧しい家庭は実際、存在するのです。こういった人たちが切り捨てられていく社会は健全とは言えません。

そこで相互扶助の考えから一歩踏み出して、一方的に分け与えるのではなく、こういった人たちを変えていく仕組みづくりを提案します。こういった人たちが必要としている各種サービスが誰にでも分かりやすく、利用しやすいものにしていくこと、経済的に苦しいのであれば稼ぐ力を付けるための教育を施すことです。これらは絶対に必要です。

一時の施し(ほどこし)でお腹は満たされても、明日の糧とはなり得ないのです。明日になればまた当然お腹もすいてきます。これまで、学校ではお金に関する教育はほとんどされてきませんでした。私の校種は高校商業ですが、お金を扱う学問の商業教育でさえ、貧困と真面目に向き合ってきたとは言えません。

そこで、校種問わず学校でも金銭教育を広く浸透させていく必要があると思うのです。遅かれ早かれ社会に出ていく彼らに、お金の問題は絶えずついていきます。なぜ、これまで金銭教育に日本は目を背けてきたのでしょうか?

それはお金は汚いもの、お金の話をするのははしたない~といった日本独特の考えが根底にあるような気がしてなりません。暴論かもしれませんが、英語、プログラミングなんかを小学校でやるよりも、金銭教育、消費者教育などお金にまつわる知識技術の教授を教科として確立してもらいたいものです。

私がはじめて担任を持った時のことです。昼食時はいつも、行き場を無くして校舎の片隅で時間を潰していた女子生徒がいました。最初、私はどう対処していいいか分からず、私の買った弁当を半分、分けていたりしました。今思うと、なんて無神経でひどいことを彼女にしてしまったんだ~と思うのです。




彼女のプライドはさぞ、ズタズタにされてしまったことでしょう。そんなちっぽけな一時の施しなど何の助けにもならなかったはずです。彼女のはにかんだ様な、作り笑いが今でも忘れられません。こういった現実を目の当たりにして本当にショックでした。

自分がこれまで生きてきた中で、日々のごはんに事欠く、ひもじい思いなど一度もなかったからなのです。それまで自分では、当たり前と思っていたことが当たり前ではなかったのですね。

貧すれば鈍する~という言葉があるように、すべてにおいて最低限が満たされていなければ当たり前ではありますが、学校どころではないのです。こういった隠れたサインを絶えず発し続けている子どもたちへの日々の目配り心配りが教師に今、求められているのです。

子ども、母親共に毎日毎日休みなく働いてもなお、日々の弁当を買うお金のことを心配しなくてはいけないのです。父親が借金を作って蒸発してしまった家庭だったのです。私の反省ですが、教師の経済的状況が一般家庭でも当たり前などと思ってはなりません。

教師はかなりかなり、あらゆる面で経済的には恵まれすぎています。ある程度年齢がいき勤続年数もそれなりである教員夫婦家庭では世帯年収は2,000万円近いでしょう。

Sponsored Link

子どもは、親(の所得)と出生地は選べず
みんなそれぞれ・・・が許される社会に

生まれた家庭、地域など子どもが自分で選べるはずもありません。子どもにはなんの罪もないのです。しかし、この生まれの偶然、巡り合わせが「学歴格差」となり、連綿とその子の子どもの世代にまでこの「教育格差」が受け継がれてしまっているのが現状です。

教師として数校を経験した方なら、この格差には気付いていることでしょう。高校で基本的生活習慣等のしつけが必要な「教育困難校」とハイパーな進学校とでは、ご存知のように家庭、父兄の教育にかける意識から経済的状況、経済力までまるで異なります。(あくまでもアベレージ的なことを言っております、ここでは)

教育困難校の父兄はどうしても学歴も高校卒業どまりであり、進学校の家庭では当たり前のように大卒ばかり・・・とは容易に想像がつくことと思います。

野口英世先生のように、家庭の貧困、出生地をものともせず、わがの努力とまわりの人たちの援助と導きで大成した立派な人ももちろんたくさんいるのでしょうが、たいていの子どもたちは、生まれた家庭と地域から多大な影響を受け、この逆行を跳ね返すのはたやすいことではないのです。

本来、いろいろな境遇の家庭、子どもたちがあって、いて当然のはずなのですが、しかし、現在に至る明治以降の近代化教育は均一性、画一性を私たちに求めてきたきらいがあり、そこから異質なものを排除する傾向が生まれてきてしまったようです。

こういった他とは違った人、劣っている者に対する排除の心というのは、いじめや差別の萌芽とはなり得ないでしょうか?教師であるならば普段から学校、クラスあげて、いろいろな人間がいて許される、お互いに協力、助け合う全体の雰囲気をつくりあげていかなければならないのです。

そして、一人ひとりに優しく、時に厳しく寄り添っていく教職員の双肩にこどもたちの未来がかかっていることを、もう一度再認識すべきだと私は思うのです。

学校もまた、いろいろな教職員、そして子供たちがいていい場所のはずなのですから。













-教育・教師, 生徒指導/教育技術
-, ,

© 2020 ユメザス〜人生すべてネタ!ユメをメザスあなたのためのユメザスネット!〜 Powered by AFFINGER5