教育・教師 生徒指導/教育技術 相談ケース

教師の授業中の生徒指導~授業中私語、携帯指導はどうあるべきか?~

いつの時代も、授業中の私語で悩まれている先生が多いですね。

いまだからこそ、言えることなのですが、問題は非常にシンプルなことなのです。今回の相談内容は、私も通ってきた道ですのでちょっとチカラが入ってしまいますが、いただいた質問内容にそのまま私が答える形で話していきます。

私立高校、非常勤講師五年目のAと申します。見た目若く大人しく見えるようで、生徒からなめられて授業を成り立たせるのにとても苦労しています。

40人クラスで男子たちが好きな話題で私語しています。その声でわたしの声がかき消されてしまいます。携帯を触っている生徒もいます。携帯を触っているを見つけると取り上げて担任に渡すのですが昼休みには担任が返してしまうので結局携帯を触っている生徒が後を立ちません。

このような状況で、まず何から取り組めばいいでしょうか?ご教示願いたいです。




まずは、授業中私語には理由がある~やめさせるには、まず(い)授業の改善を+ルールを分からせる指導~を読んでみる!

先生、毎日お疲れ様です。今回、たいへん私の回答が遅れてしまいましてごめんなさい。

私の講師時代、初任時代が思い出されます。いただいた文面だけでは詳しいことはあまり分かりませんが、非常勤で5年も同じ学校に奉職されているのでしょうか?すごいですね。

第一印象ですが~携帯を取り上げる~、~わたしの声がかき消される~といった文面からは指導が中途半端な感じで入っているように私には感じられます。

突然ではありますがいちばんはじめに、以前こちらでかなりリキを入れて話しました、「授業中私語には理由がある~」をまずは読んでみてください。

こちらでは、私が授業中の私語で悩んでいた頃、どのように自己分析をし、改善を試み、トライアンドエラーを繰り返して自分なりのスタイルを身につけていったかを詳しく話しています。

カンタンに言ってしまいますと、

① 自分の授業を省みる

② 授業ルールをつくり、それを守らせていくこと

この2つだけです。

ご自分の授業をご自身で見られたことはありますか?

「何を言っているの?この人?」なんて思わないでくださいね。まじめに話しているのですから。私はあります。何度も何度も。最初のころは赤面ものでしたが、すごく勉強になりましたし、自分をあらためて客観視することができて本当によかったです。いま思うとですが。

そうなのです。自分の授業をビデオカメラで撮影し研究していったのです。ビデオカメラに関しては「初任者教師のいまスグやるべきこと「決意と覚悟」~初任者研修も考え方次第で楽しいものなり~」で話しておりますのでこちらでの深入りは避けますが。確実に「授業力」は上がることを約束します。

当然、そこからの自己分析、反省、改善といったプロセスと努力は必要ですが。

私もこの方法を試してみるまではさんざん悩みました。

「なぜ、私語が無くならないのか?」

「何で自分の言うことを生徒は聞かないのか?」

「なぜ、何度も何度も同じことを言わせるのか?」

このように、「なぜ、なぜ・・・」ばかりで、子どもたちばかりに事の責任を押し付けていたのですから本当に恥ずかしい限りです。

いちばんの原因は、私の授業そのものに原因があった事がわかったのです。

初任者研修で指導教諭も付いてくれはしましたが、当然手取り足取りなんて余裕、指導教諭にはありませんよね。この教師からは、教科に関してはさほど教えは受けず、生徒指導に関して大いに学んだのでした。彼の授業も当然何度も何度も参観させてもらったのですが、教科書に忠実に板書して、それを書きとらせ解説していくというオーソドックスというか前時代的というか、傍目から見ても魅力的な授業ではありませんでした。(失礼な話ではありますが・・・)




教師を紋切り型に型、タイプなどに分類することなど決してできやしませんが、彼は授業で勝負するタイプでは決してなかったのでした。

野球部の監督と生徒指導部長を兼ねていて、チカラでグイグイ押していくタイプの教師であったのです。そのためか、そのようなあまり面白みのない授業であっても生徒は表面上はおとなしくしていたのです。(表面上とは、つまり全員が参加しているのではなく、内職も相当あったという事実を私はこの目で見てきました)

貴方はいったい全体、どのような状態の授業を望まれているのでしょうか?

