教師 教師を志す人へ 教育・教師

教師の身だしなみとエチケット~どんなスタイル・服装で学校にいけばよいのか?~

投稿日:

教師とは「見せる」仕事であると同時に、絶えず誰かに「見られる」職業でもあります。

教壇に立ってクラス全体を見渡すとき、生徒の視線が自分の一挙手一投足に注がれていることにハッとしたことありませんか?

児童・生徒は授業中の教師の言動だけに注目している訳ではないのです。

「今日は眠たそうな、疲れている顔だな・・・飲み明かしたか?」

「いっつも同じシャツ、まじ見飽きた!」

「今日もまた違う時計!いったいいくつ持ってんの?」

などなど、授業そっちのけで教員観察に余念のない生徒もいるくらいなんですから・・・

それはさておき、いくら生徒思いのステキな先生だって、最低限のみだしなみ・エチケットがきちんとなってなければ魅力半減&台無しですよね。ましてや、思春期真っただ中の生徒は男女問わず多感、ナイーブでとっても敏感!ちょっとしたことがきっかけで、大好き→大嫌い!になってしまうことなんかよくあることです。

今回は当たり前すぎるテーマではありますが、最近教員の服装について質問メールをいただいたので、教師のこれだけエチケットについて、みなさんといっしょにあらためて再確認していきましょう。

念には念を入れて・・・

教員スタイル・・・基本は機能美と清潔感!

まずは、質問に答えるかたちで、小学校、支援学校とは異なるでしょうが、質問者さんは校種高校志望でしたので、私の経験から答えます。

ズバリ!だらしなくなくて、人さまに不快感を与えるような服装以外だったら何だってOK!となるでしょう。

ご存知のように、教員の服装について、学校内規などで決められているところなど、一部を除けばほとんどないでしょう。「ちょっと、それまずいんじゃないの?」というレベルに達していなければ、基本教員はお互いの領域にはまず、踏み込んできませんのでなんでもOK!です。

この「ちょっと、それまずいんじゃないの?」というレベルが分からないような人はまず、採用試験は通らないと思いますので、そのレベルについての説明は省略します。

ただこれで終わりにしてしまいますと、ちょっとそっけない気もしますので、少しだけ付け加えます。私の現役時代は、

ワイシャツ(フォーマル~カジュアル、襟付きのもの)+ネクタイ+チノパン+クロックス

というスタイルで年間通しました。スーツ着用ではなかったです。もちろんまわりみんながこのようなスタイルではなく、私のようなスタイルは学校にもよりましたが、3~4割とどちらかと言えば少数派でした。

本来ならずっとスーツ上下でビシッとバシッとも決め込みたかったのですが、そのスタイルは初任の年度途中でやめました。なぜって、まったく機能的でなく動きにくいんですもの。教室の床に座り込む時、毎時毎時チョークまみれになるスーツ、緊急時はダッシュもあり・・・などなどのシーンではどうもスーツがしっくりこなかったのです。私の場合。

本当はネクタイは締めたくはなかったのですが、やはり勤務時間、学校に縛られている時間は、自分を引き締めるためにもネクタイ着用で通しました。クロックスは脱げやすい~とかの意見もあるようですが、最近はスグレモノが多く、ジャストフィットで脱げにくく、通気性もバッチリなのでおすすめです。いろんなカラーリングとデザインでおしゃれですよ。運動靴がいちばん機能的なのでしょうが、いかんせん夏暑すぎ!なのです。

このようなスタイルで年間通したのですが、パンツ20着、シャツ100枚程度用意してましたのでいろいろな組み合わせで、それなりのおしゃれも楽しめました。

ただ、スーツはいつ何時、必要になるやもしれないのでどこかに用意はしておいたほうがよさそうです。当然、スーツ着用が基本の出張時などはそれなりの服装で登校するとは思いますが、けっこう急に必要になるときってあるものなのです。私など、表彰式の介添えをやる予定だった教員が急に休んだ時、ピンチヒッターで登壇したのでしたが、まさか自分がやるとは露思わずスーツ上着なく同僚に借りた記憶があります。上下チグハグでとっても恥ずかしかったです。

このようなケースも予想して、それからはロッカー、またはクルマの中に一式はいつも用意しておくことにしたのでした。

※おまけ・・・私的に(あくまでも)あり得ないという教員スタイル

①いつも絶えず、毎日、来る日も来る日も同じスタイル(何から何まで全く同じということです)実際、こういった人たちがいるのもまた事実なのです。

②体育科でもないのにいつも上下ジャージ(放課後、部活動時なら分かりますが勤務時間、平常授業時にこれです)

③実験時の理科の教員でもないのにいつも白衣(数学科の教員に多いですよね、国語科でもあるくらいですから教科問わずなのでしょう。いまだに意味不明)

みなさんは、どう思いますか?

Sponsored Link

みせる授業!見られる授業!

教師であるならば、絶えず「見られている」ことを意識すべきです。何も自意識過剰になれ~と言っているわけではないのです。

人間、身につけているものによって気持ちも本当に変わるものです。いつまでも気持ちを若く、フレッシュな状態に保つためにおしゃれに気を遣うことは授業のワザを磨くのの次くらいに大事なことではないでしょうか?

