コラム

楽天店頭トラブル!カメラ映像開示請求拒否!楽天モバイルがおすすめでない理由と(デ)メリット~こんな人ならかなりおトクに使い倒せる~

楽天モバイル!思いっきり安くていいですよね~でも、安いにはそれなりの理由があり、我慢しなくてはならないデメリットもそれなりにあることに一年以上使ってみて気づかされました。安いなりの代償を払わなくてはいけないのは当然のことですね。

いろいろな人が楽モバのメリット&デメリットについてかなり深く突っ込んでレビュー、評価していますので、そういった詳細というかテクニカルな面、口コミはさておき、楽天回線3回線(iphone1台、アンドロイド2台(ちなみに個人では最大5回線までしか楽天モバイルでは契約できません))、au1回線、OCNモバイルONE1回線、ドコモガラケー1回線~と合計6回線を使用中の私が他社と比べてみて感じた率直な感想をいい点、悪い点含めて話していきます。

また、今回家族にも楽天回線をすすめて非常に後味の悪い店頭での最悪トラブルにも遭遇しましたので、冒頭でこちらをちょっと突っ込んで述べてから本題にはいります。



楽天モバイルは本当に使えるか?おすすめか?

結論からいきます!ズバリ!楽天モバイルは人におすすめできるかどうか?

その答えは、「人によりけり」~ここに落ち着きます。「なんとも言えない」「どちらとも言えない」と言い換えることもできます。

当たり前のことですが、楽天モバイルと契約する人、本人、使用する環境、頻度、機種などなどにより、感じ方、受け取り方、使用感、満足度もそれぞれまた違ったものになるのも当然です。しかし、ものには限度、許容範囲というものもまた人それぞれであり、「こんなに安いんだから、まあ仕方ないか」で済む人もいれば、「いくら安くたってゼッタイヤダ!もう解約する!」というケースだってあるはずです。

後者が今回、私の家族がぶち当ってしまったケースであり、家族は即解約しました。それほど人を小馬鹿にした応対であったのです。もちろん日本全国にはたくさんの楽天モバイル専門ショップがあり、さまざまなスタッフがサービスに従事していますので、決して全部がこうであるなどとは言えません。しかし、詳細は後述しますが総じて楽天のサポート&サービスはまったく期待できません。基本、自力でなんとかするしかないのです。

大手3社(どころかドコモのサブブランドであるOCNモバイルONEでさえ、店頭、特に電話サポートは良心的です)のような手取り足取りのサービスが絶対必要だ~という方はもうこれ以上このサイトを読む必要などまったくありません。ドコモなりauなりの大手キャリアに「即」行かれることをおすすめします。

スマホデビューにおすすめのコースが登場!格安SIM・格安スマホへの乗り換えはOCN モバイル ONE|ドコモのエコノミーMVNO



店舗、電話、チャットでのサポートなどまったく期待してない、なにかあっても自力で調べてなんとかする、できる~という人が基本的に楽天モバイルと相性がいいと言えます。私がそれでもなお、3回線を楽天と契約しているのは、こういったマイナスの部分を差し引いても有り余るメリットがあるからなのです。

あまりにもヒドすぎる店頭スタッフ、店舗ひいては会社の体質の実態!

それでは、今回家族が「即解約」することになった問題のシーン、流れを再現していきます。

事の発端は私がラクモバでかなり安く回線維持しているのを目の当たりにした家族が、現在契約中のau回線を蹴ってまでも転出したい~と言い出したことでした。

ちなみに私が使用中の楽天3回線の内訳は、新規1,MNP2ですが、いずれもすべてネットで完結しています。新規の場合は端末もセットで購入したのですが、ネットで申し込んでから3日目にはもう端末が届きましたからアマゾン並みにスピーディーと言えましょう。OCNで端末同時にネット新規契約したときなどは当然ANP設定などを自分でやらなければいけなかったのですが、楽天の場合こちらがまったくの不要で、とどいてSIM入れてもう開通~と拍子抜けするくらいのカンタンさでした。

こういうわけでしたので、家族の回線契約も私が代行すると申し出たのですが、大手キャリアの手厚い過剰すぎるサービスにどっぷり浸かりすぎていたためか、「やっぱり店頭じゃないと不安!」(いま思うと店頭だから不安だったのですが・・・)とまったく譲らないので、仕方なく・・・という感じだったわけなのです。

実際の店舗に行くにあたり、家の者だけではなんだか不安だったので一応私も同行はしたのですが、落とし穴がありました。やられました・・・まさか実店舗でこういう仕打ちに遭うとは・・・




楽天モバイルの場合、ご存知のように契約事務手数料は「ゼロ円」ですが、auより転入にあたって端末はそのままで電話帳移行(2,200円税込み)、初期設定(1,100円)(合計3,300円)をお願いしました。当然こういった店頭サービス料金は次月にクレジット決済であると思っていたのですが、ショップのおばさんいわく「楽天モバイルの場合、店頭現金払いです」・・・とのこと。

仕方なく?家の者が現金払いし、レシートももらったことだし、「楽天の場合、そんなものなのか」くらいにしか考えていませんでした。

しかし、ここに大きな落とし穴があったのでした。

家族が受け取った「レシート」は領収証なんかではなく、「クレジットカード売上票お客様控え」と「楽天ポイントカードご利用明細」なる2枚の小さな小さなレシートだったのです。つまり、この場で「3,300円」を支払ったうえに、次月に「3,300円」が引き落とされるということになったのです。(実際そうなりましたが)