このように子どもたちが、表面上はおとなしくしているような授業であればそれでよいのでしょうか?

それとも、全員が授業に参加している意識であふれている活気、ライヴ感ありありの授業でしょうか?

先生が目指しているものによって、その取るべき方策というものもまるっきり違ってきてしまうのですから、ここではっきりと決めなくてはなりません。

いずれにせよ、ご自分の授業の振り返りは間違いなくプラスに作動します。そこからどう動くかももちろん大切ですが。

そして、これも既に実践されてるかとは思いますが、さまざまな教師の授業を参観させてもらうことです。先生の非常勤というポジションからしたら頼みにくいことかもしれませんが、心が通じる教師はきっといるはずです。

教科、学年の枠を越えてできるだけ実際に見て体感することです。特に注目していただきたいのは、授業の内容で生徒を惹きつけてやまない教師の授業と「チカラ」で授業を成立させているかのように見せる教師の授業の違いです。

もちろん目指さなければいけないのは、授業も魅力的であり、授業中の生徒指導、目配り心配りもバッチリも授業ですよね。

どのような子どもたちであれ、授業を理解したい!分かりたい!参加したい!という気持ちはあると私は信じます。教師が子どもたちの知的欲求、好奇心を満足させることができればおのずから授業は授業として成立し、子どもたちは授業者、教師を信頼するようになるのではないでしょうか?



授業=生徒指導~という等式は本当に成り立つのか?

よく、授業を授業として成立させることができれば、生徒指導も半ばうまくいったものと同然~と言われますよね。

これは半分半分であると私は思います。一例を挙げてみます。

かつての勤務校に、授業の神様とまで言われた授業の達人がおりました。私も参観させてもらったことが何度かあるのですが、さすがに県の教科研究会の重鎮だけあって練りに練られた授業案であり「いったいこの授業のためにどれだけの準備を重ねられたのだろう?」と感じ入ってしまうような授業者の熱量を感じられるアグレッシブな授業でした。

生徒の知的欲求を刺激する「仕掛け」が随所に散りばめられ、時間の経つのも忘れて~とはこのことか!!と思わずうなってしまったほどです。もっともっと聞いていたい感覚にとらわれてしまいました。

「東京裁判」がいかに不当なものであり、裁判と呼べるものでなかったことに始まり、横浜裁判ではかの有名な稀覯本「世紀の遺書」の実物まで持ってきて生徒に読み聞かせ、死んでいかなくてならなかった彼らの無念さを涙交じりに語るそのさまは鬼気迫るものがありました。

彼の熱弁はここまでで、ここからは生徒たちに事前に調べさせてきた資料をもとに、一切他に責任を押し付けることなくB級戦争犯罪人として処刑された岡田資の軍事裁判での裁きが妥当、正当なものであったかどうかの検証を生徒のグループが意見を戦わせることによりやってみせたのでした。

実にリアル、生々しいものでした。彼が命じたB-29爆撃機搭乗員の処刑方法が「斬首」、岡田自身の処刑された方法が「絞首」、そして実は温情として岡田を「銃殺」に処する案もアメリカ側から出されたことを述べたグループは、裁判で争点となったこの「斬首」という処刑方法をなぜ岡田は選択したかを調べてきて、時、国により処刑方法もまた異なるものであり、そういった考え方の違いからも裁判は岡田に不利になっていったと論じたのでした。

