教師を志す人へ 教育・教師 相談ケース

教員になるならどっちだ?教育学部or文学部?~文学部で何を学ぶ?~

投稿日:2018年7月29日 更新日:

みなさんが高校生だとして、教育学部、文学部どちら出身の教師に国語を教えてもらいたいですか?どうでしょうか?出た学部、大学なんて生徒からしたらどっちだっていいことですよね。要はそういうことなのです。

大事なのは、教師その人の人間性、そして深みのあるおもしろくてためになる授業ができるかどうかなのではないでしょうか?このことを敷き詰めて考えていけば、答えは案外かんたんに見つかるかもしれません。

今回は、高校の国語教師を目指している高校生からの相談事例です。正直、正解などありません。そもそも、それぞれが異なる目的、カリキュラムであり学問体系なのですから。キュウリとナスの優劣で議論をしても意味がないのと同じことです。

ただ、入学を考えている人、その人にあった進学先~というのはあるでしょう。今日は文学部と教育学部、どちらかを選べと迫られた時、どのような視点からアプローチしていって答えを出したほうがよいかを一緒に考えていきましょう。

教育学部は実践の学問?

教育学部では当たり前かもしれませんが、教員を目指している人がほとんど(ゼロ免コースも大学によりありますが)で、卒業要件の単位の中に教職課程が含まれていますので、教員免許状を取得しないと卒業すらできないことになります。(文学部では取らなくとも、もちろん卒業はできますよね)

そして、取得できる免許状の種類、数も複数可能な大学が多いはずです。特に国公立大学、教員養成学部がこの傾向が顕著です。国文であれば中高国語、英文だったら中高英語などと文学部であれば取得できる免許の数は一つに限られるところがほとんどでしょうが、教育学部では副免許まで取れてしまうのですね。
つまり、教育学部では将来教員になることを前提とし、教育学という実践の側面が強い学問を体系的に学ぶのです。

一方、就職という視点から見てみると、ハッキリ言って潰しはまるでききません。教員になることをあきらめた学生が一般企業就職に方向転換すると、必ず「なぜ?」「どうして?」の質問攻めにあうこと必至です。方向転換には困難がつきまとうということです。

教員になる!というゆるぎない意志を持ち、専門教科国語の教授法など、実践の面からディープに学びたい!という人にはうってつけの学部です。

Sponsored Link

文学部ってよく分からないんだけど・・・

さて、文学部で教員免許状を取得・・・となるとちょっとたいへんかもしれません。文学部では、教職課程は卒業に必要な単位に組み込まれていない所が多いために、卒業に必要な単位とは別に教職課程の単位を取得することになるからです。

当然、履修する単位数も、コマ数も増えることになり、時間割もビッシリ感にあふれ学生生活がさらに充実すること必至です。

それでは、現職教師の実態はどうなっているのでしょうか?こればかりは地域、自治体によってさまざまで何とも言えませんが、私のかつての勤務校5校では、そのほとんどが私立大学の文学部出身でした。(もちろん、教採の段階で出身大学、学部が合否に影響するなんてことはありません。(あとあと話します一部私立高校を除いては))

もちろん、この傾向はたまたまだったこともあるのでしょうが、これらは何を意味するのでしょうか?

ご存知かとは思いますが、専門教科、特に高等学校では専門性がかなり深いところまで要求されます。特に進学校などではその傾向が顕著です。最近では公立であっても、専修免許状(大学院修了者)取得者が教員採用試験で優遇されたり、私立進学校などでは、専修免許状所持が受験資格になっているところもあるくらいなのです。

国語教師を目指すのであれば、中学であれ高校であれ、学部時代に自分の深み、強みを積み上げておいたほうがあとあと自分のためになることは間違いありません。

かと言って、教員養成系大学、教育学部を出た人が専門に弱い~ということには必ずしもなりません。大学で教科の専門を学べることが、文学部よりは少ない、浅い~ということだけなのです。ホリエンモンの「文学部不要論」を持ち出す訳ではありませんが、文学の道は自分自身で極めていくことも可能だとは思いませんか?

そもそも文学部のカバーする範囲はとてつもなく広く、人間に関すること(場合によっては、モノ、動物、事象までも)すべてと言えるでしょう。哲学、心理学、社会学、歴史学、宗教学、人間関係学・・・など挙げていったらそれこそキリなどありません。

Sponsored Link

文学部をひとことで言ってしまうなら、人間について書物を通してアプローチしていき、人間を深く知るための学問~と言えるのではないでしょうか?人間の生き方、在り方について深く考え、「人間とは何か?」この永遠のテーマを追い続ける学問なのです。

この相談者さんは、「国語教師!」と夢まっしぐらですからなんら問題はありませんが、学科、専門・専攻がとにかく細分化されているのも文学部の大きな特徴です。たとえば「明治大学文学部」を例にとってみますと、その専攻の多さにビックリです。同じ文学部内でこんなにも多くの専攻に分かれているのです。