悪いと言えば、その場できちんと確認しなかった私たちも悪いです。でも、誰しもその場で現金で支払ったのだから「領収証」だと思うではないですか?まさか看板を背負って店舗を構えている店員がそんなあくどいことをするなんて思わないじゃないですか。

間抜けなことに、この事実に気づいたのは実際に引き落とされてしばらく(1ヶ月ほど)たってからのことでした。いわば「二重取り」されたことになったのです。その浮いたぶんの「3,300円」はどうなったのか私たちは知る由もありませんが、たぶんそのおばさんの懐に入ったのでしょう。これはお釣りを間違えたなどの悪意のないうっかりミスなどではなく、最初からかすめとってやろうという意図アリアリの犯罪レベルの所業です。

あさましいですね。たかだか「3,300円」のははなしですが、非常に身持ち悪く後味がよくないです。

この事実がわかってから、直接ショップに電話して確認しようかどうか迷ったのですが、一応楽天ではどういった対応を取るのか知りたかったことも手伝い電話することに。しかしですよ、ネットで「楽天モバイル 店舗」~とネットで検索しても各店舗所在地と営業時間のみは表示されてはいるのですが、いくら探してもショップの電話番号は見つかりません。



そうなのです。格安で契約できるがゆえに楽天ではサポート、アフター、フォローのコストを極端に削っているため電話などしてほしくはないのです。来店予約も電話ではなく、ネット予約が基本なのです~と言っても実店舗にTELを引いておかないわけにはいきません。私の場合、大型商業施設イオンの中のショップでしたのでなんとかイオンのHPから何とか探り出すことができました。

いざ電話して当時担当してくれたおばさんを出してもらえるようにお願いするも(前回応対してくれた時、名前も知らされず名刺ももらえなかったので、帰り際に名前を聞いておいてほんとうによかった。こういう体質なのです。この会社は・・・一事が万事です。)「今、〇〇さんはいません」(楽天モバイルのコーポレートカラーのショッキングピンクにしてみました)の一点張り・・・せめて「ただいま、〇〇は席をはずしておりません」くらい言えないのかといぶかりつつ、「それではいつ頃、戻られますか?」と聞き返すと、「いまはっきりとは教えられません、どういったことでしょうか?来店予約ですか?」

頭の中が「?」だらけになってしまいましたが、事の顛末を話し、「〇〇さん本人と直接話したいので、それでは出社予定日と時間を教えてください」と切り返すと、これまた「教えられません」の一点張り。

「こういったことがあったにもかかわらず、本人と話ができないというのはおかしいじゃありませんか? ショップ店員であるなら予定ぐらいわかりますよね?」

「〇〇はいません」

「もう来ません」

「?」

「お店をもう辞めたということですか?」

「私の口からか個人的な事には答えることができません」

「?」個人的な事?

「辞めたということでいいですね?」

「そういうことでいいです」

ここまで来るのに偉く時間と労力がかかってます。これほど、人を苛立てさせる応対もなかなかできることではありません。ましてやショップ店員といったサービス業で。

こういった会社ですので、当時応対した店員と直に話すことはもう無理と判断し、この人と話すしかないと思い、さらに当時の状況を詳しく話していきました。やはり楽天モバイルでも、こういった家族が店頭で受けたサービスの代金は翌月クレジット引き落としでした。店頭で代金を受け取ることはない~と言い切りました。

あまりにもこちらの言い分を訝しげに聞くその応対の様子(声からしか伺えませんでしたが)に業を煮やし、「私どもが二人して結託して嘘をついているというのですね?」とやんわり返すと

「それじゃ、監視カメラで確認するので、それでいいですね?」とかなり高圧的なトーンで投げかけてきました。「まだ二人ともボケるような年でもありませんし、本人も5,000円出してお釣りを受け取った~と言っているうえ、私もその場を見ています。ぜひそうしてください」続いて、実際に店舗で応対を受けた日時を告げました。

まさか、私がそう来るとは思っていなかったようなリアクションで、声音から相手がたじろんでいる様子が伺い知れます。さらに私が付け加えます。「カメラ確認した後で、現金受領シーンがあったからといってカメラ映像開示できないというのはなしですよ。」

しばらく沈黙があった後、「それはないです」と店員さんは言い切りました。いつ返答をもらえるのかと問うと、「ハッキリとは答えられません」のこれまた一点張り。またもやイライラさせられるハメになった私が「まさか1ヶ月も2ヶ月も待たされるということではないですよね?」と切り出すと、「それもハッキリとは分かりません」とのたまう始末。いつまで経っても堂々巡りなので仕方なく電話を切る私・・・

しばらく時間が過ぎて忘れかけていたころに、私の携帯が鳴ります。今度はショップ店員さんからではなく、エリアを管轄している担当者からでした。前の口のききかたも知らない店員とは違って、物腰の柔らかい丁寧な方でしたが、

「映像を確認したが現金の授受の事実など確認出来ませんでした」

「映像を開示することはできません」

~とその回答は実に冷たく非情なものでした。どういった理由で開示できないのかを問うても、それすら答えられないのです。



これでは、勘繰りたくもなりますよ。実際に映像確認したところ、「ウチの店員さんがお金受け取ったシーンがちゃんと映ってました」~なんて口が裂けても言えないでしょうからね。だから「見せられない」のだ~と。自分たちになんらやましいところがなければきちんと映像は開示できるはずです。映像を見せられないという当初からの社内規定があるのであれば、最初からそういうべきじゃないですか。