このグループが論じ終えた後、授業者は「ハラキリ(切腹)」と「斬首」の違いとその成り立ちでコメントしはじめ、8月15日を境に自死を選んで行った軍人、為政者のその死に方を延々と述べ始めたのです。近衛元首相の服毒自殺から、東条英機のピストル自殺、本庄繁、阿南惟幾らの切腹、果ては自身が「終身刑」の判決を受けながらも部下全員が釈放されたのを見届け、終戦より二年経てから割腹自殺した安達二十三中将まで述べる始末です。そうでした、なんと広田弘毅夫人の服毒自殺についてまで触れていました。

さらにさらに、これが高校の授業か?と思うほど日本史の教科書ではなかなかお目にかかれない人物が続出します。しまいには乃木希典大将や三島由紀夫の割腹まで出てきたところでなんと!生徒からストップがかかり軌道修正です。

これもすべてシナリオに織り込み済み?~と思わせるアクシデントで、ピッタリと授業時間内に激論は終わったのでした。3回連続の授業の最終時を参観させてもらったのですが、これが初めてでなく何度も生徒たちと一緒に練習に練習を重ねたのでは?と思わせる内容でした。

決して子どもたちを紋切り型にレベル分けなどできるものではありませんが、この高校は決して進学校などではなく、生徒のほとんどが卒業後は就職していくごく普通の、生徒指導に教師の仕事のほとんどが持って行かれてしまうような学校です。

あれから長い時間が過ぎ去ったというのに、いまでもこのようにリアルに当時の内容をありありと再現できるのです。授業のデキ、フデキは別にしてこれは恐るべきことではないでしょうか?

私自身の校種は高校商業ではありますが、私自身が歴史が好きであったことを差し引いてもすごすぎます。記憶にこびりつき過ぎていて忘れようにも忘れることができないでいるのです。私自身のこれまで行ってきた授業で、このように生徒の心に刺さるようなものがあったかどうか問われたら「?」が付くでしょう。

もちろん、専門、教科の性格にもよるでしょうが、簿記、PCでロマンを語るにはなかなか難しいものがありました。私なりにチカラは尽くしてきましたが、実学には実学なりにあるべき姿というものがあります。学問であると同時に技術、スキルの側面がとても強いのです。




「後悔しないための教員採用試験・教科(校種)選択~簿記でロマンは語れるのか~」

彼のようなロマンを語ることのできる教科、専門に強いあこがれを抱いたのと同時に嫉妬も覚えた記憶があります。前置きが長くなりましたが、彼の授業はこの切り取られた一時間だけが突出しているわけではなく、毎時毎時が生徒を惹きつけるのだそうです。

これはとてつもなくすごいことであり、またすばらしいことなのではないでしょうか?彼は授業のみを任せられている非常勤ではなく教諭でした。その職階にありながら毎時毎時、深みのある授業を展開していたのです。

何でもはなしには「しかし」が付き物ですが、やはりこのストーリーもご多分には漏れないようです。

授業での生徒指導は不可欠!

これはあくまでも私が彼と同じハコで仕事をするものとして付き合ってきた所感になりますが、彼は授業者としては常に生徒の心を掴んで離さないトップランナーではありましたが、すべてのシーンにおいて他を先導していった教師では決してなかったのでした。

非常勤ではなく、常勤以上の職階であれば当然任される校務分掌も多岐にわたります。そのうえ、時として予想だにしないアクシデントに見舞われ、みなで協力して事に当たらなければならないシーンだってたくさんあるでしょう。そういったことに彼は極力かかわらなかったタイプの人間であったのです。

御自ら、「学究肌」と称していたのですから、当時の私は「?」「?」~とはてなだらけでした。

授業以外での生徒指導を彼は放棄していたように思うのです。私は生徒指導畑が長いこともあり、クラス、授業、部活などでは、ほとんどというかまったく接触のない生徒の指導も積極的にかかわってきました。だって同じ学校の子どもたちじゃないですか?

