教育・教師 生徒指導/教育技術

教師からの一言!今でも覚えています①  ♪「ありがとうForever・・・」西内まりや

投稿日:2017年6月5日 更新日:

ちょっと昔のあなたを思い出してみて!幼・小・中・高・大となが~い学校生活の中で、教職員からかけられた何気ない一言に勇気づけられたり、逆にグサリとさせられたり~の経験がきっとあるはずです。私もそう。今回は、心に残っている教師の一言を紹介します!「ことば」、一言でも何と重みのあるものなのでしょう!まるでいきもののようです!

 

たかが一言、されど「ひとこと!」

学校が大嫌いでした。友達もそれなりにいて、勉強もそこそこ。しかし、みな横並びの学校がどうしても好きになれなかった。常に支配したがる教員たちにも抵抗がありました。どちらかというと、傷つけられた経験(もちろん、自分では気付かぬうちに私も人を傷つけてきたことでしょう)の方が多く、こちらのほうがとても鮮やかなのですが、先生の一言に救われたこともたくさんありました

教師も人間。こころの底から出てきて、児童生徒を勇気づけることばも実際あるでしょうが、ことば遣いのプロとして、生徒をよりよい方向へ導かんとしてあえて「ひとこと」を発したりもするのです。この使い分けも教師の教育技術としてとても重要なものになってきます。「本音」丸出しだけではカドが立ち、「あえて」だけでもつまらない~むずかしいですね。


このさじ加減が難しいところですが、こればかりは頭で考えただけ、わかったちもりになっただけではどうしようもないのです。実際、私がそうでした。若いころは本音丸出しで、よく生徒とぶつかったものです。相手はこどもなのに。妙に熱く、いつもカッカとしていました。

何に気を付けて言えばよいのでしょうか?「あえて」言うのでしたら、「共感力」がキーワードになるかもしれません。「こんなこと言ったら、どう思うかな?」相手を思いやれる気持ちと余裕です。

そんな私が一番元気づけられた一言を紹介しましょう。

 

「山椒は小粒でもぴりりと辛い!」

中学時代、とても小さかったのです。担任は体育教師で粗暴&短気!理由も聞かず、訳も分からず何度平手打ちされたことか。私のことを嫌いだから殴るだと思っていました。そんな担任が言った「ひとこと」がこれなのです。

新学年始まってすぐの体育祭で、リレーメンバーをだれにするか学級会で話し合っていました。私の名前が複数のクラスメイトから上がってきます。前のクラスメイトが、私はそれなりに速いということが分かってのことだったのでしょう。しかし、新しくクラスメイトになった男子から「チビだから遅い!」という檄が飛んだのです。そこに担任の「山椒は小粒でもぴりりと辛い!」と、さえぎるような大きな声!当時中2で恥ずかしながら、このことわざの意味を正しくは理解していませんでした。みんなも同じような感じで、ちんぷんかんぷんそうな顔をしていた。家へ帰ってから、なぜか気になり辞書で調べてみました。


山椒(さんしょう)は小粒(こつぶ)でもぴりりと辛(から)いとは、体は小さくとも才能や力量が優れていて、侮れないことのたとえ。」とありました。びっくらこいたのは言うまでもありません。なぜかって、自分のことを勉強等の面からだけでなく、人間的に見ていてくれてたんだと初めて気付いたからです。これまでさんざん殴られてきた恨みつらみも、なぜか不思議なことにすっきり吹き飛んでしまったのです。

今や図体は大きくなってしまいましたが、この山椒の気持ちを忘れたくはないです。「ひとこと」の持つ、意味の大きさとパワーに気付かせてくれた先生、ありがとうございます!たくさん殴られたこともいまでも覚えてますが・・・


 

悪口は陰でも日向でも決して言うまい!

このように、教師の発する「ことば」は口をついたとたん、教師のもとを離れ一人歩きしていくのです。そこからは受け手のとらえ方により、まるで生き物のように変わり続けます。それならば、教師はその時の感情に任せてしまうのではなく、児童生徒にとってプラスになるような勇気づけ、明るくさせるようなことばを使うべきなのではないでしょうか。

「勇気づけられた、認められた、分かってくれた」というプラスのことばの対極に「傷つけられた、認めてくれなかった、分かってくれない」というマイナスのことばが必ずあるからなのです。

別におだてたり持ちあげろと言っているのではありません。プラスのことばにパワーがあるのならば、あえてこどもを暗くさせたり傷つけたりすることばを選ぶ必要はないと思うのです。「さすが!」「やるね!」「いいね!」「よかった!」「がんばった!」こんな一言がどれだけこどもを勇気づけることでしょう!ことばはこれだから素晴らしく、そして恐ろしいのです。私も常に自らを振り返りたいと思うのです。


 

そして、結論!

ことばは言霊!

このばの持つパワーと恐ろしさを再確認!

明るいことばを使おう!

人にことばで傷つけられたなら

明るいことばで返してあげよう!

Sponsored Link


「ありがとうForever・・・」 詞曲歌 西内まりや



 

-教育・教師, 生徒指導/教育技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

修学旅行中は勤務時間?引率中に風俗店員を呼んだ小学校教諭懲戒免職事件で大事なこと ♪「ぼくたちの失敗」稲田麗奈

修学旅行児童を引率中だった徳島県の小学校の男性教諭(28)が派遣型風俗店店員を自身が宿泊するホテルの個室に呼び、女性従業員とトラブルになったとして、同県教育委員会は、昨年11月10日、この教諭を懲戒免 …

公立 or 私立 ? 高校教師「なるならどっち?」違いと特性からの選択②~もう一つの視点~♪「エンドレスドリーム」森口博子

前回、教員採用試験を控えた「未来の先生」へのメッセージとして、「公立vs私立高校教師「なるならどっちだ?」違いと特性からの選択」の中で、その選択のポイントを私立学校の特性から切り込んで話しました。 い …

心に響かなかった頭髪指導の失敗例    ♪「ギターを弾く君の髪はそよ風に揺れて」マナカナ「金髪のジェニー」

前回「なぜ茶髪はだめなのか?頭髪指導の是非」で茶髪について教師のたてまえと本音についてはなしましたが、一番大切なことについて話すのを忘れていることに気付いたのです。「時間はかかったけれど、多数の理解は …

なぜ手が先に出てしまうのか?なぜ暴力はいけないのか?~暴力に頼らざるを得ない悲しい教員~

結論から言います。教師に暴力が許されるのは、児童生徒の心身に危険が及んだ時、暴力によらなければその危険が避けられない時のみです。心身の「心」としたのは、最近は人間の尊厳を著しく貶める「言葉の暴力」もあ …

いじめに悩んでいるあなたへ!解決への道のり④ ♪「少年の翼」BLOW

これまで全力でいじめと闘ってきたあなた。よくここまで頑張って耐えてきました!しかし、状況は変わらない・・・しかし、まだあきらめるのは早いです。究極の、それも100パーセント近い確率で「いじめ」をストッ …

カテゴリー

Sponsored Link