開示については、知り合いに弁護士がいるので店舗の映像開示請求について相談したところ、カメラに映っている本人からの請求の場合、他に映っている人のプライバシーなどにじゅうぶんに注意したうえその請求には積極的には応じなければいけないが(しかるべき理由がある場合)、義務ではないとのことでした。

ちなみに警察にももちろん相談はしました。自治体によってその応対は異なるようですが、案の定、犯罪性がない場合、民事不介入の原則とやらで一蹴されてしまいました。どうしても映像を見たい場合は弁護士に依頼するべき・・・とのこと。先ほどの弁護士とは旧知の仲ですので快く引き受けてくれる手はずになっていたのでしたが、家族がわずかのお金のためにもうこれ以上いやな思いしたくない~とのことで結局私も折れました。

たしかに高々「3,300円」のために、労力、精神力と時間を使ってまったくをもってペイはしませんが、私は元来グレーなところを残しておくのがいやなたちなのです。そのぶん「負けるが勝ち」と言っている家族は大人なのかもしれません。あの時、クレジットカード利用明細を受け取って現金払いした時点で店員の不正を追及してたら、あのおばさんはどのようなリアクションをしただろうと思うのです。

終わってしまったことなので致し方ありませんが、非常に気持ちが悪いです。最後のあがきとして私は2つのことを試みました。解決ではなくあくまでも「報告」ですが・・・



➀ 総務省の「電気通信サービスに関する情報受付フォーム」という苦情受付サイトから事の顛末を報告しましたが、こちらは回答はおろか、業務改善指導など何も望めないたんなる報告フォームなのです。

参考(総務省では、携帯電話サービス、インターネット接続サービスなどの電気通信サービスの利用者の利益の保護が図られることを目指して、トラブル等の情報の提供を受け付けております。
いただいた情報は総務省において法令違反等の調査、苦情等の分析、またはその他の政策事務のために利用させていただきます。
なお、いただいた情報に関する回答を含め、具体的な対応状況についてはお答えしかねますので、あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。)

② 一般社団法人「電気通信事業者協会」に直接報告した

こちらは、固定電話、光回線、携帯スマホ契約に関する各種トラブルの相談に乗ってくれるという機関であり、場合によっては各種相談窓口を紹介もしてくれるそうです。私の場合、上述のような経緯をやだ報告しただけに終わりましたが、親身になって話を聞いてくれて、きちんと楽天モバイルに報告してくれるそうです。

結局私の3回線はそのままにし、家族は楽天を去りました。このように、他のキャリアのように、携帯にかかわるすべてを手取り足取り教えてくれたり相談できるようなお客様相談室など、楽天には望んではいけないのです。楽天モバイルにも「お客様サポート」なるものが存在しますが、あくまでも既定のテキスト、動画、チャットでのサポートです。

派手な宣伝、これでもか!というくらいのさまざまなキャンペーン、ポイント還元で右肩上がりで契約者数を伸ばしてきている楽天モバイルですが、店頭でのトラブルもやはり多いようです。さまざまなネガティブなネット上の口コミに加えて、今年4月に総務省が公表した「販売代理店に対する覆面調査の結果」で法令違反の数が断トツトップだったのです。(調査件数に対する違反の割合はNTTドコモが4.8%、KDDI(au)が10.2%、ソフトバンクが12.0%、楽天モバイルが23.3%)

主な違反内容としては、回線契約を前提とした端末購入を強引にすすめたり、光回線やクレジット契約を条件にした割引の提示、保冷の上限を超える値引きなどで、回線契約数を伸ばしたい、店舗の利益を少しでも多くしたい~といった顧客の利益をないがしろにした内容が多く、店舗運営の問題点が浮かび上がってきています。

こういった数多くの問題点、デメリットを差し引いても多くの方が楽天モバイルユーザーであり続けています。私もその一人でありますが、それでは楽天モバイルと契約するメリットをまず見ていきましょう。先述のように長短所は多くの方が詳しくデータを並べて解説していますので、そういった部分は譲って私が感じたメリットを挙げてみます。

楽天モバイルの7大メリット!

➀ 料金プランが分かりやすい&格安!

月1GBまで「0円」

3GBまで「980円」(税別)

20GBまで「1,980円」(税別)

20GB超過~無制限で「2,980円」(税別)

~といった従量制、つまりその月に使った分だけの容量の使用料になるということです。大手キャリアのように、月に与えられたワク内でギガがどんどん減っていく~という感じではなく、どんどん上がっていく~という感じです。

このような従量制の料金体系「Rakuten UN-LIMIT VI」一択です。迷いようがありません。どう使うかはあなた次第!

しかし、私のように楽天と複数回線契約している者は、ちょっとだけ異なります。2回線目からは

月3GBまで「980円」(税別)

20GBまで「1,980円」(税別)

20GB超過「2,980円」(税別)

~といったように、「0円維持」はできなくなっていますので、ご注意を。うまくできてるものですね。

② 通話料無料も実現!?

ラクモバ専用アプリ「楽天リンク」を使って電話すれば、通話料はいくら話そうがタダで済みます。3大キャリアのかけホーダイのように固定、携帯いずれもOK!です。もちろん「0570」等一部の制限はありますが、通話品質、安定度を重視しなければ全然OK!です。

しかし、いくら楽天エリア内の人であっても、仕事などで使うのでれあれば楽天1契約ですべてまかなうというのはキツイでしょう。私は重要な電話はドコモガラケー、もしくはOCNモバイルONEでかけています。電話なんてほとんどしない、もしくは品質なんてどうでもいいからとにかく無料で電話したい!という人にはピッタリかもしれません。

③ 契約期間の縛りまったくなし、契約事務手数料、解約事務手数料~オールゼロ円

④ さまざまなキャンペーンを行っており、ポイントバックが結構お得!