そのためにえらく時間を取られたり、さらにさらに難しく面倒なことになったこと数え切れず・・・これは学校教師であり続ける限り当たり前のことだと私は思うのです。しかし、彼からするとこういった「些事(彼はかつてこう表現しました)」にはできるだけかかわらないようにしている~ということでした。授業の準備の時間が惜しいのだそうです。それに自分自身の「研究」の時間もなくて困っているとのことでした。



「そんなの知ったことか?」「この人何なんだろう?」「何で学校教員になったんだろう?」そう思いましたよ。

「この人とはいっしょに仕事はしたくないな」そう素直に思いました。

「そんなに授業以外の子どもたちと関わりたくないのなら、研究者、学者になるか、非常勤になればいいのに(非常勤の先生であっても、かかわりのない生徒に指導が通る先生もいますよね)、職階と給与待遇の面からだけでこの人はこの学校にいるんだな」そう勘繰りたくもなりますよ。言葉は悪いですが、狡猾ですよ。学校を子どもたちを利用しているんですから。

当然、子供らが悪さをしてもすべて見ぬふり。授業に入っていない子どもたちの集団と廊下でスレ違って、自分が端に避けて子どもたちを通すのですから、子どもたちも舐めています。当然、見かねた私がその場で彼らの行いを正しましたが、彼は後から私にこう言いました。「余計なことはしないでくれませんか?」

彼の授業での神通力も教室から一歩出て、彼を知らない生徒にとっては全く通用しないのでした。悲しいですね。

前置きがまたまた長くなりましたが、必要なことなのでごめんなさいね。結局、実際のところ、学校教師のみながみな、必ずしも彼のように十分な準備をして授業に臨めることなどできやしないのです。いいワケになるうかもしれませんが、これが現実でしょう。

彼のような「すばらしい授業」を展開できなくとも、教師であれば教壇に立たなければなりません。時に授業に集中できない、興味を失くした子どもたちも出てくるでしょう。当然、教師であれば指導しなくてはいけません。

さて、ここからが本題です。

授業ルールの徹底と定着!いたってシンプル!

先生はご自分の授業開きの時に、授業のルールと評価について子どもたちと話し合われたでしょうか?

実はこれが、授業内容と同じくらい非常に重要なものになってきます。本当です。

「言うは易し行うは難し」ではありませんが、マイ授業ルールを子どもたちと決めるのはカンタンです。しかし、これを確実に実行し、ブレずに貫徹し尽くし、当たり前のこととしてクラス内に定着させていくことは決して簡単ではないです。

教師の不断の努力、そして何より忍耐力が問われるのです。

最初の授業開きの段階で徹底してこれを行えばあとは本当にラクです。

「みんなで、クラスで決めたルール。こうしたらこうなる。やらなかったからこうなっちゃった。」

生徒も納得済みなのです。その都度その都度、煩わしく指導していってストレス溜まりまくり~なんてこととはもうおさらばです。

こちらについても、「初任者教師のいまスグやるべきこと「決意と覚悟」~初任者研修も考え方次第で楽しいものなり~」で話しておりますのでこちらでの深入りは避けますが、繰り返します。

授業中私語は「ルール違反」であるとういう認識を生徒に持たせ、皆で決めたことはみんなで守っていこう!という姿勢を教師は取り続けるだけでよく、自然とそのようなムードになっていくので、叱ったり怒ったりイライラすることもなくなるわけなのです。

具体的な方法などは、上の記事で詳しく話していますので、参考にされて先生なりのスタイルを確立していってください。

授業中の生徒指導はどうあるべきか?

以上の2つのテーマを行っていくうえで、どうしても先生が子どもたちを指導していかなくてはならないシーンに遭遇することでしょう。

そんな時、指導者として絶対に忘れてはならない視点「5つ」を挙げてみます。

① 見逃し✖

これは言わずもがなですが、教壇に立つものとして、見て見ぬふりはまかり通りませぬ。

教師であれば、その場その場に応じたフレキシブルな指導が要求されます。時として、授業一時限つぶしても激論戦わす時もあってもいいでしょう。その場で指導するか、後々じっくりとにするにせよ、正すべき行いはキッチリカッチリ正します。

② 指導のブレ、一貫性を欠く指導いずれも✖

昨日と今日で教師の言っていることが違ってたり、授業のルールがコロコロと変わってしまうようであれば、生徒は思うでしょうか?