①文学部文学科(日本文学専攻、英米文学専攻、ドイツ文学専攻、フランス文学専攻、演劇学専攻、文芸メディア専攻)

②文学部史学地理学科(日本史学専攻、アジア史学専攻、西洋史学専攻、考古学専攻、地理学専攻)

③文学部心理社会学科(臨床心理学専攻、現代社会学専攻、哲学専攻)

いかがでしょうか?これらの専攻、そのすべてが文学部に属しているのです。文学部の範囲って本当に広いのですね。私自身は明大ではありませんが、文学部英米文学科卒業です。専攻は「比較文化」でした。入学してから「文学」そのものよりも「日本文化」にその関心が移り、海外の文化を学んでいくことにより、日本を見直したくなってきたのです。

このように、人間に対するディープな部分を極めていくことができるのも文学部ならではの魅力ですね。たしかに独学、独力でこれらの学問を究めていくこともできるのかもれませんが、リードしていってくれるメンター、そして志を一にする学徒、仲間がいるのは学生時代ならではの特権です。教科の専門性を思いっきり深め、自由に学べるのはこの大学時代だけのような気がするのです。

Sponsored Link

文学部、教育学部どっちもどっち・・・

いかがだったでしょうか?教育学部と文学部・・・そもそも学部が求めているものが違うのですから、比べること自体ナンセンスなのかもしれません。どちらも大切な学問です。

自分はどんな教師になりたいのか?

何を子どもたちに伝えていきたいのか?

この大きな課題2つを敷き詰めていけば、おのずから答えは見えてくるのではないでしょうか?

以上、かんたんにまとめてしまうと(まとめられる性格のものでもないのですが、そこは強引に)

★教員、一般就職迷っているけれど日本文学に興味アリ→文学部

★教師まっしぐら、文学、教育学部どちらも学びたい→教育学部

・・・ということになるでしょう。

最後にちょっとだけ付け足しになりますが、大事なことですので話しておきます。私立高校では特に進学校、伝統校では学閥が幅を利かせていることは否めない事実です。公立高校ではプライバシー保護の観点から住所、出身大学などすべて教職録には載りませんが、いまだに私立高校ではそのすべてが丸裸にさらされます。

地方であれば、地元国大、超有名私大、首都圏、都市圏であれば有名私大、有名難関国大の学歴がモノを言うこともあるのです。(もちろん、本人のトータル人間力、教師力がいちばん大切なのは言うまでもありませんが)

このようなことを考えてしまうと、高い学力があるのであれば、あえて地元国大教員養成学部に入らず、首都圏有名私大文学部にチャレンジ!という選択肢も大いにアリだと思います。

いろいろな視点から、教育学部、文学部を見てきましたが、最後はやっぱりあなた次第です。

どちらへ進んだとしても、それぞれの学び、人との出会いが待っていることでしょう。ちょっとうらやましくなっていきました。みなさんの学生時代が実り多いものとなりますように。

 

 

 

 

-教師を志す人へ, 教育・教師, 相談ケース
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初担任!いまスグやるべきこと②「決意と覚悟」~初任で担任を降りようとした先生~

前回、初担任する先生へのメッセージとして「初担任&授業開き~いまスグやるべきこと!準備と心構え~」で具体的に何から始めたらよいのか、準備とこころがまえについて詳しく話しました。このこと以上にとても大切 …

職員室の人間関係ってどうなの?教師の同僚性②♪「空色の猫」岩田さゆり/GARNET CROW

今回、寄せられた相談は、今年教育実習を受ける予定の大学生から。これまでも人間関係に悩んできた彼女は、自分が教師になった時の「職員室」がどんな感じなのかとにかく気になって仕方ない様子!教師の同僚性を今回 …

いじめ解決、まず学校に!がなぜ重要なのか? ♪「ぼくのミシシッピー」日下まろん

家庭より依頼を受ける児童生徒はまず、いじめられている事実を認めません。どうせ解決はしないと思っていますし、何より加害者の報復が怖いのです 。そして彼らの自尊心からのことでしょう。こどもの気持ちを汲み、 …

清掃指導で生徒を伸ばす!やり方次第で楽しい時間に早変わり! 

本来、「清掃、掃除」はみんなで体を動かしながら、まわりもピカピカになる楽しい活動のはずです。それがいつからヤラサレ感が付きまとうようになったのでしょうか。ズバリ、「清掃指導」と「あいさつ指導」ができる …

教員はつらいよ、年賀状&卒業生結婚ラッシュ~卒業後の付き合いもまた教師の醍醐味~

毎年、卒業生から受け取る年賀状はいくつになってもうれしいですね。年に一度の消息確認のようなたった一枚のハガキ、この日本ならではのお年玉つき年賀はがきの風習はなんかなごめますね。毎年、ドカッと届く中から …

カテゴリー

Sponsored Link