楽天カード入会2,000ポイント

楽天カード1円以上決済→5,000ポイント

2枚目楽天カードをつくり1円以上決済→3,000ポイント

回線契約と同時にスマホ購入+楽天リンクより通話→25,000ポイント(端末によりポイントバック数は変化します)

~これが一台目契約時に私が受けたポイントバックです。これは事実です。合計「35,000ポイント」と結構なボリュームです。楽天ポイントは使えるお店、ネットショップがたくさんあり現在も増加中ですのでありがたいです。(ポイントバックのポイント数は、常時変化するようです。)条件を満たせば必ずポイントバックはありますが、ポイントをもらうための条件ややらなければいけないことなど、すべて自分で調べたりしてやらなくてはいけませんので注意が必要です。

以下の動画は、楽天ポイントの受け取り方について事前に知っておいたほうがいいことです。

この他、回線契約時だけでなく、通常の使用料支払い時にもポイントバックがあるのはもちろんのこと、楽天市場をはじめとするさまざまなシーンでの買い物、そして常時さまざまなキャンペーンを実施しているのも楽天モバイルが際立っています。楽天経済圏の各種サービスを利用している人は楽天モバイルは相性がいいと言えます。

楽天モバイルは、楽天スーパーポイントが貯まる!使える!

 

⑤ 「選べる電話番号サービス」が他キャリアと異なり「無制限」で検索可能!(MNP以外の新規)

電話番号の下4桁を好みの番号で何度でも検索可能。(次月1.100円)

選んだ下4桁を含んだ電話番号を、お好きな電話番号が出てくるまで、何度でも検索が可能です。中4桁は指定はできませんが、下4桁とのマッチングを考えながらこれまた無制限でいつまでも検索が可能です。ちなみに上3桁(070、080、090)ですが、これは楽天モバイルの場合、現在のところそのほんどが「070」になります。どうしても「070以外」が取得したいという人は楽天モバイル以外の3大キャリアにいくか(完全に取得を保証するものではありませんが、ショップ店員さんにその旨を告げて検索してもらうことができるそうです。ちなみにいずれも無制限ではありません)、良番を販売している会社(良番ネットナンバーアスリート)などの会社から携帯電話番号を購入するしかありません。

私は楽天の「選べる電話番号サービス」を利用して「3色良番」(携帯電話番号11桁のうち、3つの数字しか使用しない番号をいいます。ちなみに私の場合、0,7、9~とこの3つの数字しか使われていない番号です。この上のランクが2色番号(たとえば070-7007-7000のような感じ)ですが、これは専門ショップでも高額で取引されていますのでまず発番されません)一年前でもこのような番号が発番され取得可能だったのですから楽天モバイル草創期はきっともっといい番号をゲットできたことでしょう。ちょっと後悔です。

 

⑥ ネットですべてが完結してスピーディー

先述のように私は1回線目契約は新規でネットで申し込みをしましたが、非常にわかりやすくかつスピーディーです。申し込んだ3日目にはもう端末とSIMカードが届きました。他社(OCNモバイルONE)の時は自分でAPN設定とかもしなくてはいけなかったのですが、楽天の指定する端末であったため、楽天ではAPNの設定など必要なくSIMカード差し込んで楽天専用アプリ(MY楽天モバイルと楽天リンク)を落としたら、即使用可能となりました。

大手キャリアのように来店予約してわざわざ店舗まで出向くのにかかる時間と労力はちょっともったいないです。あの重要事項説明を延々と聞かされれいちいちサインするのはほんとうに疲れます。(決まりですのでしょうがないのでしょうが)

実際にお店に行って端末さわって店員さんとの会話を楽しみたい~という方も当然たくさんいるのでしょうが、いまの時代、楽天のようなサービスもまた合理的なものなのではないでしょうか?最終的に楽天でネット契約するにしても、楽天、その他のショップに出向いて端末実機を確認してみる~というのもアリだと思います。

 

⑦ 楽天モバイル専用アプリ「MY楽天モバイル」で番号の管理がラクに!

以前ドコモにあったサービス「2in1」(ツーインワン)のように、1つの端末で2つの電話番号の発着信ができるわけではありませんが、私の場合、1つの端末で契約中の3回線すべての管理ができるのはとても便利でありがたいです。1回線~3回線すべての端末でそれぞれの回線の使用状況、使用料金、クレジット、ポイント等そのすべての管理ができてしまいます。私の場合、MY楽天モバイルにこの機能があったため契約したようなものなのです。

その他、テザリングなんか申込不要で無制限なのも、WiFi環境がない人でパソコンやタブレットをネットでつなぎたい人にはうれしいかもしれませんね。また、3大キャリアと比べて楽天モバイルでは i-phone が格安で契約、もしくは購入できるのもうれしいですよね。

このようにさまざまなメリットが楽天モバイルにはありますが、残念ながらいいことばかりではなくよいこととダメなことは隣り合わせだったのです。他でよく言われているような