そうなのです。ここでも授業のルールを徹底させ、定着させていくことが求められるのです。

③ あきらめる✖

これまで私が相談に乗ってきた方たちの中で一番多いのがことパターンです。

指導を継続させないで、途中で止めてしまったり、中途半端な形にしてしまったらこれまでの努力はすべてパーです。それどころかかえって事態を悪化さること必至です。

一度決めたクラス、授業のルール、自分の方針、信念を最後まで変えないことです。何があっても死守しなければならないのです、この砦だけは・・・

自分のポリシーを途中で投げ出してしまった教員と、最後までカタチにはならなかったけど、自らが言い出したことを守り続けた教師とではどちらが生徒の眼には教師らしく映るでしょうか?

④ 不公平性を欠く指導✖

こちらも言わずもがなですが、①の「見逃し」とも相通じるものがあります。誰であろうといつであろうと、どこであってもダメなものはダメなのです。ならぬものはならぬのです。

⑤ その場しのぎ、取り繕った感のある指導✖

これは分かっていただけると思います。要は指導者がどこまで本気なのか、ハラが括れているかどうか?の問題なのです。中途半端で気持ちのこれっぽっちも入っていない、その場しのぎの指導モドキなどキョウビの子どもたちにスグ見透かされてしまうことでしょう。

今こそ、大人の本気を見せるべきです。

以上、絶対に忘れてはならない指導の視点ですが、最後に大切になってくるのは「何のための指導であるかを生徒に分からせる指導が大切」ということなのです。

特に多感である中高生相手では、頭ごなし、チカラで押さえつける指導などは、本当にその場しのぎのいい見本になってしまうこと必定です。教師の指導が通るのは、やはり生徒の気持ちにきょすひの指導が入り込んだ時なのではないでしょうか?



相談のパターンについて、はじめに

先生からいただいた相談の内容では、かなり情報が少なくて、こちらとしても最大公約数的な回答しかできないのです。

たとえば、私語、携帯などのような切り取った一つの場面は理解できても、これまで貴方がどのような指導を続けてきて、それがどのような効果を生徒にもたらしてきたこと、担任、その他の教師との連携、そして先生の授業ルールがどのようなものであるか、どう守らせてきたかなどが知りたいですね。

それ以外でしたら、中学校であるのか、高校であるのか、男子女子の比率、果ては先生が男性であるのか女性であるのかもまったく私にはわかりません。

これらの情報があればもうちょっと突っ込んだ回答になったかもしれませんが、最大公約数の回答ということでご承知おきください。

先生の学校の生徒指導内規がどのようなものであるか私には分かりませんが、取り上げた携帯は担任に戻すことになっているのでしょうか?

私のこれまでの経験校でも、この携帯の扱いはさまざまでした。先生と同じように担任預かりのところもあれば、あくまでも授業者一任の学校もありました。一方、授業中は言うに及ばず学校内では一切合切使用禁止で、これに反した場合は指導部預かりで担任、指導教師、授業者、生徒父兄同伴の元、説諭した後、返却。そして2回目は一切合切、学校持ち込みを禁止した挙句、指導の対象とする~といった厳格な学校もありました。

先生の学校が、授業者取り上げ→担任預かり→生徒返却~となっているという前提で話を進めます。

取り上げ携帯を返すということ

もう一度、先生の話をプレイバックしてみます。

私立高校、非常勤講師五年目のAと申します。見た目若く大人しく見えるようで、生徒からなめられて授業を成り立たせるのにとても苦労しています。

40人クラスで男子たちが好きな話題で私語しています。その声でわたしの声がかき消されてしまいます。携帯を触っている生徒もいます。携帯を触っているを見つけると取り上げて担任に渡すのですが昼休みには担任が返してしまうので結局携帯を触っている生徒が後を立ちません。

「後をたない」という箇所がかなり気になります。

担任は流れ作業的に、指導なしに生徒に携帯を返してしまっているのでしょうか?これでは先生の努力、忍耐がまったく報われていません。先生の指導は授業中のみなのでしょうか?それともその後、そのほか継続的に行われているのでしょうか?

