自分と向き合う

いまさら人生論、人はなぜ生きるのか?人は人、自分は自分!ちっぽけでも大事なルールを持て! ♪「おもいで岬」新沼謙治

投稿日:

あなたは、人生について考えたことがありますか? 人はなんのために生きてるのでしょうね。
自分の使命を果たすため、人生を楽しみ幸せになるため、人のため・・・みんな「ため、ため、ため・・・」と、なんか人生の目標がないと生きてちゃだめな感じアリアリですね。そんなことないのに。
ただなんとなく生きていくのだって結構シンドイこの世の中、いまさらだけど「人生」、「生きること」について考えてみることも悪くないでしょう。
別に無理して「しあわせ」になろうなろうとなんかするからみんな疲れちゃうような気がするのです。
ラクに考えることは大切! しかし、世界でたった一人きりのあなたの人生はあなただけのかけがえのないもの。
マジメに自分の人生について考え、悩み、生きていくこともまた大事なことのはずです。
生きている時間はみんな限られているのですから・・・

比べることのむなしさ・・・自分の軸をもつことの大切さ!

毎日のように、さまざまなメディアに幸せそうな人たちがこれでもか?というくらいあふれています。SNS等で自分のリア充ぶりをひけらかし自己満足?!に陥る人たち・・・本当にみんな、「幸せ」なんでしょうか?
どうも、今の世の中、しあわせを煽(あお)り、なんでもかんでも消費させ「しあわせでなくてはいけない!」という強迫観念に私たちは囚われてしまっているようです。そんなに無理してしあわせになろうとなんかならいでもいいのに。

こういう時代だからこそ、見せかけの幸せに惑わされてはいけないと思うのです。
「自分は何を求めているのか?」
 「何がしたいのか?」
これが実はいちばん大切だと思うのです。みんなの幸せは私のしあわせではないかもしれません。
それなのに、みんなと同じでいないと不安でたまらないなんてちょっとおかしいじゃありませんか?

夢、幸福を追い続けることも大事、しかし現実を直視し日常を大切にするとはもっと重要!

いまの自分は本当の自分ではない・・・自分は何かができるはずだ・・・
随分となが~い間、「未来の夢のために今がある、いまがんばらないといけない!」という考えに囚われ、その目的のために修業僧のような生活を続けてきました。
そのためにはすべて日常を犠牲にし、さまざまな人たちに迷惑をかけてきました。
ほんとうにそれでよかったのでしょうか?
そんなはずはないです。私を取り巻く人たちにも日常があり、夢があり、しあわせになる権利があったはずなんですから。
夢を追い続けるあまり、現実を直視することなく日常をないがしろにしてきたのです。

スポンサーリンク


夢は「みる」ものだけではなくて「実現」させるものであるはずです。
そして、しあわせは「なる」ものではなくて、ひとそれぞれの「感じ方」の問題だと思うのです。

「なる」ことにこだわるあまり、日常を疎かにし人に迷惑をかけていたのでは、日常にこそ潜む「しあわせ」を見逃していってしまいます。
しあわせはの郵便は日々、誰にでも届けられているのだと思います。
ただ、〒ポストをあえてあけようとしないでいたり、ポストを見るのを忘れてたり、ポスト、手紙の存在に気付こうとしないだけなのです。
つまり、「夢」を追いかけ「実現」させるプロセスの中にも、実は「しあわせ」があるのではないかということです。

現実と夢の距離が遠ければとおいほど、シンドくて途中であきらめたくもなります。
でも、苦しみの中にこそ、見い出せる「光」というものがあるのではないでしょうか? 
そうです、日常こそがリアルなのです。
日常を疎かにする人に未来はありません。
未来の夢は日常の積み重ねにすぎないのですから・・・

夢、しあわせ・・・その先にあるもの・・・

人は自分がしあわせになることと同じくらい、人の幸せをも願うことのできる生き物です。
せっかく巡り合わせた人生です。
誰かのために生きてみるのもいいかもしれません。

近くのひとたちはもちろんのこと、「他人」に対して自分は何ができるか?何を提供できるか?
足らないものがあるならば、距離を縮めるためにどうすればよいか?
人生のゴールまでやることいっぱいです。

その先に見えてくるのがほんとうの「しあわせ」のような気がして私はならないのです。

そして、結論まとめ!

生涯、夢追い人

辛いけど、現実を直視する勇気を!

自分には今、何が足りないのか?

いまは自分、まわりのために!

そしていつかは、他人のために!

「おもいで岬」ニイケンデビュー曲 詩 阿久悠 曲 川口真 歌 新沼謙治

-自分と向き合う

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分「らしさ」ってなに?そんなものあるの?!♪「サヨナラから始めよう」T-BOLAN

そもそも「自分らしさ」って何?分かったようで、まるっきり分からず、微妙で危なっかしいこの「自分らしさ」について今回は考えてみました。わからないので、まずは辞書を引いてみました。「その人、独特の性質、性 …

今日、何もしないであっという間に一日が過ぎ去ってしまったあなたに!♪「からたちの小径」  南こうせつ

残された時間を計算してみよ! 時間だけは私たちに平等に分け与えられている・・・・ 確かに数値的にはそうかもしれませんね。 しかし、自分の可処分(かしょぶん)時間(好きにしていい、自由になる時間)をきち …

「足るを知る」中野孝次著~自分を知り自分を みつめる~ ♪「知りたくないの」石井竜也

「足るを知る」、それはたんに欲望を抑えるということだけでなく、もっと積極的により深い生の充実に達するための知恵であるという。それでは、この「深い生の充実」とは何なのか?朧(おぼろ)げにしかイメージでき …

まわりのみんなが自分より偉く思えるこんな日は中島みゆきを聴こう!♪「タクシードライバー」中島みゆき

どうして、自分は何にもできないのだろう?誰にも愛されないのだろう?自分なんて生まれてこなきゃよかった。自分は誰にも必要とされていない!本当は、あなたにしかない魅力、あなたにしかできないこと、あなただけ …

「自分を変える」から新しい「自分の発見」へ! ♪「まだ愛したりない」土井晴人

なぜみんな、そんなに「自分を変えたい!」のでしょう?オシャレ度?性格?行動?そもそもなぜ、自分を変えたいの?恐らく今の自分に満足していないから?自己向上心は人間にとって大切なもの、しかし、自分を変えよ …

カテゴリー

Sponsored Link