  1.  3大キャリアよりエリアが狭い
  2.  楽天エリア内でも建物内、地下などでつながりにくいケースがある
  3.  データ量の使い放題は楽天エリアのみ
  4.  SIMフリー端末の動作確認がされていない(自己責任使用はもちろんOK)
  5.  3大キャリアのようにキャリアメールは付与されない
  6.  学割、家族割のような割引サービスは一切なし

~などのように巷では楽天モバイルのデメリットばかりが強調されているようですが、これらは大した問題ではないでしょう。なぜなら事前に適切な利用方法や対策を講じていればいいだけのはなしなのですから。たとえば、「1」の「エリアが狭い」などという問題は事前に自己の居住地、主に使用する地域が楽天回線エリア内であるかどうかを調べておけばいいいだけの話です。

私の場合、楽天エリアドンピシャで、これまでネット、電話が使えなかったというのは、思いっきりの山の中(林道トレイルランたまにやります)、それもかなり険しく奥深いところでクルマやバイクでは入っていけないようなところでしか経験がありません。



上述のようなデメリットなんかよりも、私が感じているもっと肝心なデメリットを挙げていきたいと思います。

その前に、いままでのおさらいと、デメリットの予習のためにわかりやすい動画をあげてくださっている方がいますので紹介しておきます。

楽天モバイルの致命的な3大デメリット!

 

➀ サポートはなしと思った方がよい(自己解決能力が必要)

最初から楽天モバイルにサポート、アフターサービス、フォローなど期待してはいけません。精神衛生上もよくありません。最初から「ない」ものと思えば気も楽です。まともに直接電話をかけることができるのは、先述のようにクレジット、携帯をなくしてしまった時専用の窓口しかありません。あとはチャットでの問い合わせになりますが、このチャットも要領を得ないレスが多く、あまりというかほとんど期待はできません。

楽天ミニをネット購入して開通までになんとなんと2ヶ月もかかった方の、楽天サポート実態とうらみつらみが詳しく書かれていますので、回線契約を考えている方は契約前に参考にされたほうがよいです。

「トラブル報告多数」楽天モバイルお客様サポートへの不満爆発!チャット相談、電話連絡は?

さまざまなサイト等で全国500店以上の店頭で手厚いサービスが受けられる~なんて記載がありますが、嘘八百並べてはダメです。けっして「手厚く」ではありません。「手厚い」どころかまったくといっていいほど期待はできません。実際に契約したものなら、そのような記載などできるはずはありません。契約もしていないのに、さも使っているようなアオリ記事を鵜呑みしては危険です。実際に使用している(契約していた)人の声を聴くべきです。

店頭でできることは以下のように限られています。

 

新規、MNP受付、名義変更、契約内容の追加、変更、解約

楽天オリジナル商品の故障受付

店頭でやってもらえるのは「受付」だけです。楽天モバイルサイトでは、このように記載があります。「ショップスタッフが製品の状態を確認後、故障診断の専用電話窓口へお取り次ぎいたします。」あくまでも電話番号を教えてもらえるだけです。それも「楽天モバイルオリジナル製品のみ」です。つまり「楽天ハンド」とか「楽天ビッグ」などのあくまでも楽天独自のスマホのみです。

それでは、楽天オリジナル以外の端末を楽天モバイルより購入した場合の故障受付はどうなるのでしょうか?ここが大問題なのです。

これまた楽天オリジナルのルールです。スマホ購入時に、「スマホ交換保証サービス(税込み月額715円)」なるサービスに入っていないと完全に自己責任で各自メーカーに直接問い合わせることになってしまうのです。それもこのサービスに入れるのはスマホ購入時のみですので注意が必要です。

機種問わず新品同様のものを「6,600円」で交換してくれるのはありがたいのでしょうが、そもそも安いがメインの取り柄のラクモバでどれだけの人がこの付加サービスをつけるのか大いに疑問です。仮にこのサービスに購入時加入していたとしても、店頭では受け付けてくれず、故障受付はネット、電話のみです。

案の定、私は回線契約と同時にサムソンのGalaxyを購入しましたが、この端末が初期不良で開通一週間で起動不能に陥ってしまいました。もちろん交換保証サービスなんて入りませんでした。新品買ってトラブルとは思いませんでしたから・・・当然楽天モバイルオリジナル製品ではないので、店頭サポート対象外です。そして、スマホ交換保証サービスにも入りませんでしたので、すべて自力で解決しなくてはいけません。楽天が動作確認保証している機種で楽天モバイルサイト経由で購入しているにもかかわらずです。

仕方なく楽天モバイルサイトでサムソンのサイトを調べて直接電話し、故障受付を済ませました。2日後には端末を送り返すためのキットが送られてきて、その日のうちに着払いで端末をサムソンに送り返したのでした。サムソンのサポートは迅速たいへん丁寧で申し分ありませんでした。かなり優秀です。

 

使い勝手のよいハイコストパフォーマンス端末!ヌルヌルサクサク感はGalaxyならでは!

いまどき、「楽天ハンド」などのようなスペック、デザインの端末を手にする人ばかりではないと思うのですが、楽天の場合、あくまでも楽天オリジナルしかサポートはしてくれないようです。つれないですね。



あんしん操作サポート(月額550円)

楽天モバイル店頭、WEBで購入した商品の操作方法(故障ではなく)、アプリの扱い方(一部のSNSや楽天アプリのみ)を月額定額で何度でも相談できるというものです。これまたあまり意味のないサービスと思われます。(失礼な言い方ですが、少なくとも私は本当にそう思います)情報弱者ならともかく、このような情報は検索をかければ一発瞬時に得られるはずです。わざわざ店頭に足を運ぶ暇がもったいないです。そのうえ、すべての楽天ショップでOKなのではなく、家電量販店に入っている店舗ではダメなのですから困ったものです。

データ移行サービス(有料)

 

② 楽天モバイル専用アプリ「Rakuten Link」通話品質に問題アリ!