担任預かりになっているのであれば、昼休みなどの短時間のうちにササッと事務的に指導?を済ませるのではなく、放課後等に生徒を残して担任、授業者、場合によっては学年主任、生徒指導部付教師を交えて指導すべきではないでしょうか?

場合によっては、先生おひとりでじっくりと話し合われたほうがいいでしょう。

先生の非常勤というポジションからすると放課後まで学校にいるのは困難な場合もあるかもしれませんが、このような携帯の返却形態はあり得ないことです。まさにカタチだけのものであり、指導の体を成していません。

難しいことかもしれませんが、生徒に返す段階で、授業者の先生がかかわれるカタチでないといけません。「後を絶たない」のも指導が入っていない証拠です。授業者立会いの下、「次、同じことやったら、こうなる」と生徒に示し、同時に保護者連絡も必要になります。あとで父兄が「聞いてない」といってもめるのはコトを難しくするだけです。

私が先生のポジションであったなら、たとえ担任預かりがルールだったとしても、どのように返却しているのか聞き出し、場合によっては「何の指導もしないで返却するのは止めてほしい」とまで言うでしょうね。そして、「自分も返却時に立ち会わせてほしい」と懇願し、果ては、「授業者預かりにさせてもらえないか?」を言い出すのが理想ですが、これが学校のおきて破りになるのならアウトですね。

授業者と担任、学校の共通理解のもと事に当たっておらず、指導の一貫性が保たれていないことが一向に同じことが繰り返される原因のような気がします。

授業中に携帯を出させない!指導!

携帯を授業中にキチンと取り上げ、その指導を継続している先生の姿勢は教師として当たり前のことではありますが立派だと思います。当たり前のことがなかなかできない人もいるのですから。

でも、そんな先生の努力も虚しいものになっているようです。だったら、先ほど申したように、やってしまった後の事後指導を徹底的にやって、たとえ生徒の心に指導が入らなくとも、生徒に「面倒なことはもうコリゴリ」「我慢してた方が絶対イイ」と思わせたほうがいいでしょう。

コトを起こすまで、そして起こしてからの最初はリキも要りますし、神経もすり減らすことになりますが、この地道なことを複数教師連携のもと繰り返していくだけで間違いなく、授業中に携帯をいじくるものなどいなくなるでしょう。彼らがイヤがることは、面倒な事、放課後等自分の時間を持って行かれたり拘束されたりすること、そしていちばんイヤなのが家庭連絡や父兄召喚です。

これらの指導を徹底してやり続ければ、彼らも先生の本気度を知ることになるでしょう。

「最後までやるつもりだ!」

「本気だ!」

「逆らわないほうがいい!」

こう思わせるまで徹底してやるのです。

しつこいと言われても大事なことですから繰り返します。

このように「ルールというものは、徹底し続け定着させていくもの」なのです。



授業中私語についての私のスタイル

授業中私語には理由がある」の中で、試行錯誤のうえ授業改善を試みた私の経験を話しました。

しかし、これは悩んでいたころの話であり、いまであればこのようなトライアンドエラーから出発することはあり得ません。経験上、こうやればなくなる~ということが分かっているからです。

もちろん、前述のように授業準備を怠るということを前提にしているものではありませんが、大事なことは、マイ授業ルールを生徒とともにつくり、それを徹底していき生徒に定着させるだけなのです。

① 授業スタイル

教科、科目の性格、内容にもよりますが、極力否が応でも参加しなくてはいけないようなスタイルに変えていきました。もちろん、一方的な板書解説型が必要になるときもありますが、頬杖ついて眠っている暇などないような作業を取り入れたり、質問、発問を多くしていき、生徒の発表、発言をこれまで以上に大事に扱うようにしていったのです。