昔の同僚は、とにかく青、ブルー系の寒色系でフルコーディネートしていました。身につけるものからクルマまで本当にブルー一色でした。ブルーと言えば彼を想い出すくらいですから、かれのイメージ戦略はうまくいったといえるでしょう。

何もここまでこだわる必要はないとは思いますが、自分が心地よく、且つまわりにも清潔感と安心感(時にはドキドキ、ワクワク感)を与えられるおしゃれなんかが理想ですね。おしゃれに自信がない人は、今の時代、トータルコーディネート(頭・髪型からつま先・靴、まで)してくれるサービスもいろいろありますので試してみるのも楽しいかもしれませんね。

Sponsored Link

こんなのは嫌われる&恥ずかしい!細かすぎるパターン集

①汚らしい&清潔感のない全体のスタイル

②だらしない感アリアのリスタイル

③ひげ、鼻毛(ひげもファッションとして残すのであれば、整えることが必要でしょう)

④シャツ、パンツのシワ、汚れ

⑤髪伸び放題&フケ&洗わない&寝ぐせ

⑥ツメの汚れ、手入れのしていない爪

⑦勘違いすぎて恥ずかしいアクセサリー

⑧男女問わず、派手派手で盛りすぎのファッション

⑨女性の派手&濃すぎるメイク(男性のメイク)

⑨男女問わず露出が多すぎる服装(ボディライン強調しすぎ&下着が透けるファッションなどで、男子生徒を刺激するのを楽しんでいる場違いな人がいました。)

⑩場違いなきつ過ぎる香水

基本、教師も茶髪禁止!

生徒の茶髪問題、頭髪指導については前に

「ブラック校則~頭髪指導の難しさ~心に響かなかった私の失敗」

「なぜ茶髪はダメなのか?頭髪指導ってなんでやるの?」

などで詳しく話してきました。

大人、社会人である教員と生徒を同列に考えることの是非はさておいて、校則で生徒に禁じているものについては基本、あえて生徒を刺激する必要はないでしょう。地毛でチャパツならともかく、あえて茶色に染色する必要性はどこに見出すのでしょうか?

大変な思いをして頭髪指導に日々明け暮れている他の教師のことも考えてほしいものです。学校はスタンドプレーが許される場所ではありません。

エチケットとは他人への思いやり・・・

これまで服装、身だしなみなどについて見てきましたが、最後に「臭い」についてスポットを当ててみます。

体臭、口臭、汗などについては、この頃の子どもたちは、とても敏感です。過敏とも言える反応を示す子供もいるくらいです。

いまは、各種デオドラント用品がこれでもか!というくらいラインナップされていますよね。スプレー、ミスト、クリーム、シートタイプまで選ぶのに困ってしまうくらいです。メンズのデオドラント用品もビックリするくらいあります。

他人の臭いについては、なかなか言い出せないものですよね。だからこそ、セルフチェック&ケアがいま大切なのです。口臭チャッカーを使えとまでは言いませんが、臭いについて省みるのも、他人への思いやりだと私は思っています。

職員室でコーヒーを飲んだまま、授業に行ったりなんかしてませんか?

昼食摂ったまま、ハミガキしないままでいたりしてませんか?

いまは口内洗浄液やタブレットなどこれまたたくさん巷に溢れています。一度、「クサっ!」となったら名誉挽回は難しいですよ。

そして、生徒、同僚の口臭、体臭についてですが、こればかりは難しく、なんとも言えません。ツーと言えばカーの仲であっても言うのは憚れるくらいですから、まずやめておいたほうがよいでしょう。多感な思春期のこどもたち、下手するととんでもない結果になってしまうこともあるでしょう。

~ファッションから頭、そして臭いまで一緒に見てきましたが、考えてみれば「せき」「くしゃみ」「おなら」などいろいろ気を付けなくてはならないことがまだまだあるのです。

実はエチケット、身だしなみの根底に一貫して流れているのは、他人への気遣い、思いやりということなのです。

相手に不快感を抱かせない、さらには快感とまではいかないけれど「よい印象」を持ってもらうための普段からのこころがけというものは、なにも教師でなくとも誰しも必要なことではないでしょうか?

魅力的な先生なのに、ちょっとしたことでつまづいりしちゃったらもったいないですよね。どうか、ソトミ、外見のチェックいつも怠らずに!

スポンサーリンク


 

 

 

-教師, 教師を志す人へ, 教育・教師
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

なぜ手が先に出てしまうのか?なぜ暴力はいけないのか?~暴力に頼らざるを得ない悲しい教員~

結論から言います。教師に暴力が許されるのは、児童生徒の心身に危険が及んだ時、暴力によらなければその危険が避けられない時のみです。心身の「心」としたのは、最近は人間の尊厳を著しく貶める「言葉の暴力」もあ …

私が教師を辞めた訳②~我が選択に悔いなし&ちょっぴりの後悔~転職は自分の見極めと何よりも力をつけてから

教師として十数年奉職したことについての悔いはまったくありません。つらいこと、しんどいことたくさんあれど、やっぱり心に残っているのはキラキラと輝いた想い出の数々です。 生涯一教師として職を全うしたかった …

高校で化粧を禁止する理由~化粧指導の是非~化粧指導はどうあるべきか?!

「なぜ、学校は生徒の化粧を許さないのか?」この質問にズバッ!と明確な答えを出せる現役の教職員は少ないでしょう。 人、みなそれぞれに個性があるように、顔つき・スタイルも皆ことなります。お化粧をして、自分 …

なるならどっちだ?!学校教師or塾講師?自分のこころにきいてみる・・・   

結論から言ってしまいますと、「どちらでもお好きな方をどうぞ!」です。といいますのも、それぞれにたくさんの魅力とたいへんなところを抱えているからなのです。 あなたが目指すものが何なのか?によって自ずから …

授業遅刻!(教員=セーフ)×(生徒=アウト)=?これっておかしくない?ダメなものはダメ!

授業に必ず遅れてくる教員っていませんか?遅刻常習ということは何か緊急事態、問題が起きたわけじゃなく、あえてそうしているのでしょう。 これって、教員側からみたら「当たり前」であっても、児童生徒の立場から …

カテゴリー

Sponsored Link