ハッキリ言って、仕事での電話、大事な要件の電話は「楽天リンク」からかけることはおすすめできません。おおむね通話品質は低いです。ガサついたように相手の声が聞こえ、聞き取りづらい時、通話が途切れる時がままあります。また、相手の声が変な風、声色で聞こえるのも楽天リンクの特色かもしれません。相手の声もそう聞こえるのですが、私の声も普段と相当違ったように聞こえるらしく、声変わり?風邪ひいたの?などと聞かれることしばしばです。

私は、楽天3回線を含めて合計6回線持ちですので、仕事など大事な通話の場合は楽天契約の端末は使わず、OCNモバイルONE(通話無制限定額のプランに入っています)、もしくはドコモガラケーからかけるようにしています。

しかし、楽天リンクがまったく使えないかというとそうでもなく、ほとんどの場合はそれなりに双方聞こえもいいです。楽天同士、大手3大キャリア、格安通信会社数社間でテストしてみましたが、おおむね通話問題ありませんでした。

このように正直、「楽天リンク」だけ使用を想定した1台オンリー持ちはかなり不安ですが、当然楽天モバイルにも有料のオプション各種通話無制限サービスがあり、楽天LINKと併用するという手もあります。電話をよくかける、電話がキャリア選択のネックになる場合は、事前にどの程度使えるのか自身でチェックしておいたほうがいいでしょう。ただ、楽天モバイルの場合、契約、解約時の手数料ゼロ、契約期間の縛りもないうえ、動作確認済み端末であれば持ち込みMNPも受け入れてくれていますので、ためしにチャレンジ感覚で楽天モバイルにしてみるのもいいかもしれませんね。




③ 楽天モバイル(楽天)という会社の体質自体に問題アリ!?

今回、私の家族が被害に遭った件は、警察をはじめさまざまな機関に報告、相談をしましたが結局のところ泣き寝入りです。わずかな額ですので気にしなければいいことなのでしょうが、非常に後味が悪いだけでなく店舗、ひいては楽天という会社の体質は許せるレベルをとうに超えています。

あくまでも私の憶測ですが、電話応対した店舗スタップはこの事案をまず「上」になど報告などしていません。いわば握り潰しです。店舗スタッフの応対、話し方、マナーなどすべてにおいて大手のような接遇マナーは期待できないかもしれません。たまたま私が行ってしまったお店のレベルが低かっただけかもしれませんが、一次が万事です。安い分、どこかにほころびが生じているのかもしれません。人件費、スタッフの教育研修になど十分な時間、お金なんかかけてられないよ~ということなのでしょうね。

先述した「電気通信事業者協会」のオペレーターさんが教えてくれた「楽天モバイルコミュニケーションセンター」に直接つながるという番号(050-5434-4653)もしょっちゅう変わるものであり(かかってきてほしくないとしか考えられず、実際公表もしていない)、かけても自動音声のあとSMSが送られてきて、そこにあるURLをタップしてはじめて「本当の」番号に到達するというややこしさなのでした。「コミュニケーションセンター」とは名ばかりであり、実際顧客とコミュニケーションなど取りたくもないのでしょう。

こういった体質では、今回のようなトラブルはあった場合など、隠蔽、事なかれ主義に陥るのは分かるような気がします。こういったことに耐えられない、我慢がならない人はいらぬトラブルを避けるためにも楽天は正直まったくおすすめできません。

危ない目には遭いたくない、チャレンジして失敗も後悔もしたくない、最悪の場合使えない・・・こういったことが心配な人はもっとも無難な大手キャリアにいくことをおすすめします。



 

それでも、こんな人なら楽モバとの相性ピッタリ!

それでは最後に、いったいぜんたいどのような人が楽天モバイルと相性がいいのかを見ていって締めくくりたいと思います。

➀ 他を犠牲にしてもとにかく安く済ませたい!

② ネットはスマホではほとんどしない、電話のみで使いたい!(楽天リンクのみ使用であれば「0円維持が可能」)

③ 一日中のほとんどをスマホ時間に費やしているヘビーユーザー且つ楽天エリアドンピシャリ!(逆に言うと2⃣~③以外の人はあまりお得感は感じられないでしょう)

④ 複数回線所有でとにかく安く維持したい!

⑤ 楽天経済圏サービス、そのすべてを「楽天」にしている人!

⑥ ネットですべて完結できて、且つトラブル上等!問題解決能力を鍛えたい!というちょっと変わった人!

⑦ 新しいモノ好き!大手キャリア以外チャレンジもアリかも?という人!

⑧ 宮城県仙台に住んでいてもいなくても、楽天イーグルスの大ファン!?(楽天球団のカッコイイ!オリジナル楽天カードもつくれます!)