また、高校ともなるとあまり宿題など出す授業者はいないかもしれませんが、自分のスタイル一新のため、宿題を毎回出した他、授業の初めに前回の授業内容のマメテストも毎回実施しました。

教科員にたまに採点させるとかもしましたが、もちろんこちらの負担は激増です。しかし、続けていくうち、こちらの授業にかける本気度、熱量が彼らにも伝わってきたのか「授業中居眠り(熟睡ではないです)」もまったくといっていいほどなくなり、授業参加意欲も傍目から見ても増してきたように思えたのでした。不思議な風景でした。

※「授業中寝ている生徒の指導はどうあるべきか?教師であるならば!

これまでも、評価は減点方式などではなく加点方式を取っていたのですが、授業中参加意欲、態度、宿題提出状況などすべてが自分の評価にかかわってくるとなると生徒も現金なものです。授業開きの時に、生徒と確認し合ったことがら、決定事項は紙ベースで生徒父兄に周知徹底させます。

こうなってくると参加しようという生徒が多数を占め、授業を怠けたい、遊びたい、騒ぎたいといった生徒は少数派になっていきます。クラスの雰囲気とは本当に不思議なもので、多数に無勢ではありませんが、勝ち目がないと気持ちがしぼんでいったのか、騒がしい子どもたちもしぶしぶ参加するようになっていたのですから本当にミラクルです。

② 授業中私語についての対処方法

これも、前の「授業中私語には理由がある~」で話したことになりますが、一部を抜き出してみます。

授業中私語一つとってみても、クラス全体で話し合って決めたものとなると全体で守らないと具合が悪くなっていく雰囲気になっていくものです。

この決まりを決める際には、「こうしたらこうなる」というルールを明確にクラス全体に提示しなければなりません。

「私語はなぜだめなの?」

「授業はクラス全体のもの。授業に集中したい生徒の妨げになるし、雰囲気にも影響するだろう。」

「度を越した私語は授業妨害。」

「授業妨害は絶対許さない!」

「度を越した~の「度」ってどんな基準?」「ささやき声でもだめなの?」

「ここまでやったらダメだろう~ぐらいは高校生なったら自分でわかるだろう」

・・・などのように自由に意見を出させて授業開き、クラス開きの時にクラス・授業のルールを敷くだけでよいのです。私は司会を生徒の中から選ばせて、その司会進行の元、ルールが決まっていくのを見届け、たまに助言する程度でした。

ルールを子どもたちに決めさせ守らせていく~という手法は小学校低学年の児童には厳しいでしょうが、中高学年ともなれば十分でしょう。

授業中私語は「ルール違反」であるとういう認識を生徒に持たせ、皆で決めたことはみんなで守っていこう!という姿勢を教師は取り続けるだけでよく、自然とそのようなムードになっていくので、叱ったり怒ったりイライラすることもなくなるわけなのです。




このようにルールをきちんとみなで決め、それに自分なりの授業スタイルが出来上がれば、もう怖いものはなにもありません。あとは授業にますます磨きをかけ、このルールを見守り続けるだけでいいのですから。

それでも、授業中私語が出てしまう時があるでしょう。授業中私語と一口に言っても、授業を盛り上げるようなちょっとしたものから度を越したみなに迷惑が及ぶものまでいろいろあります。ここで言っているのは、授業の妨げになるいわゆる授業妨害に当たる行為についてです。

ルールをきちっと徹底し続け、授業に準備をかけていけば私語などとは無縁なのですが、どうしても最初のうちは指導しなくてはいくない場面に出くわすことでしょう。このような時にこそ、先に述べた「授業中指導5つの視点」を忘れてはなりません。