普通は後悔は後にも先にもたたず?なのでしょうが、ちょっとでも楽天モバイルに興味を持たれたのなら、試す価値はアリなのではないでしょうか?なにせ契約&辞めるにしても金銭的負担はゼロなのですから、もちろん先述のように機種持ち込みMNPもOK!です。

私の正直な感想ですが、楽天モバイルの激安さシンプルさに浸かってしまうと、もう大手キャリアには戻れないです。いままで大手キャリアに複数台で月3万も4万も払っていた自分が馬鹿らしく思えます。家族でファミリー割引、家族割入っているのでやめたらもったいない~なんて声も聞こえてきそうですが、家族全員楽天モバイルにしたほうがかなりお得なのは間違いないです。楽天エリアドンピシャの方、限定の話ですが。なぜ、まわりは使っていないのだろう?もったいない!と思うのは私だけでなく、楽天モバイルユーザーなら誰しも思っているはずです。



前に話したような、ラクモバのデメリットがどうしても気になる人は、格安SIM会社の中でも通話品質、アフター(ドコモでの店頭契約が可能、サポートは電話&ネット)がピカイチな「OCN モバイル ONE 【NTTコミュニケーションズ】|ドコモのエコノミーMVNO」がおすすめです。ただこちらは、これまであった20,30GBといったヘビーユーザー向けのプランが廃止として、1GBの半分の容量の「500MBまで税込み550」円から~といったライトユーザー向けに舵を切り、完全に今後ドコモとのすみわけを狙っていくとも思われる経営戦略の会社です。



いずれにしても、これからの時代すべて人任せにするのではなく、自分で調べて、確かめてすべて納得したうえでスマホも契約したいものです。時間をかけて自分の目で確かめて回線契約したキャリア、スマホ端末にはきっと愛着が湧いてくることでしょう。

それでは、みなさんもステキなスマホライフを!

 

※ 後日談~0570-666-910→楽天カードよりまったく身に覚えのないSMS認証コードが何度も届く ※

楽天モバイルおばさんとのトラブルからしばらく経ったある日、上記の電話番号よりSMS認証コードが一分おきに立て続けに6回も私のスマホに届きました。もちろん楽天モバイルにMNPしたばかりのスマホにです。

認証コード6桁
認証画面にご入力ください。有効期限は20分となります。発信元:楽天カード

怪しい? URLが貼ってあるわけでもないし、そもそもが身に覚えがまったくない・・・とすると第三者が楽天IDとパスワードを使ってログインし、2段階認証ではじかれている状態?~くらいしか思いつかなかったのでネットで検索してみました。

やはり、0570-666-910の番号は正真正銘の楽天カードコレクトセンターの電話番号であり、私と同じように身に覚えのないSMSで認証コード6桁が送られてきた人のケースがたくさん出てきました。カード番号、名義、3桁のセキュリティ番号が漏れているということでした。

もちろんネットだけの情報では心もとないので、直接楽天カードに電話し待つこと10分、意外と早くオペレーターさんにつながり、事の顛末を簡潔に話し、詳しく調べてもらった結果、IDとPWが漏れていて第三者がログイン&ウェイティング状態であり、やはりそこから先に進めない状態にある~ということ。IDとPWをすぐにでも変更することを強く勧められました。(注:0570番号は有料ダイヤルであり、楽天LINK等、他社のカケホの対象外番号です)

親切にもそのオペレーターさんは、変更画面にすぐ飛べるようURLを貼って送ってくれたのです。即変更したのは言うまでもありませんが、思い浮かぶのはやはり楽天ショップおばさんしかありません。MNPの時には、楽天IDとPWが必要ですし、支払い登録したのも当然楽天カードでした。御存知のように店頭では、これらの情報をショップのタブレットを使って打ち込みますが、私は自分で入力し、家族は私が打ち込んでいるときに楽天モバイルおばさんになんと入力してもらっていたのです。

それから時をおかずして家族のスマホにも同じようなSMSが幾度となく送られてきたのですから疑いがますます強くなっていったのでした。ネット申し込み完全完結ならまだしも、みなさんもショップ店頭で手続きする時分には細心の注意を払うことを強くおすすめします。

本当のところ「どこの誰なのか」は知る由もありませんが、怖いですね。

※ 緊急重要追加情報 ※

この記事を書いていくらも時間が経たない2022年5月13日に楽天モバイルより新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」の発表がありました。ラクモバの大きな目玉であった「0円回線維持(1GBまで0円)」は廃止され、7月1日から既存ユーザーにまでも自動的に適用されることになってしまいました。このプランはこれから長期維持していくということです。

いちばんの変更点はこれまで、1GBまでであれば「0円」であった使用料が、3GBまで「980円(税別)」となったことです。既存ユーザーには7~8月の間の使用料無料、9~10月分は使用料に関して楽天ポイントで全額バック~とそれなりの考える猶予はもらえるようですが、これまで待ち受け専用、子どもに持たせるためなどに「0円維持」のために楽天と回線契約していたユーザーは選択を迫られることでしょう。

一方で今回の新料金プランでは、もう1つの特徴である「どれだけ使っても税別2,980円」という上限はそのままです。楽天モバイルと楽天市場のヘビーユーザーにとっては、料金は月額2,980円のまま、ポイント倍率アップ~と状況は変わらないどころかますますお得度アップの変更となっています。

話は遡っていままでの「0円維持IGBプラン」が発表されたとき、「ゼロ円では赤字ではないか?」との指摘もありました。これに対して楽天は、楽天経済圏におけるさまざまサービス利用が増えるなど、グループ全体としてみればプラスになることを強調してきたのです。

それがわずか一年余りで「ゼロ円維持」廃止する理由について、「当時からサービスレベルはかなり上がっている。楽天グループとのシナジーを追求し、トータルでおトクになる設計ができた。税別980円は高いといえば高いかもしれないが、常識的にはそれほどの負担にはならないと考えた」(三木谷浩史会長)とのこと。その後続けて「ぶっちゃけ、0円でずっと使われても困る」と本音を漏らす始末。

こうなってくると、3大キャリアのサブブランド、格安SIM会社との競合がますます激しさを増していきます。たとえば「HISモバイル」なんかこの5~6月に100Mb「290円プラン」を打ち出してきたりしています。

これまで番号維持、予備回線などの目的で「ゼロ円維持」をやってきたユーザーからは、KDDIの「povo2.0」が注目を浴びているようです。しかし、そもそもpovo2.0は「ゼロ円プラン」ではなく、「0円で」使い続けることを前提としていないのです。約半年ごとの有料トッピングの購入などが利用の条件になっており、「ゼロ円維持」を歓迎しているわけではないことに注意が必要です。

私的にはサービスの提供を受けるからには、その対価、代償は当然支払うべきであると考えます。これだけのサービスを維持していくのにどれだけのお金がかかっているかなんて想像すれば普通はわかることです。実質楽天モバイルは創業から大きな赤字続きでグループ経済を圧迫し続けています。無料でこれまで各種サービスを維持してきて、4ヶ月間の猶予があるとは言え、ゼロ円じゃなくなったからと言って楽天をつるし上げるのはどこか違うなと私は思うのです。

ただ、楽天会長のホンネのあの発言はやはり腹のうちにしまっておくべきだったと思います。「ゼロ円で維持してもらっても困る」・・・それでは最初の大々的発表のあれは何だったのですか?~とも言いたくなります。三木谷さんの腹のウチは、これまでなりふり構わずに契約者拡大に猪突猛進してきたが、当初の当てが外れてきたために今度は収益改善に舵を切った・・・とみるべきで、「0円だから使ってあげていたのに」「最改悪だ」なんて声が上がるのは先刻承知なははずであり、結局は「ゼロ円維持」のお金にならないユーザーは離れていってもらってぜんぜんOK!ということなのでしょうね。常識的に考えてスマホを1円も払わずに使おうとするような人達が「解約してやったからな!!」とわめいても、三木谷さんからしたら「それはそれはどうもありがとうございます」って感じでしょう。



しかしですね、「ゼロ円維持回線」を継続的に提供できるかどうか少しでも不安があったのであれば、そもそもそういった料金プランにすべきではなかったのではないでしょうか。料金プランとは、ユーザーとの契約、言い換えるなら約束にほかならないはずです。約款上、金額を改定する自由が電気通信事業者には残されているものの、ひんぱんな改定はユーザーの信頼を失ってしまうでしょう。しかも、強制的に既存ユーザーを新プランに移行させる変更なのですからこのような反発が起きてても当たり前です。

そうは言っても、決まってしまったことは致し方ありません。既存ユーザーはこのまま残るか、去るかの2択しかありません。今回の6から7の変更は、1GBまで「ゼロ円」から、3GBまで「980円税別」になったのですから、2GB使える容量が増えてポイントバック率もアップ、三木谷さんじゃないですが、それでも十分に安いと思える内容ではないのでしょうか?楽天リンク使えば通話料無制限ついてですよ。(三木谷さん自身が自社の楽天モバイルだけを使っているとは私には到底思えませんが・・・)

ちなみに、OCNモバイルONEの場合、3GBまでのプランですと「税込み990円」で、通話料無制限のオプションをつけると「税込み1,430円」がプラスされてトータルで「2,420円」となってしまいます。土台ドコモと楽天との通話品質は比べるまでもないですが、とにかく安く済ませたい人にとっては、なお楽天モバイルは魅力的な選択肢のひとつであることになんらかわりはありません。

この機会に、これまで楽天モバイルをサブ回線としてきた人は、思い切って楽天モバイルをメインの回線として無制限で使い倒し、サブの回線を限りなく抑える~といった方向に舵を切るのもありなのかもしれません。

ただ、楽天モバイルの代表取締役社長、矢澤俊介氏が「離脱(解約)に関してはもちろんゼロではないが、ほとんどが残っていただけるのではないか。データ利用料が少ない方でも、楽天市場でのお買い物がものすごくあれば、ポイントを6倍(楽天カード契約などを含む)にしたのでトータルでのメリットがある」と話していましたが、ポイント還元を理由に超低容量のユーザーがほんとうにとどまるのかはどうかは未知数でしょう。実際のところ、3GB以下の使用量ユーザー場合、他社の方が金額的には安くなるため、これらのユーザーは自分にラクモバが本当にあっているのかどうか見極める必要に迫られるでしょう。

この変更をどのようにとらえるか、百人百様でしょうが、それでも一定数のユーザーは間違いなく残るでしょうし、新たな新規ユーザーも増えていくことでしょう。楽天エリアドンピシャヘビーユーザがいて、そして楽天リンクがある限り・・・もちろん、私は残ります。私的には「980円」上がったら、それだけ働けばいいだけの話なのですから。どう考えても非情&無理なプラン押しつけとは思えないのです。(やり方がスムーズ&スマートではなかったとは思いますが・・・)いずれにしても、各社これまでと違って、さまざまなサービスを提供し合い、しのぎを削るようになってきた環境は我々消費者、ユーザー視点から見たら歓迎すべきことなのではないでしょうか。

(楽天モバイルで)「ゆれてる私」桜田淳子







-コラム
-

© 2022 ユメザス〜人生すべてネタ!ユメをメザスあなたのためのユメザスネット!〜 Powered by AFFINGER5