いまやるにせよ、後からにせよキッチリ指導します。この最初のアクションを忘れたり、指導の継続性の重要性を甘く見るとあとあと痛い目を見ます。

因みに私は授業中、指導上必要に迫られて生徒を教室外に出したことはありません。教室内に立たせたことや、授業のアシスタント役をやらせたことはありますが。

このようなスタイルを採り続けていると、まず度を越した授業中私語など起こりません。どうしても話したいことがあったときなどヒソヒソと聞こえるか聞こえないかぐらいのささやき声で話すのですからかわいいものです。

先生の場合、これから授業ルールを振り返り、場合によっては年度の途中からご自分のルールを徹底させていくことになります。正直な話、中途から指導を守らせていくにはかなりの力量が要求されます。本気で取り組むのであれば、それでもやらなければなりません。

授業中、先生の指導に従わないのであれば、後々呼び出してでも、指導部の指導に入れてでも徹底してやらなければなりません。学校の指導体制、雰囲気などもあり一概に言えるものでは決してありませんが、本気であればやるしかないのです。

私自身、常勤講師→教諭→常勤講師、非常勤講師とこれまで経験してきましたので、非常勤の先生の微妙なポジション、そして公立、私立によっても異なる学校の雰囲気なども少しは理解しているつもりです。おそらくなかなか本気を入れて指導していけばかなり骨の折れることになることでしょう。

すべては先生の気持ち次第であると私は思います。

生徒に取って、教師が「若い」「おとなしく見える」なんてことは、教師をとらえる部分、視点の一部でしかありません。これまでの多くの経験校でさまざまな先生と仕事をしていくうち、知ったことです。新卒非常勤であってもバリバリ、授業中生徒とぶつかりあって一歩も譲らず、終いには自分なりの授業スタイルを確立していった先生(同じ教科であったので、何度も授業を参観しました。彼女から頼まれて)。定年間近というのに未だに授業が成立せず、となりにの教室の私が指導に行くこと数知れず。この先生は恰幅もよく、年中真っ黒に日焼けしていて、放課後になるとテニスコートまっしぐら~という部活に生きる人でありました。

年齢やナリなどだけで教師を推し量ってはいないはずです、生徒は。

まずは、何から取り組むか?

ここまで延々と述べてきましたが、もう先生の中では何をやっていくべきか?どうか?の組み立てが始まっているのではないでしょうか?

あれこれ考えるのももちろん大切なことではありますが、考えぬいて実際に準備を整え、行動に移さなければいつまで経っても何も変わらないのです。過去の私も、悩み抜き、自分なりに最善を尽くしトライアンドエラーを繰り返すなかから自分なりのスタイルを見つけていったのです。

そうなのです。授業スタイルなど百人百様であり、「これが正解!」「こうやったら絶対うまくいく!」なんて方法があったら眉唾ものでしょう。私がこれまで話してきた方法も、私の場合、そして私が相談に乗ったさまざまな人たちも授業改善を試みる中でそれなりの成果を出してきましたが、すべてのケースにおいてうまくいく!なんて断言はできやしないのです。

ただ一つだけ最後に私が強調したいのは、そうやって悩みぬき、授業をいいものにしていきたい、生徒とともに授業を作り上げていきたい~といった教師の姿勢、努力というものは生徒たちはつぶさに見ているものだということなのです。

彼らを侮ってはいけません。先生をキチンと見ている、評価しているものは必ずいるのです。こういった教師の在り方に励まされている子どもたちもいることを忘れてほしくはありません。

先生の今、立っておられるところはあくまでも通過点に過ぎません。通過点であると同時に「岐路」であるかもしれません。

この難所をどう切り抜けるか、どう向き合っていくか?にこれからの教師人生がかかっているように私には思えてなりません。

陰ながら先生のご活躍を応援しております。

※「教師の人としてのあり方・姿勢が生徒を救う!?~何かを教えたり、してあげることだけが教育ではない!~






-教育・教師, 生徒指導/教育技術, 相談ケース
-,

© 2020 ユメザス〜人生すべてネタ!ユメをメザスあなたのためのユメザスネット!〜 Powered by AFFINGER5